気ままな思いを

何気ない日々のこと 感想 思いなどを
綴る雑日記です 

手紙のマナー

2017-04-19 | 雑感想


手紙を書くことも少なくなりました。
電話で済ませることが多く、友達でも兄妹でもすぐ、電話です。
改まって手紙となると、かしこまった文章になってしまうようです。
でも、古い友達の手紙、処分せずにとってあるのを読み返しますと、
こんなこともあった、私はどのような返事をかいたのかしらと、
懐かしく、いつまでも文章で残っているのは、いいものです。

色々の価格の古い切手も残っていて、使い道があるかしらと
どう処分しようかと、迷ってしまいます。
手紙のマナーについて、書かれていた記事がありました。

********************************************

手紙の基本マナーについて

●手紙は縦書きが基本です。(横書きはカジュアルな印象になるので、
あらたまった手紙では使用しません)

●白色の便箋に黒の万年筆かボールペンで書きます。(色や柄の入った
ものは友人など親しい間柄の人のみにします)

●封書も同じく白無地を選びます。

●誤字脱字はもちろんのことですが、それを修正液や二重線で訂正する
のは失礼です。間違った場合は書き直しましょう。

●便箋は一枚に納めず、2枚以上になるように書くのがマナーです。

*** 生活情報よりを参考に ***

友達に書く時にも、足りない文字を横につけ足したり、最後に「乱筆にて」
と書いて平気で出していましたが、手紙のマナーもいろいろあるのですね。
これから、気をつけます!!。



庭のチューリップも咲き始めました。
右奥に、スカシユリが芽を出しています。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これは「毒キノコ」? | トップ | 庭と鉢植えのチューリップ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
手紙と切手 (ギンちゃん)
2017-04-20 00:54:08
手紙のマナーね。
最近はmotokoさんの言われる様に
電話か、メール便での連絡で済ませますが、
冠婚葬祭の時お金だけじゃ失礼かな?と思い
一筆書くのが大変で・・・
読めるけど漢字忘れているので時間かかり
字が下手なので(文も)一苦労します。
時々は手紙も書かなくちゃと思うけど・・・
切手もどう処分しようかな?と局の方に相談(ついでに)?したら荷物送ったりする時とかに利用してくださいとか教えて頂き
先日も御祝い送るときと、お悔みの弔電送る時利用しましたよ。
マナー拝見しましたので参考にします
手紙 (グランマ)
2017-04-20 18:56:22
motokoさん

こんばんは
てっがみはもらうとうれしいものですね
ワードアートを始めてから
はがきはことあるごとにマメに書くようになりました
いつもPCばかりですが・・・
姉にはいつも誕生日のお祝いは電話で済ませておりましたが 
昨年ケーキの絵を添えてはがきを送りましたら
とても喜んでくれたものです
本当は手書きが良いんでしょうけどついついPCになってしまいます
それを気にしないと割と気軽に書けるものですね

正式なものはなかなか書けません
これからは気を付けたいと思います

今日も貴重な情報ありがとうございました
手紙と切手 (motoko)
2017-04-21 17:45:08
ギンちゃん  今日は

確かに手紙を書きませんと、漢字を忘れてしまいますね。
字も書かないと、下手の字がだんだん下手になって、
書くのが億劫になってしまいそうです。
パソコンの便利さに慣れて、その反面失うものもあるかもしれませんね。
書いていて漢字を忘れても、辞書を引くことの大切さを
痛感して、反省しています。

古い切手、郵便局に持っていくこともありますが、
何枚も貼って、という状態になりますが、使いませんと
もったいないですね。
マナーのことも、私も教えられました。
有難うございました。
手紙 (motoko)
2017-04-21 17:59:52
グランマさん  今日は

手紙は嬉しいもので、後々まで読み返すことも出来、
処分しなければ、良い想い出ともなりますね。
手紙を書くことも少なく、遠くの友でも電話で済ませてしまって、手紙も書かなければいけないと、思う時もあります。
グランマさんのお絵かきのハガキは、絵が素敵ですので、喜ばれますね。
マナーのことも、反省することばかりです。
だんだん字が乱暴になってしまいますので、これも
気をつけなければと、反省ばかりです。

有難うございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL