そぶえ元希 通信 

 日本共産党 足立地区副委員長・准中央委員 ★ 日々の活動や思いをつづります

生後8か月の息子がRSウイルスに感染…。

2016年11月23日 | 日記

先週開催された「第7回中央委員会総会」。その参加する直前に、私が風邪をひいてしまいました。

「6中総」と大運動の徹底で、各支部や地域をまわり報告で訴える中で、喉をいためたのか、

喉が腫れてしまい、声がでなくなってしまった、と思ったら、同時に激しく咳き込み、苦しい日々でした。

ようやく、喉の腫れも引き、私の方は体調もほぼ回復。

「第7回中央委員会総会」で提起された「党大会決議案」の核心部分を、改めて各支部や地域で語り、

「大運動」を本格化させるための手立てに、再び日々奔走です。

 

そんな中、私の風邪が、3歳の娘と生後8か月の息子にうつってしまったようです。

上の娘はいつもの風邪症状でいたって元気ですが、下の息子が発熱と咳がひどく、心配です。

熱も下がらず、飲んだミルクも嘔吐するため、妻が病院に連れていくと、「RSウイルス」に感染しているそうです。

赤ちゃんが最も感染しやすいウイルスらしいですが、体力のない乳児は重症化しやすく、注意が必要です。

 

夜も咳き込み、息苦しそうで、数時間おきに苦しそうに泣き、可哀そうでなりません。

薬を処方してもらい、「数日間、様子をみて、回復がなさそうなら入院もありえる」とのこと。

昨夜は、少し目に力が戻ってきた気もします。

なんとか、回復してほしいと、切に願います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山中ちえ子区議地域で「大運動」成功への決起集会!

2016年11月06日 | 活動報告

11月5日、山中ちえ子区議地域で第27回党大会に向けて、いま全党が取り組んでいる「大運動」成功の決起集会に参加して基調報告を行いました。

足立区花畑4丁目にある山中ちえ子事務所は以前は和菓子屋さんの店舗だったため、

奥に広い厨房スペースがあり、ちょっとした会議も開催できます。通りにも面しており、地域に開かれた事務所です。

決起集会の終了後にも生活相談で男性が事務所を訪ねてきて、山中ちえ子区議が相談に乗りました。

 

 

決起集会には、党外の後援会員の方も含めて27人が参加していただきました。

私は、第6回中央委員会総会の内容を中心に、「野党共闘の発展と『大運動』成功のために何が必要か」について約1時間の報告を行いました。山中ちえ子区議も、ため込み金を増やす一方で区民に冷たい足立区政の実態を報告しつつ「大運動」成功への決意を発言しました。


参加者からも次々と決意と経験が語られます。

●「これからの日本の政治は野党共闘とその中心の共産党が動かしていくと思う」

●「札幌に住む妹から『東京の共産党はすごいね』と連絡があった。地元の北海道新聞に『TPPのことを詳しく知りたいなら赤旗を読め』という記事が載っていたと教えてくれた」

などの野党共闘や日本共産党への確信が交流されました。


さらに、10月に4人の新入党員を迎えた西保木間支部の方、

11月さっそく入党者を迎えている南花畑支部の方が経験も発言され、

ともに学び合いながら政治を転換させるために党を強く大きくしようと決意高まる集会となりました。


参加された後援会員の方が、綱領パンフ10部とポスターを持ち帰り、「友達に渡して協力を呼びかける」と約束してくれるなど、

来る解散総選挙と来年の都議選で勝利するために、「大運動」を広げる構えが共通認識になり活気があふれました。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

党足立地区委員会は10月に16人の党員拡大!

2016年11月02日 | 活動報告

党足立地区委員会は10月に都議予定候補と衆院東京13区予定候補の変更を発表し、来年の都議選・来る総選挙勝利への臨戦態勢を強め、全支部が第27回党大会成功をめざす「大運動」への取り組みを加速させました。

 

その結果、党員では10月に16人の方に新たに入党してもらい、機関紙の日刊紙も日曜版も増勢をつくることができました。

 

11月1日の「大運動」推進本部の訴えでは、全国で804人の新しい入党者を迎え、10人以上を迎えた地区が大阪・堺地区の17人を先頭に8地区だったようです。

足立地区も月目標の20人には届きませんでしたが、16人の新しい党員を迎えることができました。

私も10月は各地で「6中総報告会」や「つどい」が取り組まれ、私も弁士として「情勢と共産党の役割」や「大運動の意義」を語り、支部との行動を広げてきました。この集まりに参加してくださった3人の方が、10月に入党していただいたことにも勇気と励ましをもらいました。

「しんぶん赤旗」の学習党活動のページにも2回、足立地区の経験が紹介されました。

 

11月は「第7回中央委員会総会」も行われ、大会決議案も発表されます。

10月に生まれた様々な経験を発展させ、さらに全国の経験に学び、

すべての支部が新しい党員を迎えるために11月も頑張っていこうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「第16回あおぞらまつり(西の原区議地域)」と「第30回柳原健康まつり」に参加してきました!

2016年10月30日 | 活動報告

10月21日の記者会見以降、党地区副委員長として「党勢拡大の大運動」成功のための取り組みや都議予定候補になった斉藤まりこさんの宣伝物作成などをすすめつつ、衆院東京13区予定候補者としての活動も開始しました。

区内各所での党支部会議での報告や訪問行動。記者会見に参加できなかった新聞社からの取材。宣伝物作成の業者との打ち合わせ、などなど。分刻み的なスケジュールです…

今月の地区目標達成へ向けての月末行動など、落ち着くまでにはもう少し時間がかかりそうです。

 

そんな中、30日は13区予定候補として、大島よしえ都議、斉藤まりこ都議予定候補とともに、

2カ所の「まつり」に参加してご挨拶をさせていただきました。

 

最初は西の原えみ子区議地域で開催された「第16回あおぞらまつり」です。

西の原区議が2015年の区議選で初当選する以前から、地元のみなさんとの粘り強い要求運動で実現した「千住龍田町防災ひろば」が会場です。

オープニングの和太鼓演奏。西の原区議の挨拶に続き、大島都議が挨拶を行い、

斉藤まりこ都議予定候補が決意表明を行います。

私、そぶえ元希も挨拶と決意を訴えさせていただきました。

肌寒さはありましたが、心配された雨もふらず、会場には徐々に大勢の方が集まり、バザーや模擬店がにぎわいます。

 

「どじょうつかみ」や「ミニSL」など、子どもたちも楽しんでいます。

ステージでは民謡から子どものリズム体操、ソプラノ歌手の演奏など、心が弾みます。

参加された皆さんに挨拶をしながら、今後の奮闘の決意を述べさせていただきました。

実行委員会の方に聞くと、約1100人が参加されたとのことです。

 

次は柳原リハビリテーション病院で行われている「柳原健康まつり」に参加させていただきました。

中央舞台では、むげん太鼓さんが演奏する和太鼓。迫力満点です。

その後に、「来賓あいさつ」として大島よしえ都議とともにご挨拶させていただきました。

 

 

実は民医連院所とのつながりは深くあります。

学生時代は看護師を目指す学習塾で塾講師のアルバイトをしたり、

大学卒業後は約2年間、立川市にある民医連の立川相互病院で事務職として働きました。

『お金がなくて病院にかかることもできない。お金の有無が命を左右する』という実態に何度か直面する中で、

「政治を変えなければならない」と、日本共産党の専従活動家としての道に踏み出す決断をしました。

民医連で働いた経験は、今の私の原点の1つでもあります。

 

大島よしえ都議は斉藤まりこさんへのバトンタッチを伝えながら結びつきのある方々にご挨拶。

各院所ごとの模擬店や展示など、活気あるまつりで、大いに楽しませていただきました。

さまざまな方々から寄せられた激励の声を力に、その声を議会に届けるために全力で頑張ります!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

斉藤まりこさんが来年の都議選予定候補に!それを受けて衆院東京13区予定候補をバトンタッチ!

2016年10月22日 | 活動報告

10月21日、日本共産党足立地区委員会は足立区役所内で記者会見を行い、

来年に行われる東京都議会議員選挙(足立選挙区)の予定候補者と来る解散・総選挙での衆院東京13区予定候補者の発表を行いました。

柿崎幸俊地区委員長は「現職の大島よしえさんは区民の皆さんのご支持、ご協力に支えられ区議26年、都議7年、計33年間、住民のくらしを支え、要求実現に尽力してきた。この議員活動は家族の支えによって成り立つが、このたび、家族を支えなければならない事態になり、次期都議選を辞退したいとの申し出があった。地区委員会として重く受け止め、受け入れることにした」と経過を説明しました。

こうした事態を受け、地区委員会は様々な角度から議論を重ねた結果として、次期の都議予定候補に斉藤まりこさんを擁立すること、そして衆院東京13区予定候補を、私、そぶえ元希に交代することを発表しました。

大島よしえ都議のご挨拶に続き、斉藤まりこ都議予定候補、そして私と、来る政治戦への決意を述べます。

記者会見には「しんぶん赤旗」記者とともに、「読売」、「朝日」、「東京」の各記者の方が参加していただきました。

「しんぶん赤旗」とともに、22日付「読売」の14面・江東版に候補者変更を知らせる記事が掲載されました。

 

衆院東京13区予定候補として、斉藤まりこさんがこの間、努力してきたことに「市民との共同」があります。

私は、この輪をさらに発展させ、戦争法廃止と立憲主義回復という大義にたった野党と市民の共闘を総選挙でも実現させるために全力をあげる決意です。

安倍政権は今、南スーダンPKOの自衛隊に「駆け付け警護」などの新たな任務を付与し戦争法が全面的な運用段階に入ろうとしています。そして改憲策動、社会保障や労働法制の改悪、TPP強行、原発再稼働、沖縄の米軍基地など、どの分野をとっても暴走政治が極まっています。

 一方で、先の参院選で野党統一候補が勝利した11選挙区や、先日の新潟県知事選挙の結果のように、市民と野党が力をあわせて、たたかうことができれば、政治は変えられること、自民党・公明党を打ち破ることはできることを示しています。

ここに政治変革の希望があります。

昨年の戦争法を許さない国民的運動を経て、今、日本の政治の中でひろがる市民と野党の共同は、総選挙での共同へと新たな段階に踏み出そうとしています。

私、そぶえ元希は、過去2回、この衆院東京13区でたたかった経験もいかしながら、

市民と野党の共闘を前向きに発展させるために頑張ります。

どうかよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加