そぶえ元希 通信 

 日本共産党 足立地区副委員長・准中央委員 ★ 日々の活動や思いをつづります

産経新聞社が掲載した一連の記事について党足立地区委員会が見解を発表しました。

2016年06月15日 | 活動報告

日本共産党足立地区委員会は6月15日、この間、産経新聞が掲載した一連の新聞記事についての見解を発表しました。

以下、その見解を紹介します。

 

産経新聞が掲載した記事について

2016年6月15日 日本共産党足立地区委員会

 

産経新聞は6月10日付に「児童に反対署名要求」との見出しの記事を掲載し、6月14日付にも「共産の署名活動 児童怖がらせ「平和」とは」との主張記事を掲載した。日本共産党足立地区委員会は、事実をねじ曲げて記事を掲載し、わが党と党区議団を誹謗中傷する産経新聞社に対して強く抗議するものである。

                     

(1)一連の記事は三つの点で事実をねじ曲げて、戦争法廃止を求める地域住民運動とわが党の活動を攻撃している。

 

第一に、一連の記事は「路上で署名活動をしていた共産党の運動員が帰宅途中だった複数の児童に…話しかけ、安全保障関連法案への反対署名を求めていた」(10日付)、「複数の児童に話しかけ」(14日付)と、運動員の側から話しかけているとしているが、事実とは異なる。昨年2015年6月25日夕方、複数の運動員で署名活動をしているところに、学童保育から帰ってきた小学生数人がやってきて「何をやっているの」と声をかけられた。運動員が呼び止めて署名をせまったのではなく、運動員が声をかけられたことがことの発端である。

第二に、記事は、運動員が児童に「戦争になるとお父さんやお母さんが死ぬ」、「戦争になったら爆弾が落ちてくる」と言って署名を迫ったとしているが、これも事実とはまったく異なる。実際は小学生から問われた運動員が戦争法や第二次世界大戦中に広島・長崎に原爆が投下された話しをすると、小学生たちから「このままでは日本は戦争になる」、「戦争になったら爆弾で死んでしまうかもしれない」、「戦争は怖い」と口々に話して署名をしてくれた。

その後しばらくして、住所を書けなかった小学生の母親から「わが子が泣いて帰ってきたが、どういう話をしたのか」との抗議を受けた。その子は署名ができなかったため、戦争になってしまうのではと泣いてしまったということであった。運動員は「戦争になるとどうなるか、東京大空襲や原爆の話しをしたが、もし子どもに怖いという印象を与え、泣かしてしまったことは申し訳ない。脅したり、署名の強要は一切していない」と謝罪した。運動員は母親に氏名と連絡先を伝え「何かあったら誠実に対応したい」と伝えた。

母親から連絡を受けた小学校教師も現場に来たが、運動員は同様の説明をして「申し訳なかった」と謝罪した。教師は了承して帰っていった。これとほぼ同じ時間帯、党区議団控え室には「物事の判断がつかない子どもたちに署名を迫るのはいかがなものか」と母親からの抗議の電話があった。対応した党区議会議員は、初めて聞いた話で事実がわからない時点だったが、「もしそうだとすれば、子どもに署名を迫るという方針で取り組んでいないので、それは行き過ぎだと思う。きちんと指導したい」と述べた。母親は「子ども自身が判断できるものなら署名してもいいと思うが常識を欠いている。しかし議員がそう言うのなら了解できる。ぜひ正しく指導してほしい」と話して電話をきった。これが、今回の事実経過である。記事は運動員の発言も、党区議会議員の発言も、ことの経過も、事実を大きくねじ曲げている。

第三に、産経新聞は、「子どもを脅かして」署名をさせたという2015年6月29日の市川おさと区議(無所属・元自民党)の足立区議会総務委員会での発言、その市川発言を元にした2016年3月22日の東京都議会での中山のぶゆき都議(公明党)の発言から記事をつくりあげたと思われる。産経新聞は10日付記事を掲載する前、わが党区議団に電話取材をしているが、そこで党区議会議員が「事実とは異なる」と記者にくり返し指摘したが、記事はそのことには一切ふれずに事実をねじ曲げて掲載した。一方的に日本共産党と地域の住民運動を攻撃するもので、断じて受け入れることはできない。

 

(2)以上の経過にみるように、本件はすでに1年前、保護者も学校側も、現場の運動員や党区議団の説明を了解し、それ以降、当事者からは抗議も苦情も寄せられていない。その問題を、参院選を目前に控えた今、産経新聞が突然持ち出し、しかも事実をねじ曲げて記事にするのは、異常かつ意図的といわざるをえない。

 公明党は、さっそく6月10日の足立区議会本会議で、くぼた美幸区議がこの産経記事を使って反共攻撃の質問を行った。これらの動きは、わが党への攻撃であると同時に、産経新聞、公明党などが一体となり、戦争法廃止を求める運動をつぶそうという正体をさらけだすものである。それはまた「安保法制」=戦争法推進勢力が、野党と市民の共同の広がり、参院選での野党共闘の勝利と日本共産党の躍進を恐れて、なりふりかまわぬ姿勢をうきぼりにするものとなっている。

日本共産党足立地区委員会は事実をねじ曲げた攻撃には屈することなく、参院選での党躍進と戦争法廃止の実現に向けて全力で奮闘する決意を表明するものである。

 

以上

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「教え子をふたたび戦場に送らない」…教職員の皆さんの固い決意語られた決起集会!

2016年05月22日 | 活動報告

20日、足立教職員後援会決起集会が行われました。

決起集会には、池内さおり衆院議員(東京12区予定候補)も駆けつけてくれ、東京12区で自公連合を打ち破って勝利するために奮闘する決意表明してくれました!

北海道から大分県と、全国各地で遊説にも参加する池内さおり衆院議員は各地で広がる野党共闘の広がりを紹介しながら、広範な有権者に日本共産党への信頼が広がっている状況を報告してくれました。

同時に、国会内でも民進党議員との共闘が広がっていることも紹介してくれました。

性暴力の被害根絶を追求した70分の内閣委員会での質問は、民進党が質問時間を10分間を分けてくれたことをはじめ、

政策的な一致点もどんどん広がっていることに、世論と運動の力で民進党内にも変化をつくりだしていることを実感しました。

 

私は地区委員会より、5中総の中身にもふれながら情勢報告を行い、参加者の皆さんとの交流、討論に参加しました。

参加者の方々からの発言では、戦争法廃止の2千万署名をはじめ、様々な要求運動に参加して情勢の変化をつくりだしてきた確信が口々に語られ、戦後最も深刻な権力者による政治破壊への道か、立憲主義・民主主義・平和主義の新しい政治かが問われる一大政治決戦に挑む決意が交流され、「ふたたび教え子を戦場に送らない」との教職員の熱い思いをひしひしと感じました。

 

同時に、管理強化や長時間労働、学力テストの押し付けなどの教育現場での深刻な実態も紹介されました。

ある教員の方は、授業の進度の遅れの背景に「学力テスト」の問題を指摘します。

「学力テスト」の評価に、「通過率」(テストの基準点が示され、それを上回った人が何人か、下回った人が何人か、という率で判断するそうです。)を用いるため、理解できなかった生徒の尻を叩くような教育になってしまうと訴えていました。

テストの点数をあげるために、過去問をといたり、くり返しテストをしたり…。

一人ひとりの生徒に寄り添った、ていねいな教育とは、大きくかけ離れており、『学級崩壊』も続発しているといいます。

 

生徒も教師も学力テストによる競争に追い立てられ、苦しめられている。

教育分野でも、自民党政治によるゆがみが深刻です。

そんな実態も変えていくチャンスが、今度の参院選。公示まであと1ヶ月。

野党共闘の勝利と日本共産党の躍進でこの現実を変えていくために、頑張りたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月3日憲法記念日宣伝!斉藤まりこ衆院13区予定候補も足立区内を駆ける!

2016年05月03日 | 活動報告

3月半ばの第二子出産から、4月10~11日の第五回中央委員会総会、4月22日区政報告・演説会に、月末の4月党勢拡大の大攻防と、日々が目まぐるしく過ぎていきます…

いよいよ参院選の公示まで2ヶ月をきり、参院選での勝利を正面に掲げながら、解散総選挙にも備え、諸課題を着実にすすめていきたいと思います。

さて、今日、5月3日憲法記念日。憲法集会(有明)には5万人が集まり、戦争法廃止の2千万署名は全国で1200万が集計されているとの報告があったようです。

足立地区委員会でも、毎年恒例の憲法記念日宣伝行動を、宣伝カーを運行し、区内3駅頭(北千住駅西口、綾瀬駅東口、竹ノ塚駅東口)にて行いました

 

私も、大島よしえ都議、斉藤まりこ13区予定候補、とともに各駅を回りました。

北千住駅西口では6人が弁士!

写真左から、ぬかが和子区議、西の原えみ子区議、斉藤まりこ衆院13区予定候補、浅子けい子区議、あさひ将地区青年雇用対策室長、大島よしえ都議です。

 

綾瀬駅東口では、はたの昭彦区議、鈴木けんいち区議も訴えます。

 

竹ノ塚駅東口では、針谷みきお区議、山中ちえ子区議も訴えます。

各弁士それぞれが自らの思いと照らし合わせつつ、憲法と政治について、そして来るべき参院選勝利への決意を聴衆に訴えました。

斉藤まりこ13区予定候補は、5歳の息子さんと南スーダンの少年兵の実態を重ねつつ憲法9条、戦争法廃止への思いを述べ、ブラック企業や過労死を生み出す「ルールなき資本主義」の日本を憲法を生かした政治への転換への決意に聴衆からは拍手が起こります。

認可保育園増設運動のパイオニア的存在の斉藤まりこさん。

何としても国会に送り出して、子育て世代の願い実現の先頭にたっていただきたいと、私も強く思いました

演説後には聴衆の方々と固い握手。斉藤まりこさんの右となりは、同じく子育て世代の山中ちえ子区議会議員。

区議会でも都議会でも国会でも、1人ひとりの声を取り上げて、その実現のために奮闘する議席が必要です。

みなさんと力を合わせて、当面する参院選での勝利に全力です

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの授乳と多感な上の子

2016年03月24日 | 日記

早いもので出産からもう1週間が過ぎました。

第一子の時には、右も左もわからない子育てでしたが、

第二子の場合は一定経験もあり、多少落ち着いて子育てができているような気がしますが、ものすごい速さで日々が過ぎていきます…

昼夜問わず、2~3時間サイクルで授乳が必要な赤ちゃんです。

24時間体制で対応が求められる母親の大変さを実感します。

私もできるだけミルクの授乳やオムツ交換などで役割をはたしていきたいと思います。

 

もうひとつ悩ましいのが、2歳半の上の子です。

妻の入院中、必死に寂しさを我慢してきましたが、ここに来て堪えきれない思いが噴出しているようです。

赤ちゃんに母親を取られると思ったのか、2日ぐらい前から突然、授乳しようとする妻に「おかあしゃん、ダメ~」と暴れて泣きじゃくります。ぎゅっと抱きしめて落ち着かせ、赤ちゃんについての説明をしますが、なかなか受け入れられません。妻も私も、そんな上の子を見ていて、切なくてつらくなります。

日中は保育園で「赤ちゃん、だっこして、かわいかったよ」と保育士の先生には話しているようですが、朝晩は不安定な心情があらわになります。

そんな上の子の思いも、しっかりと受け止めてあげたいと思います。

 

何度かこういう体験を繰り返しながら、

上の子も成長して「おねえさん」になっていくものなのですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第二子の男の子が産まれました!

2016年03月16日 | 日記

14日、2人目となる男の子が無事、産まれました。

検診では赤ちゃんの予想体重があまり増えていなくて、「早めに出したほうがよいでしょう」との医師の判断から、予定日より10日間ほど早い出産でした。

産まれてみると体重は2630gあり、元気な赤ちゃんでひと安心でした。

 

私は長女の出産に続いて2人目も出産に立ち会うことができました。

陣痛で苦しむ妻を励ますことしかできませんでしたが、出産する瞬間は涙しました。

出産に至るまでの妻の頑張りに心から感謝しています。

 

ところで、事前に妻からも言われていましたが、第二子の出産の際の上の子(2歳半の娘)の対応は、特別に必要なのですね…

出産前から、何かを感じてか、さかんに「おかしゃん、おかあしゃん」、「おとうしゃんじゃ、だめ」と母親べったりの傾向になっていましたが、いよいよ入院となった日。病院では「さびしいけど、なかないよ」と言って別れた娘は、夜中や明け方にふと起きては、「おかあしゃ~んがいない~」と大泣き…

妻が書いた手紙を見せながら、「おかあさんはね、赤ちゃんを産むために頑張っているんだよ。もう少しで戻ってくるから、一緒に頑張ろうね」と話すと、必死に悲しみをこらえて、「がんばる」という娘にこちらも涙します。

毎日、ふと「さびしい」と泣く娘ですが、病院でお見舞いに行くと妻からもらえるクッキーを励みに、こらえています。

私も、父としてこの娘の悲しみをしっかりと受け止めつつ、一緒に頑張って、

妻と赤ちゃんの帰りを待ちたいと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加