そぶえ元希 通信 

 日本共産党 足立地区副委員長・准中央委員 ★ 日々の活動や思いをつづります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新しい「斉藤まりこリーフ」に反響続々!自信をもって提示できる宣伝物となりました!

2017年04月15日 | 活動報告

6月23日告示、7月2日投票の都議会議員選挙が目前に迫ってきました。

どの党派も必死の取り組みが行われています。宣伝や対話などで党の姿を大きく示していくことが求められています。

そんな中、3月中旬から取り組んできた「斉藤まりこリーフ」が完成し、活用が広がっています。

完成に至るまでに紆余曲折ありました。

私も地区政策委員会責任者として、いろいろ知恵を絞りながら、「これで仕上がっただろう!」と思っていたところに、党東京都委員会の指摘・援助もあり、改めて斉藤まりこさんの生い立ちやこれまで歩んできた人生などを聞くインタビューを実施。

それを踏まえて集団的に中身を再検討しました。斉藤さんへのインタビューは2時間にも及び、そのすべてを書くわけには当然行きませんが、エッセンスを抽出し、斉藤まりこ都議予定候補の魅力と人柄、人間性をより掘り下げて伝えることができるものに仕上げることができたと思います

印刷会社との関係で、入稿締め切り直前の変更作業だったため、一時は「これは間に合わない。ダメか…」と断念しそうにもなりましたが、各関係者の努力と集団的な知恵を結集し、再構築することができました。そしてデザインもとても素晴らしいものに仕上げていただきました。作製に携わっていただいた多くの方々に深く感謝をしたいと思います。

 

このリーフの反響も大きく、地区委員会には様々な意見・感想が寄せられはじめています。

〇「母であり、外資系企業の会社員だった私が、なぜ都政改革に挑むのか」打ち出しのパンフいいですね。

斉藤さんの新リーフすばらしいです。

〇誠実そうな人だと思いました。

などの感想に加えて、

〇「駅でビラを受け取った」という男性からは、「私の家内がマンションの掃除の仕事をしていている。掃除のミスをしたら給料がもらえず、その後ももらえない。おかしいのではないか」などの相談もよせられました。

change TOKYO with you

あなたとともに、都政を変える。その希望を広げる力となる宣伝物です。大いに活用を広げていきたいと思います。


しかし、ホッとする間もなく、次の宣伝物の作成に取りかかる必要があります。

勝利のためには、宣伝でも「党の自力」づくりでも、「やるべきことをやりぬく」ことが必要です。

こちらもギアチェンジで一気に取り組みをすすめていきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そぶえ元希ポスターが完成!

2017年03月27日 | 活動報告

足立地区党は斉藤まりこ都議予定候補のポスターを新たに増し刷して各支部に送付したのにつづき、

遅れていた衆院東京13区内に貼り出す「そぶえ元希ポスター」もようやく完成させることができ、

斉藤まりこ都議予定候補のポスターとともに貼り出しをすすめています。

 

作成枚数は多くはありませんが、大判で、張り出されると目立ちます(*^-^)。

都政では斉藤まりこ、国政ではそぶえ元希。ともに42歳の同級生コンビで日本共産党躍進の波を作り出すために全力をあげていきたいと思います!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「東京衆院25選挙区、市民と野党が大集合!」に野党候補者結集!東京13区でも共同組織結成の動き!

2017年03月16日 | 活動報告

3月13日に「市民と野党をつなぐ会@東京」が主催する「東京衆院25選挙区、市民と野党が大集合!」という集会に参加してきました。

国会の衆院第一議員会館の大会議室で開催されたこの集会には、

東京の25小選挙区の民進党、共産党、無所属の野党予定候補者のほとんどが参加するというかつてない集会でした。

 

市民の皆さんの野党共闘に対する期待と政治変革への熱い思いに私も1人の予定候補者として心動かされました。

民進党からは東京都連会長代行の長妻昭衆院議員、日本共産党は党書記局長の小池晃参院議員が挨拶を行います。

他に自由党共同代表の山本太郎参院議員、沖縄の風の糸数慶子参院議員などが各党の代表として、

市民と野党の共闘をすすめ安倍政権打倒への決意を語ります。

その後、衆院小選挙区の予定候補者が1人1人紹介され、全体のアピールでもある写真撮影を行いました。

 

休憩中には日本共産党の小選挙区予定候補の皆さんと「頑張るぞ!」と記念撮影。

 

第二部では労組や宗教者、創価学会の創価大学有志の会からの連帯の挨拶や小選挙区の各区でどのよに市民と野党の共同の取り組みを広げているかの経験交流も行われ、大変勉強になりました。 

どの方の発言も学ばされるものばかりでしたが、主催者代表の方が挨拶で述べていた中身がとりわけ印象に残りました。

それは「これまでの選挙では、投票して文句を言っていた。しかし、これからの選挙は市民が候補者を作り上げていくもなんだ」

というものでした。「なるほど!」と思わされました。

 

昨年の参院選挙から一歩を踏み出した市民と野党の共同の取り組みには、立憲主義回復や個人の尊厳を尊重する政治を求めて、多くの市民のみなさんが立ち上がり、声をあげてきました。その力が市民と野党の共同を大きく広げてきました。

これまでならば政治的に立ち上がらなかった人も、自らが主権者として立ち上がり政治を変える運動に加わってきています。

この主権者の動きが、今、選挙で政治を変えようと発展し、市民革命的な動きとして全国津々浦々で広がりつつあります。

 

もちろん、それぞれの政党にはその政党の理念や政策があります。しかし、そこも含めて、お互いが違いや立場を尊重し、リスペクトし、

1つの共通政策や合意をつくりあげていく。

ここに大きな政治転換の希望があります。そのことを東京の25小選挙区でも力強く着実に始まっていることを感じました。

 

足立区の東京13区でも共同の市民組織結成の動きが報告されました。4月下旬に結成を予定しているそうです。

ぜひ力を合わせて市民の手に政治を取り戻すために頑張りたいと思います。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/12北千住駅西口の街頭演説に800人!「すばらしい」「すっきりした」など党都議団の値打ちが明瞭!

2017年03月14日 | 活動報告

3月12日に行われた豊洲問題をテーマにした北千住駅西口での街頭演説には聴衆800人が集まりました。

 

国政では森友学園問題、都政では豊洲問題が大きな話題になっています。

利権・私物化・情報隠蔽という政治の「闇」に切り込み、疑惑の徹底究明に全力をあげる日本共産党にも大きな注目があつまっている中、立ち止まって聞いてくださる方も大勢いました。

多くのみなさんのご協力に心より感謝申し上げます。

メイン弁士の1人である大島よしえ都議は、石原・猪瀬・舛添と続いた都民いじめの自民・公明都政と正面から対決してきた日本共産党都議団の役割を大演説。豊洲問題では嘘とごまかしを徹底した調査と論戦で暴き、一貫して奮闘してきた党都議団の役割と値打ちが鮮明になるもので、参加者の方々からは、

「とてもよくわかった」、「言うべきことを全部言ってくれた」、「とてもすっきりした」

などの感想が寄せられました。


もう1人の主役の斉藤まりこ都議予定候補は、保育と教育、働き方、高齢者福祉の3つの角度で都政転換の決意について歯切れよく訴えます。さわやかな斉藤さんの声が北千住駅西口に響き、くらし最優先の都政改革への期待が広がる演説で、「すごくよかった」「雇用の問題を取り上げてもらえてうれしかった」「明快だった」などの感想が寄せられました。

西口のデッキ上も、商店街や駅前を通る方々にも日本共産党の奮闘が伝わる街頭演説として成功させることができました。


この街頭演説の前には、斉藤まりこサポーターズによるリレートーク宣伝も行われました。

ドラム隊のリズム感あふれるコールと訴えに元気をもらいました。

この街頭演説の成功を力に、都議選勝利への取り組みをさらに加速させていきたいと思います。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月12日の北千住駅西口で豊洲問題をテーマにした街頭演説を開催!

2017年03月10日 | 活動報告

あわただしく動く中でアッという間に日々が過ぎ去ります。

2月は第27回党大会を受けて、東京都委員会の大会である「都党会議」、

そして足立地区委員会の大会である「地区党会議」と大きな会議が連続して行われました。

特に、足立地区党会議では次期地区委員を選出する手立て、そして当面する都議選・総選挙勝利とその勝利に必要な党づくりの方針である「地区総合計画(案)」の作成に向けてが一大仕事でした。

さらには2月の月末での機関紙増勢を目指す取り組みが続きます。

国政での「森友学園問題」や都政での「豊洲問題」も情勢が日々緊迫していましたが、党活動もとても緊迫した活動でした

 

「都議選勝利に向かう2月に後退は絶対にしない!」と各支部が猛奮闘。

私も各支部のみなさんとの訪問行動にも全力をあげ、頑張りぬいた結果、見事に最終日に2月増勢を勝ちとることができました

 

3月は都議選勝利に向かう中での正念場!宣伝に対話にと取り組みを広げていきたいと思います。

さて、3月12日に北千住駅西口で開く日本共産党演説会が一大結節点です。

国政では森友学園、都政では豊洲問題が政治の深い「闇」です。

百条委員会も設置がされ、いよいよ都政の利権・私物化の「闇」の徹底究明へ一歩踏み出します。

党東京都議団の奮闘に大いに期待したいと思います。

その党都議団の最新の奮闘が聞けるのが、3月12日の演説会です。

事務所前などには立て看板も作成して、街頭演説を告知します。

大島よしえ都議、斉藤まりこ都議予定候補が訴えます。ぜひ多くの方に足を運んでいただきたいと思います。

 

10日はその告知も含めて、西の原えみ子区議との街宣です。今、国民的関心を集める「森友学園」問題を切り口に、

外交問題、暮らしの問題を語り、政治変革の希望である野党共闘の展望について語ります。

梅島・ベルモント公園前や西新井駅東口では、立ち止まって聞いてくれたり、激励の声援を送ってくれるなど、

日本共産党への強い期待を感じます。

疑惑の徹底究明、そして安倍暴走政治を倒して新しい政治へ、引き続き頑張りを広げていきます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加