そぶえ元希 通信 

 日本共産党 足立地区副委員長・准中央委員 ★ 日々の活動や思いをつづります

5か月を過ぎ、初寝返り!

2016年08月26日 | 日記

下の子が産まれてから早いもので5か月が経過しました。

最近は、夏旅の疲れからか初めて風邪をひいたり、 夜泣きがひどくなったり…。

そういえば、上の子にもこんな時期があったなぁ、と3年前を思い返したりしています。

 

そんな下の子ですが、もう少しで寝返りできそうで、「あと一歩」のところまで来ていましたが、

ついに今日の昼間に、「寝返りした」との連絡が妻からありました

「初めて寝返りしたと思ったら寝返りしまくりです。さらに半回転して頭打って泣いたりしてる」

とのこと。グルグル回って楽しんでいる様子が目に浮かびます。

 

寝返りをマスターすると、うつぶせ状態で3次元的に世界を見ることができるようになったり、

体をねじったり寝返りして移動することができるようになるなど、より動きが激しくなるそうです。

 

日々、急激に成長する今の時期、1つ1つの出来事をしっかりと受け止めていきたいと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みのひととき

2016年08月19日 | 日記

8月も半ばを過ぎ、来るべき政治戦への準備を着実にすすめていかなければなりません。

各種会議の準備や手立てをすすめ、8月後半のダッシュに備えたいと思います。

 

ところで、お盆の夏休みは家族そろって、富士山の麓にある富士山こどもの国や富士サファリパークへ立ち寄り、思いっきり遊んだうえで、実家の名古屋に帰省してきました。

4人家族では初めての長距離旅行となりましたが、上の子も池やプールで遊び、遊園地で遊び、動物とふれあいと、毎日が夢の中のように楽しみ大満足の中で3歳の誕生日を迎えました。

 

3月に生まれた下の子も、もう5か月で、毎日すくすくと育っています。

まだ人見知りしないので、どこでもニコニコ笑顔です。

情報や刺激を受けてどんどん脳が発達しているからか、寝る間際の大泣きや夜泣きも多くなってきたように感じます。

 

上の子もお母さんへの甘えん坊さんは相変わらずの激しさがありますが、

生まれた弟を受け入れて、少しづつお姉ちゃんになって、赤ん坊をあやしてくれます。

  子どものパワーに圧倒される夏休みで疲れはしましたが、親も全力で子どもと向き合い、遊び楽しむことができました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥越俊太郎さん大健闘!野党と市民の共同を発展させ、来るべき政治戦へ!

2016年08月01日 | 活動報告

7月31日投票の東京都知事選挙が終わりました。

ご支援いただいたみなさんに、心から感謝を申し上げたいと思います。

 

選挙結果はやはり悔しい思いでいっぱいです。

33年ぶりの野党共同候補の擁立、そして保守分裂選挙で17年間つづいてきた自公都政から転換する絶好のチャンスを生かしきれませんでした。

参院選も都知事選も、様々な角度から分析を深め、来るべき政治戦で勝利できるように、新たな一歩を踏み出したいと思います。

足立区では鳥越俊太郎さんは5万7,456票(得票率18.93%)を得ました。

この間の都知事選で日本共産党が支援した候補者の得票と比較すると、鳥越さんの奮闘がわかると思います。

33年前の1983年都知事選で野党統一候補の松岡英夫氏は当時現職の鈴木俊一氏との事実上の一騎打ちとなりましたが、その時に足立区では7万4,574票、全体で148万2,169票(得票率37.9%)を得ています。

今回、鳥越氏は日本共産党が支援した候補者としては、松岡さん以来、33年ぶりに100万票を突破して健闘しました。

ただ、直前に行われた参院選では、日本共産党4万2358票、民進党4万6183票、生活の党8384票、社民党5734票の4野党で計10万2659票を得ているので、その約56%しか得られていないことになります。支持層を固めきれず、無党派層への浸透も当選した小池百合子氏に劣りました。

 

実際に選挙戦をたたかう中で、今回の選挙のたたかいの困難さはこれまでに経験したことのないものでした。

足立区内の各地域から、口コミで健康や年齢問題などのネガティブキャンペーンが流されていることが連日報告されていましたが、野党共闘の力を発展させて、それらを打ち破り、鳥越候補の人柄と政策の魅力を広げきれなかった「力不足」を改めて実感する選挙となりました。

しかし、一方でこの首都・東京においても野党共闘が成立し、足立区内でも、日本共産党と民進党の衆院東京13区の小選挙区予定候補が一緒に宣伝カーに乗り、鳥越さん勝利を訴えるなど、これまでには考えられない共闘関係が短期間に築かれました。

この一歩を、大きく育て、自公政権に正面対決するたたかいを進めていかなければなりません。

鳥越さんは選挙結果を受けて、

自公勢力に対抗するには野党がまとまらなければダメだと思う。衆院選でも統一してたたかっていただきたい」と述べました。この道に政治変革の大きな希望があります。

地方・地域からも野党と市民の共同を発展させ、

多くの有権者に、新しい政治変革の希望を感じられるものにするために、新たなスタートをきりたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都知事に鳥越俊太郎さんを!

2016年07月30日 | 活動報告

いよいよ明日が東京都知事選の投票日です。

参議院選挙から連続する選挙。立ち止まることなく、駆け抜けた感じです。

17年間続いて、都民を苦しめてきた自民・公明の都政を転換する絶好の機会。

そして、安倍政権がたくらむ憲法改憲を阻止することができる、大きな一大政治決戦です。様々なことがありましたが、明日、その都民の審判が下ります。

 

短期間の決戦のため、やるべきことをやりきるために、

持てる力を出し切ったたたかいができるよう、最後の投票箱のふたが閉まるまで頑張りぬきたいと思います。

鳥越俊太郎さん都知事に押し上げ、都政を取り戻しましょう!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本共産党 比例で601万票獲得! 改選3議席から6議席に倍増!

2016年07月11日 | 活動報告

7月10日の参議院選挙で、日本共産党は比例代表で601万6千票を得て改選3議席を5議席に伸ばすとともに、

東京選挙区では31歳の弁護士・山添拓が66万5835票を得て激戦を勝ち抜き初当選しました。

比例代表で得られた得票数は前回の515万票から601万票に大きく伸ばしました。

東京で比例得票は88万2,539票。目標とした110万票には及びませんでしたが、寄せられた1票1票に「安倍政権の暴走を止めてほしい」、「憲法9条を守り、戦争できる国づくりをやめてほしい」、「ブラック企業をなくし、誰もが安心して暮らせる社会を作ってほしい」など、切実な願いが込められていることを胸に刻んで、掲げた公約実現へ新たな一歩を踏み出していきたいと思います。

また、首都東京でのこの得票は、この間の国政選挙では連続して公明党を上回る得票であり、今後の都政転換にも大きな足場となる結果だったと思います。

 

足立区でも、日本共産党は4万2,358票(得票率15.00%)を得ました。

前回(2013年)から4,711票前進させ、2014年衆院比例票(4万2,341)、2015年区議選票(4万1,333)も上回り、

参院比例票では1998年の5万4,697票に次ぐ過去2番目の得票数でした。

議席数は2013年に獲得した8議席に及ばず残念でしたが、各支部の党員や後援会員、赤旗読者や支持者のみなさんの奮闘の結果、

大きな支持を寄せていただくことができました。

心から感謝を申し上げたいと思います。

 


 「改憲勢力3分の2」など大々的に報じられていますが、自民党も公明党も選挙で改憲は争点ではないと、ひたすら『憲法隠し』をしておきながら、選挙後になって改憲への動きをすすめることは許されません。

日本共産党は市民のみなさんともさらに強く結びつき、野党共闘を発展させ、

憲法の改憲も戦争法の発動も許さず、くらしを応援する政治の実現へ全力で頑張ります。

 

さらに参院選挙が終わっても、すぐさま7月14日告示、31日投票で東京都知事選挙も行われます。

野党共闘をさらに発展させ、市民のみなさんとの共同を広げながら勝利をめざして頑張りたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加