日本人はもっと世界へ出よう。

世界1評判の高い国日本!日本人は自信を持って
海外に出て、国際人として活躍しよう。

人生に花を咲かせよう

2017-06-16 09:47:30 | 日記


人生に花を咲かせよう。

平安時代末期に流行した 『涅槃経(ねはんきょう)』のなかにある和歌。

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰そ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず


香りよく色美しく咲き誇っている花も、やがては散ってしまう。

私の人生も花のように永遠ではない。

いろいろある人生を今日も生きていく。

浅くはかない夢を見ない。悲観に打ちひしがれてれることもない。

淡々と自分は自分の人生を歩んでいく。

~~~~~~~~~~

花の思いとは、何だろう。
それは、花を咲かせること。
花を咲かせて花の生を謳歌すること。

人の思いも同じ。
人生に花を咲かせて生を謳歌すること。

花は天界を表現している。
天界とは神の住む世界。

花は、大自然界(神)、創造主からの声である。













この世は、神と魔が混在する世界だ。
魔の世界は、戦争、争い、嫉妬、戦いの世界。

人は、幸福に生き、幸福な人生を歩み、幸福な天界へと行くべきである。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の名言集 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL