☆☆p(^-^)q ★out

とても貴重な動画、写真、Twitte情報などはお断りなくお借りしています。
m(_ _)m

ユチョンファンは何もしてないって言ってるけど...( ¯-¯ )

2017-07-11 12:14:30 | ユチョン
(´-ω-`)






控訴審待ち - [パク・ユチョンギャラリー]



国が審判台に立った国民に強制力を執行するとき 
人間の自由を奪われている拘禁になる、

実刑3年が古いされた刑事公判ので 
有罪確定時最も重要視思うようにされることになる証拠の要件。 
そして控訴事実を原告検察は被告人の容疑を立証、 
被告は否認するために証拠能力を弾劾する過程で裁判は行われた。 
検察は、事故時の被告の前後の行動、精神力、相談センターの相談内容、事故発生時点以後の周りの知人たちと交わした文字、被告人の捜査機関で前後表明、虚偽の事実を放送局にインタビューした状況証拠などかじっと名誉毀損の疑いを置いた。

1.罪容疑

ソンさんを担当した弁護人は検察が提出した捜査の証拠記録中、この事件の発端となった本人が提出した訴状の内容を否定しながら始めた。 
公判の争点になる事案であった。 
検察は控訴状の内容をこれまで誇張ではないか、数回の検討したが(法律的に見ると、課長の記述は、罪の部分事由に該当するため)、客観的に明白な虚偽であると判断して令状を請求した被告人の防御権保障に横詰まっ在宅起訴した。 
被告側は、内容夫人の事由にあり、被告側弁護人は、最初訴状を担当したのは、法律代理人で本人が作成したものではなく、 
また、最初に訴えたときに有利・不利であることをタジミョ当時知人と交わした当時の金銭に係る内容を恣意的に有利に削除された痕跡も最初担当法律代理人に責任を押し付けた。 
内密の内容で、双方の一つの内容において描写されている内容は、矛盾した。 しかし、裁判所は証人として線パク・ユチョンの証言を証拠採用した。

2.名誉毀損の疑い

名誉毀損の成立要件では故意が認めにならなければならない。 
被告人弁護人は、マスコミの正当な取材要請による仕方なかったインタビューだっただけだと主張した。 また、本人が当時のあった文字の内容を編集してそのまま伝達していないのは、放送局の悪接編集に対応したものであるだけだと論争した。

3. 3年球形+判事の線古典意見

検察は3年の刑を求刑した。 
パク・ユチョンの法廷陳述を採用したが、 
部分的に削除され、復元することができなかった被告の文字も 
証拠能力が不足している。 
判事は陪審の評決前憲法に記載無罪推定の原則を詠じたし。 
被告中心主義に裁判は手をあげてくれた。 

4.個人的な考え

一つの逸話に例えて、この文を終える。 
ジャンバルジャンがパンを盗んだ罪で裁判にかけられたそのパン屋さんはcctvもなく目撃者もなく、ひたすらジャンバルジャンとパン屋の主人二人だった。 
ジャンバルジャンはパン屋の主人がパンを持って店した話しパン屋の主人は必死そんなことないと述べた。 
幸いなことに、警察の捜査にジャンバルジャンパンを盗んだ後、当日の友人との会話で「事実ケーキを盗ん来なければされたマフィンのみインポートなったんだ。くやしい」と交わした会話が捕捉された。 
友人がジャンバルジャンの行動を非難しようパン屋の主人はパンが多く、私はありません。 なぜ私悪口かどうか分からないと、これは多パン屋の主人からだと恨みを抱いた。 
事件は急速に村に噂が出た。 パン屋の主人は、一日の朝に乞食を無視した「甲横暴」と非難世論が沸き立ってパン屋の主人は店のドアを閉じた。 ジャンバルジャンは涙を流しながら語った。 "私は確かにパンを主人に持ってたいと言って持ってきた。私は持ったものもなくパン屋の主人のように食べるのが多くない。社会から見捨てられた気分だ」 
すると町の人々は言った。 「はい。貧しいもの。君は明らかに持って来たいと言って出てきたケーキも用意し与えている必要がパン屋の主人が悪い奴だ。」


+)さらに1次日当たり控訴審は

14日宣告を控えており、

その狂気の女性の最後弁論では、

パク・ユチョンにすべてを謝罪して勢いに乗っハシギル空と言った

嫌嘔吐が出る状況。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (。•̀ᴗ-)و ̑̑✧メンシプポスト... | トップ | JYJメンシプの特典カード来て... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む