MotoComrade活動日記

Welcome to MotoComrade 【公式】Blog

6月定例ツーリングが開催されました♪

2017年06月21日 | 活動日記


MOTO COMRADE
OFFICIAL ACTIVITY DIARY

4月より『東海ひよこ倶楽部』から
『MOTO COMRADE』へと倶楽部の名称変更をし、
毎月第二週末(奇数月は土曜、偶数月は日曜)
に開催される予定であった
『定例ツーリング』は雨(雨天中止)続き...。
ようやく定例ツーリングとしては
MOTO COMRADEとして初となる
6月定例ツーリングを開催することが叶いました。
梅雨入りしたのによく晴れてくれました...。
お日様ありがとう♪

6月定例ツーリングは当初、
西国三十三所第八番札所『大和國 長谷寺』の
「御本尊大観音特別拝観」へ行く計画で進んでいたのですが、
倶楽部員さんから
キャンプツーリングをしよう!との提案もあり、
『西国三十三所巡礼』と『キャンプツーリング』を
同時開催することとなりました♪

企画:
ヨッシー(代表・愛知ブロックリーダー兼任)
やっさん(キャンプツーリング立案者)
主催:MOTO COMRADE
参加人数:9名+ゲスト2名
文:ヨッシー

6月10日(土曜日)
am7:00 -名阪国道関ドライブイン-
愛車にキャンプ道具を満載した
仲間(Comrade)達が集まってきました♪

※名阪関ドライブイン

重い荷物を背負って
ペースの速い名阪国道を千鳥走行してはご迷惑になると考え...
針(奈良県奈良市)合流の仲間の待つコンビニエンスまで、
国道25号線(名阪国道)は各自フリー走行♪
多くのRiderが集まる
道の駅「針テラス」は諸事情によりパス(笑)
名阪国道針ICを降りたコンビニエンスに
参加者全員が集合したところで『長谷寺』まで
千鳥走行で向かいます♪
am9:00-長谷寺到着♪

【西国三十三所第八番札所/大和國 長谷寺】
山号を豊山(ぶさん)新楽院と称し、
寺号を長谷寺(はせでら)と言い、
正式には豊山神楽院長谷寺という。
真言宗豊山派の総本山として、
また西国三十三観音霊場第八番札所として、
全国に末寺三千余ヶ寺、檀信徒はおよそ三百万人といわれ、
四季を通じ「花の御寺」として
多くの人々の信仰をあつめています。
-大和國 長谷寺HPより-

牡丹の時期ではないので
長谷寺までの参道も渋滞すること無く
スムーズに駐車場に到着できました♪
二輪車の駐車スペースも確保されているので、
ここ長谷寺はオートバイに乗り参拝するにも
とても良い環境が整っていました♪
入山料(参拝料)と御本尊大観音特別拝観券を購入し
仁王門をくぐります♪




【仁王門】
長谷寺の総門で、
三間一戸入母屋造本瓦葺の楼門である。
両脇には仁王像、楼上に釈迦三尊十六羅漢像を安置する。
現在の建物は明治二十七年(1894)の再建。
「長谷寺」額字は、後陽成天皇の御宸筆。
-大和國 長谷寺HPより-

仁王門をくぐると、
本堂へと続く長谷寺を象徴する『登廊』となります。
天井には「長谷式」といわれる風雅な丸い燈籠が吊されている。
石段の左右には、
約150種7000株の牡丹をはじめとする
四季折々の花が咲きます。


【登廊(重要文化財)】
平安時代の長歴三年(1039年)に
春日大社の社司 中臣信清が
子の病気平癒の御礼に造ったもので、
仁王門から本堂西側に建つ鐘楼へ至る
全長約200メートル(百八間)の屋根付きの階段回廊で、
三九九の石段が上廊・中廊・下廊の三廊に分かれ連なる。
下廊、中廊は
明治二十七年(1894年)再建されたものである。


【蔵王堂】
「中登廊」を登りきったところに、「蔵王堂」がある。
この「蔵王堂」のあたりに吉野山から虹が架かり、
その上を三体の蔵王権現が歩いて長谷寺までやって来たことから
この場所に尊像を祀っている。
蔵王権現は、
役行者が吉野・金峯山寺で修行中にお告げを得たという憤怒形の仏。
金峯山寺の蔵王堂に祀られている、
弥勒・釈迦・千手観音と同じ三体を祀る。

三九九段の登廊...。
一歩...また一歩と...
これまでの人生を見詰め直すが如くに登ってゆくと
意外に疲れることもなく本堂に到達となりました♪





【本堂(国宝)】
小初瀬山中腹の断崖絶壁に
懸造り(舞台造)された南面の大殿堂である。
正面(内陣)は桁行(間口)の柱間九間、
梁間(奥行)同五間の入母屋造本瓦葺で、
礼堂(外陣)は正堂よりやや低く、
桁行九間、梁間四間、正面入母屋造本瓦葺。
-大和國 長谷寺HPより-

いよいよ今回
長谷寺を訪れる切っ掛けとなった
『御本尊大観音特別拝観』となります♪
受付にて拝観時の諸注意を受け、
長谷観音さまとご縁を結んでいただくための
「五色線(ごしきせん)」を左手にはめて本堂へ入ります。

【御本尊大観音特別拝観】
普段は関係者以外立ち入りが禁止されている
本堂の中に入り、
10mを超える大きな観音さま(御本尊大観音)の
お御足(おみあし)に直接触れてお参り出来ます。
-大和國 長谷寺HPより-

そこは厳かで
張り詰めた空気感漂う異空間...。
「本尊十一面観世音菩薩立像(重要文化財)」を
仰ぎ見ると...その迫力に圧倒される。
現在の御尊像は、
室町時代の天文七年(1538年)に
大仏師運宗らによって造立されたもので、
像高三丈三尺六寸(1018.0cm)。
我が国で最も大きな木造の仏像であり、
その堂々としたお姿は
全国に広がる長谷信仰の根本仏像としての
威厳を十分に伺わせている。

拝観時に左手に結んでいただいた、
御本尊(十一面観音菩薩)さまとの縁を結びし証である
「結縁の五色線」を記念にいただきました。

最後に
西国三十三所巡礼をしている仲間が、
西国草創1300年記念事業の一環である
特別なご朱印を無事にいただき、
長谷寺拝観を終えました。

『西国三十三所巡礼』と『大和國 長谷寺』の情報は、
下記HPにて詳しく案内されていますので、
興味のある方はどうぞ♪
※西国三十三所巡礼の旅
※大和國 長谷寺

長谷寺参道で昼食をすませ、
国道370号線(伊勢本街道)==国道169号線(東熊野街道)とつなぎ、
道の駅「吉野路上北山」で休憩を入れ、
宿営地「下北山スポーツ公園キャンプ場」までのクネクネ道を
一気に走り切ります♪


pm2:30-
宿営地に到着♪

【下北山スポーツ公園キャンプ場】
下北山スポーツ公園キャンプ場は、
池原ダム湖の堰堤(110m)真下に建設されたキャンプ場で
清らかな空気と満天の星空、鳥の声と虫の音が心地いい...
心身ともに癒されるキャンプ場です。

テント設営前に、
仲間達の荷積み状態の撮影会となりました♪
☆のコメントは代表ヨッシーの勝手な感想です(笑)

代表:ヨッシーの積載。
☆一見すると雑(テキトー)とも思える積載なのだが、
30年以上に渡り日本を旅してきた経験が
漂っているとも...言えなくもない積載方法(笑)

三重ブロックリーダー:こじろうさんの積載。
☆コンテナBOXを利用した美しい積載。
物入れとしてはもちろんのこと、
机としても利用できるコンテナBOXは
ある意味では『キャンプツーリングの王道!』とも呼べる積載方法。
この姿に『憧れ?』を感じる
キャンプツアラーも多いのでは?

静岡ブロックリーダー:たこみさんの積載。
☆今回は刀ではなくDJEBELでの参加♪
コチラもコンテナBOX型の積載方法を採用。
積載面積の少ない
250ccのオフ車に美しく荷物を積載されています。
次回は刀での積載も期待しています。

今回のキャンプツーリングの主催者でもあり
三重ブロック倶楽部員:やっさんの積載。
☆CRF250Rのどこにこんなに積載能力があるの...と
不思議なほど美しくパッケージされた、
如何にもベテランキャンプツアラーと言える積載。
彼のキャンプスタイルは学ぶところが多く、
仲間で囲んだ
『焚き火台』も彼の拘りの道具のひとつなのです。

三重ブロック倶楽部員さんの積載。
☆最高速ツアラーZZR1400Rの理想とする
ロングツーリング仕様の積載。
走行抵抗を受けない様に
極限までキャンプ道具を露出させない積載方法は、
流石はロングツーリングのベテランと言える。
バランス良く均整の取れた積載は見事である。

愛知ブロック倶楽部員さんの積載。
☆Ninja900Rにツーリングバックを積載。
こちらも走行抵抗を減らすために、
キャンプ道具を全て収納しているのが特徴。
その分
ツーリングバックが大きくなってしまっているが、
銀マットまで収納しているのは驚きである。
多くのロングツーリングを熟し、
急な天候悪化に対しても巧く対応できているところに
経験が垣間見える積載といえる。

愛知ブロック倶楽部員さんの積載。
☆1100・1200とは違い積載方法(荷括り場所)に
少々難があるDAEGに
ツーリングバックを巧く積載されている。
ZRX1200DAEGでロングツーリングする際の
お手本となる様な積載。

愛知ブロック倶楽部員さんの積載。
☆荷締ロープやスパイダーネット等々を利用し、
荷崩れをさせないように安全に気を遣った積載。
車体から積荷を脱落させる様な積載は御法度!でもある
ロングツーリングにおいての、
基本に忠実な積載といえる。

愛知ブロック倶楽部員さんの積載。
250ccのオフ車時代からの経験が垣間見える。
こちらもベテランロングツアラーらしい積載。
こちらも積載に少々難のあるDAEGに苦労しながらも、
荷括りロープとスパイダーネットを巧みに使い
安全(積荷脱落防止)を最優先させた積載といえる。

元倶楽部員さんの積載(日帰り参加)
☆日帰り参加でキャンプ道具の積載は無し。
キャンプ場出立が午前0時を回り...
既に日帰りとは言えない様な(笑)キャンプツーリングを
いとも簡単に熟す彼のツーリングスキルの高さには、
毎度のことながら驚かされます。
翌日(当日ww)のお仕事は大丈夫だったのでしょうか...(汗)
諸事情で今は倶楽部から離れおられるのが残念ですが、
機が熟した際には是非また復帰して下さい。

pm3:00-
テント設営開始!
いつも何故だか競争の様になるテント設営も、
キャンプツーリングの楽しみだったりします(笑)
中心に広場を作る様にテントが設営されると...
雰囲気が盛り上がってきます♪

テントの設営が終り買い出しを済ませば...
お風呂の時間♪
仲間との裸の付き合いも
お泊まりツーリングの楽しみのひとつ♪
下北山スポーツ公園には
天然温泉施設「きなりの湯」が併設され、
疲れた身体を癒やすことができます。

※下北山温泉 きなりの湯
温泉施設のカウンターに置かれた
少し気味の悪い生物模型。

【ツチノコ共和国(村おこし活動)】
昭和63年、
夢とロマンを愛する人々を対象に企画した
ツチノコ探検のイベントが、
マスコミ多数の報道により「ツチノコの下北山」として全国に紹介された。
しかしながら、
珍しがりやのマスコミ報道を頼りに
参加者を募るツチノコ探検の継続は限界と判断、
「下北山=ツチノコ」という評価の定着と
新たなる発展(都市住民と山村住民の交流)のため
『ツチノコ共和国』を建国することとなる。
ミニ独立共和国は、
1980年代吉里吉里国や新邪馬台国を契機にブームとなり
以降全国で190カ国近く建国されましたが、
休国や廃国が相次ぎ...
現在活動しているのは50カ国以下となってしまいました。
ツチノコ共和国(下北山村)は、
ユーモアと遊び心を基本に
「村の活性化に寄与」することを目的に現在も活動しています。
※下北山村ツチノコ共和国
ツチノコ...の模型の横に、
何やら見慣れた物体が。

【Z.A.M JAPAN(ザム ジャパン)】
オートバイ乗りには馴染みがあるZ.A.Mさん。
お世話になっている人も多いのでは?
実はザム ジャパンさんは奈良県吉野郡下北山村に
事業所があるのです。
(本店所在地は大阪市港区)

日が暮れるまえに
各自で晩御飯の支度をはじめます♪
キャンプツーリングに不慣れな倶楽部員さんの為に、
今回は倶楽部として
「パスタ(ソースは各自持参)」を作りました。





皆でおかずをお裾分けし合うので、
二輪車を利用したキャンプツーリングとしては
意外に豪華な御食事となります♪
食事をしながら
道具(バーナー・クッカー等々)の話で盛り上がります。
これも自炊派キャンパー達だからこそのこと、
この道具があーだ・こーだとマニアックな話が
また楽しかったりします♪
そうこうして
日が暮れてくる頃...
仲間の持参した『焚き火台』にのせられた薪に
火がいれられます♪

最高の仲間達と焚き火を囲み
お酒が入ればもう...堪りません♪
この雰囲気を一度でも味わったらもう...
キャンプツーリングに確実に『ハマリ』ます♪
仲間からの差し入れ、
伊勢志摩サミットでだされた
鈴鹿のうまざけ『作(ざく)』をロックでいただきました。


【作(ざく)/清水清三郎商店】
需要が減少する日本酒業界の流れに逆らえず、
全盛期には6000石以上あった製造量も
一時は300石近くにまで減少してしまう。
そんな中2000年11月、
蔵元が生き残りを賭けて新ブランドをデビューさせた...。
それが
鈴鹿のうまざけ『作(ざく)』だ。
このお酒...作を「さく」と読ませず「ざく」と濁らせたことで、
後に蔵元が全く予想しなかった展開を迎えることとなる。
そう...
アニメ「機動戦士ガンダム」の中で、
ザクと呼ばれるモビルスーツが登場するのですが、
この「作(ざく)」というネーミングを聞いて
いち早く反応したのがガンダムファンであったのだ。
落語家・漫画家として活躍し、
同時に熱心なガンダムファンであった
雷門獅篭(かみなりもんしかご)氏が、
自身の漫画で「作」を紹介するなどすることで、
ガンダムファンの間で
「ザクという酒があるらしい」と徐々に
知名度があがっていったお酒なのです。
※清水清三郎商店

とある時刻...。

突然に今までとは時の流れが変わり、
先程まであれほど『バイク談議』に華を咲かしていた仲間達が
お気に入りのマグカップに注がれた珈琲を飲みながら、
ただただ焚き火からあがる炎を
食い入るように見詰めだします。
そして、
パチパチッと
時折薪の弾ける音ダケが辺りを支配すると、
ゆったりとした時の流れに包まれながら
キャンプツーリングの夜は更けてゆくのです。

6月11日(日曜日)
am5:30-
キャンプ場の朝は早い...。
焚き火台に残された夢の後を尻目に
モーニング珈琲を入れる為に
バーナーに火を入れると、
次々と
仲間達がテントから顔をだしてきては、
最高の笑顔を見せてくれます♪
朝の時の流れを楽しんだ後は
朝食==テント撤収==積み込みと
慌ただしく時が動き出しました。
巨大なダム直下という特異なキャンプサイト...。
出発前に記念撮影です♪






ラストは丁度通り掛かった方に
シャッターをお願いして、
仲間達全員が愛車の横に立ち記念撮影となりました♪

<2017年6月11日/奈良県吉野郡下北山スポーツ公園キャンプ場にて>

年に数回はキャンプツーリングが開催されます。
愛車の傍らにテントを張り一夜を過ごす...。
ランタンの灯りに映し出される
日常生活では決して味わうことのできない世界が
そこには広がっているのです。
キャンプツーリングに興味のある方は、
MOTO COMRADEに是非ご参加下さい♪

MOTO COMRADEでは
現在、倶楽部員を募集中です♪
私たちMOTO COMRADEのメンバーと一緒に
ツーリングを楽しみませんか?
参加希望の方は
MOTO COMRADE HPカテゴリー
『入会希望&お試し参加希望』に必要事項をご記入いただき
ご連絡下さいますようにお願い致します。
MOTO COMRADE倶楽部員一同
心より貴方の参加をお待ちしております♪
※MOTO COMRADE HP:https://www.moto-comrade.com/

MOTO COMRADEは走る事で日本を応援しています

 

ジャンル:
クラブ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クシタニコーヒーブレイクミ... | トップ | 7月定例ツーリングが開催され... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キャンプツーリングに参加して (コミナトミヨシ)
2017-06-23 06:42:52
今回は私ながら大失敗をしてしまい、皆様にご迷惑をおかけしてしまい、お詫びとお礼いを申し上げます(^_^)v
怪我の経過は良くてほとんど治りました😅ありがとうございました🎵
キャンプはヨッシ~さんの作ったスパゲティーが美味しくて大満足でした(^_^)vそれと皆様の足並みを揃えた行動で楽しいキャンプでした(^_^)v✌
また行きたい、ビャークに乗りたい、走りたいです(^_^)vありがとう😉👍🎶
お帰りなさいませ (ペン)
2017-06-23 10:11:06
うらやましい うらやましい うらめしい・・・
次のキャンツーこそは
なんとしてでも・・・
皆んなでキャンプも楽しいですね♪ (イトー)
2017-06-23 13:39:24
今回も雨天でキャンプは中止かと危ぶまれましたが、無事開催となり楽しめました。
ソロの場合は宿泊先としてキャンプ場を利用する事が多いのでずが、今回のように複数で行った場合は違った楽しみがあり、時として高級ホテルへの宿泊さえ凌ぐ、贅沢な時間を過ごせますね。
長谷寺の特別拝観も良い経験となりました(*゚▽゚)ノ
贅沢 (ちかぞー)
2017-06-23 21:41:58
blog upありがとうございます。
キャンプはバイクとの距離が近く、また仲間と
ゆったりとした時間を過ごせる事が最高の贅沢
であり幸せだと私はいつも感じます。
今回は無事に開催できた事、お天道様に感謝ですね m(__)m
ホムセン箱 (こじろう)
2017-06-23 21:46:25
満足してた大型ホムセン箱もミラーでの後方確認が出来ず、サイドバッグにもう少し小さなホムセン箱がベストかなぁ⁉とか考えてます💦
こんなことを繰り返し箱やらバッグやらがどんどん増えそうで怖い(笑)

一人用BBQコンロや焚き火台も気になって…

大型デビューから早2年‼夏は車検で資金がなくなりそうです…宝くじ当たらないかな🎵
Re:ちかぞーさんへ (ヨッシー)
2017-06-23 22:08:42
コメントありがとうございます♪

仰る通りで、
キャンプツーリングは仲間との時間の流れ方が
いつものツーリングとは違うのも魅力ですよね♪
開催が梅雨に掛かりましたので
最後まで天候が心配されましたが...
無事に開催できてホッとしました。
太陽さんに感謝ですね(^^)

Re:こじろうさんへ (ヨッシー)
2017-06-23 22:14:31
コメントありがとうございます♪

コンテナBOXは何かと便利なので
私も何度も使おうと考えたのですが...(笑)
小さなBOXにすると貧弱にみえますので
あまりオススメしません(汗)
後方確認は気合いの目視でお願いします。

キャンプ道具はハマると怖いですよ。
快適なキャンプを目指していたら...
知らない内に道具マニアになってたりしますからね。

私も欲しいものがてんこ盛り(笑)
物欲がとまりません(滝汗)
宝くじ...当選しないかなぁ。
サマージャンボで頑張ります!
Re:ペンさんへ (ヨッシー)
2017-06-23 22:22:26
コメントありがとうございます♪

嬉し、楽し、大好き...
とドリカムの様に今回のキャンプツーを
表現してみました(笑)
ペンさんが不参加で寂しくもありましたが、
うらやましい...と感じていただけることもまた
次回開催への励みとなります♪
ありがとう(^^)

とは言え...
ツーリング倶楽部は参加してナンボ!
是非次回は参加して下さいませm(_ _)m
Re:イトーさんへ (ヨッシー)
2017-06-23 22:30:11
コメントありがとうございます♪

数日前までは土曜日は雨との予報で、
コレは難しいかなぁと思ったりしましたが
無事に開催できてホッとしました♪

ソロとマス...
同じキャンプツーリングであっても
全く趣が違って楽しいですよね♪
ソロの経験がマスでも生かされますし、
マスの経験でソロが出来る様になる...。
どちらも相乗効果があるものです。

今回も経験豊富な皆さんに
良いお勉強をさせていただきました。
イトーちゃんも腕をアゲタね♪
感心することばかりでしたm(_ _)m

今回の長谷寺参拝で
西国三十三所観音巡礼にはずみが付くと良いですね。
記念御朱印もいただけて良かったですね(^^)
近場の札所ならお付き合いしますから
お気軽にお声掛け下さい☆⌒(*^-°)v
Unknown (kazuya)
2017-06-24 11:10:44
神社仏閣も好きだし、キャンプツーリングもしたことがないので行きたかったですが…。
(テント、シュラフ、マット等は一応持ってます)

今後は定例に参加できそうなので、これからに期待します(^^)

コメントを投稿

活動日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。