ぼくは行かない どこへも
ボヘミアンのようには…
気仙沼在住の千田基嗣の詩とエッセイ、読書の記録を随時掲載します。

7月30日(土)のつぶやき

2016-07-31 01:14:32 | つぶやきまとめ
海は大きい 湾Ⅲ2011~14から goo.gl/iB2NJ0 — 千田基嗣 (@motochida) 2016年7月30日 - 09:44 いよいよ梅雨あけですね。図書館も夏仕様に模様替えです。児童コーナーを中心に海の中をイメージしてみましたので、ちょっとだけご紹介。図鑑や児童書を参考にしたり、職員オリジナルで作ってみたり…と、ろいろ漂って?います。 pic.twitter.com . . . 本文を読む
コメント

海は大きい 湾Ⅲ2011~14から

2016-07-30 09:37:48 | つぶやきまとめ
海は大きい そして広い 空が晴れ渡って 白い雲が映っていたりもする   夕陽が光を映していたりする 太陽と一緒に出かけてしまったりする   海は大きい そして広い 船に乗ってどこまでも行く 向こうの大陸まで渡っていくこともできる 水や食料をたっぷりと積み込んで 船員を大勢従えて 帆柱に帆を上げて 風を待って 北西から吹いてくる吹き下ろす風を待って . . . 本文を読む
コメント

7月28日(木)のつぶやき

2016-07-29 01:14:05 | つぶやきまとめ
【和装キャンペーン】<写真撮影について>和装でご来場くださった方は全公演終演後、出演者と舞台上で記念撮影できます!撮影は鶴次郎役・大沢健、鶴八役・相澤まどか、竹野役・宮川浩の3人と! #鶴八鶴次郎 #和装キャンペーン — 演劇倶楽部『座』 (@TheaterClub_ZA) 2016年7月28日 - 11:56 気仙沼ニッティングの「メモリーズ」に向かう道です。緑の中、丘をのぼると海 . . . 本文を読む
コメント

7月27日(水)のつぶやき

2016-07-28 01:15:32 | つぶやきまとめ
#鶴八鶴次郎 の原文 鶴八(お豊)の描写で 「女でいながら先代に仕込まれた男勝りの立派な声柄」 というのがありますが 8/3初日の『座』の舞台に生演奏でご出演頂く、鶴賀伊勢吉さんの声が まさに、鶴八の【男勝りを立派な声柄】です pic.twitter.com/cSBJjHduiy — 相澤まどか(林千から) (@aimadoka) 2016年7月26日 - 02:06 今日、編み会夜 . . . 本文を読む
コメント

鹿踊りの継続

2016-07-27 01:07:48 | 2015年4月以降の詩
  どんどこどこどこ どんどこどこどこ どーんどん   どんどこどこどこ どんどこどこどこ どーんどん   山間いのたんぼのうねに 装束つけた男たちが勢ぞろい 刈り取りの後の切り株の枯れ田に飛び降りて 胸の太鼓をならして 頭の飾りを振り回す   どんどこどこどこ どんどこどこどこ どーんどん   たんぼは切り株 . . . 本文を読む
コメント

7月25日(月)のつぶやき

2016-07-26 01:13:44 | つぶやきまとめ
50年先のこと 片桐はいりの先生役を見て goo.gl/LfrmIU — 千田基嗣 (@motochida) 2016年7月25日 - 13:44 内田樹 困難な成熟 夜間飛行 goo.gl/HeZBbK — 千田基嗣 (@motochida) 2016年7月25日 - 14:44 私は良くできた案だと思いました。blog.goo.ne.jp/moto-c/e/23fc . . . 本文を読む
コメント

内田樹 困難な成熟 夜間飛行

2016-07-25 14:41:04 | エッセイ
 内田樹である。  2015年9月発行で、間もなく入手しているが、少し塩漬けしていた。いや、塩漬けというのは、内田氏が自分が書いた原稿を、書き終えてしばらく手元に置いておいて、その後見直して手直しを入れるその期間のことをそう表現しているんで、買って単に積んでおいたものを塩漬けと表現するのはそぐわない話だが。  ここ数年、内田氏の本は結構読んでいるんで、まあ、ちょっと間をおこうか、などとは考えて . . . 本文を読む
コメント

50年先のこと 片桐はいりの先生役を見て

2016-07-25 13:41:42 | エッセイ
 NHKの「とと姉ちゃん」を見ていて、片桐はいりが出てくると、泣けてしまう。  今朝のシーンの、戦後の現在の困窮した生活に同情して泣くのではない。  彼女が、女学校の教師として、その生徒たちに語った「原始、女性は太陽であった」という平塚らいてふの言葉、それを反芻するたびに泣けるのだ。  平塚らいてふから受け取ったその言葉を、教師として生徒に語り伝える。受け取った髙畑充希が、その言葉に育てられ . . . 本文を読む
コメント

7月24日(日)のつぶやき

2016-07-25 01:14:15 | つぶやきまとめ
なんか、NHKで、田中角栄、ロッキード事件の番組やってたけど、なんというか、田中角栄の亡霊を恐れている人々が、現在、どこかにいるのかもしれないな。いま、あえて、田中は悪であった、と再確認させたがるような人々が。 — 千田基嗣 (@motochida) 2016年7月24日 - 22:00 <辺野古訴訟>翁長知事が批判「民主主義国家からほど遠い」 okinawatimes.co.jp/ . . . 本文を読む
コメント

7月23日(土)のつぶやき

2016-07-24 01:14:21 | つぶやきまとめ
【あした7/23、13時半〜】小森瀬尾巡回展「波のした、土のうえ」の関連企画として「てつがくカフェ 朗読会『二重のまち』を読む」を開催します!瀬尾が書いたテクストを朗読、ミニトークの後、対話を通して考えるてつがくカフェを開催します。 pic.twitter.com/FV7VbFLPJx — seonatsumi (@seonatsumi) 2016年7月22日 - 23:49 【共感 . . . 本文を読む
コメント

詩集「湾Ⅲ2011~14」を巡っての思いもかけないできごと。

2016-07-23 22:23:03 | エッセイ
 今朝、とある方から、震災前の私の詩集「寓話集」を手元に置いて読んでいたのだが、津波で流されてしまった、と伺った。  大谷海岸のすぐそばで民宿を経営なさっていて、すべて流された、と。  「寓話集」は、2011年1月31日付で発行した私の第3詩集である。  彼女に贈呈したのが、たぶん、2月中だとして、震災は3月11日であるから、ほんの一か月ばかりの間であるが、愛読していた、というようなニュアン . . . 本文を読む
コメント

波 湾Ⅲ2011~14から

2016-07-23 20:58:52 | 詩集 湾Ⅲ 2011~14
光る海 晴れた日に青い空の下きらきらと輝いている海 静かな海   小さな波がいちめんに波だっている そのひとつひとつに 日の光が映っている   三方を海に囲まれた岬に立って 私は海を見ている 茫然と 呆然と 光る海を 光る波の集まりを 眺めている   おまえは何を考えているのか 何を思い出しているのか 問いかけられているかのように . . . 本文を読む
コメント

7月22日(金)のつぶやき

2016-07-23 01:13:06 | つぶやきまとめ
クレヨンハウス東京店で、黒川みつひろさんの恐竜絵本原画展が開催中です! 新刊『恐竜トリケラトプスとそこなしのぬま』の原画です。7月31日にはおはなし会&サイン会も♪ 詳細は bit.ly/29Sr39N pic.twitter.com/sL4LdvqzLH — 小峰書店 (@komineshoten) 2016年7月22日 - 13:24 沖縄県東村の高江集落が緊迫しています。国はオ . . . 本文を読む
コメント

7月21日(木)のつぶやき

2016-07-22 01:14:11 | つぶやきまとめ
稽古場ブログ更新致しました! 「鶴八鶴次郎のさらなる見所ポイント」 今回も、踊ってますよ!!! za01.com/sp/blog.html pic.twitter.com/xPsWPrv7He — 演劇倶楽部『座』 (@TheaterClub_ZA) 2016年7月21日 - 12:17 劇団新派の座付作家でもあった、川口松太郎の第一回直木賞受賞作【#鶴八鶴次郎】小説の原文のまま舞 . . . 本文を読む
コメント

7月20日(水)のつぶやき

2016-07-21 01:12:51 | つぶやきまとめ
壤さんの歩みと思想がコンパクトにまとめられています。 twitter.com/HaruhikoJo/sta… — 千田基嗣 (@motochida) 2016年7月20日 - 20:14 紀伊國屋書店横浜店さんで、「オリンピック・パラリンピック大百科」と「国際理解に役立つ世界の衣食住」を並べていただいています! 「オリンピック・パラリンピック大百科」は、国際交流の大切さを理解でき、オ . . . 本文を読む
コメント