ぼくは行かない どこへも
ボヘミアンのようには…
気仙沼在住の千田基嗣の詩とエッセイ、読書の記録を随時掲載します。

蟻雲蜂雲

2010-11-29 17:46:37 | ご挨拶
晩秋の 穏やかな快晴の空に たったひとつ浮かぶ 蟻のような雲 あるいは 翅のない 蜂のような雲 翅がなくとも ぽっかりと 悠々と 浮かんでいるから それでいいか それとも 仲間がないから さびしいか . . . 本文を読む
コメント (2)

薄明の

2010-11-23 21:59:45 | ご挨拶
西の山並みが 沈んだばかりの太陽の 未だ残る光に照らされた 西の空に 暗く沈んだシルエットとして浮かび上がる ごく薄い水色がかった白い空を背景に 薄明は 美しい とひとは言う 見上げると 東南向きのごく高いところに 白いうろこ雲の隙間から 一番星が光っている 東の空は まだ青い もうすぐに暗くなる 束の間の猶予のとき 東の空の下 観音寺の銀杏の黄色い葉 つい先日まで青々とした銀杏の葉が . . . 本文を読む
コメント

表と裏

2010-11-21 22:39:58 | ご挨拶
情報の大半は 表 にある まずは 表 をしっかりと読む こと 裏は 表があって初めて存在しうる その逆 ではない 裏 を読むことも大切だろうが まずは 表 をしっかり見ること 建前をしっかりと把握すること 事象の把握に 裏を見ることも役に立つし 理解に深みを与えるが 表なしには 裏はない 裏話 裏情報 噂 好きも世の中多いが 惑わされてはいけない 表の筋をきっちりつかんで初めて 全体の構 . . . 本文を読む
コメント

2010-11-21 00:19:08 | ご挨拶
今朝 職場の四角い窓から さっさっさっと掃いたような 絹雲 雲の隙間が くの字やんの字やXの字に残る 昼ころ 職場の四角い窓から 絵本に出てくる雲 雲らしい雲 積雲 ぽっこりと 浮かぶ 午後には 雲が晴れ やや霞がかった 水色の青空 雲は 風に流され 遠くに飛んで行った あるいは 雲散霧消した 何事の不思議もない フシギ . . . 本文を読む
コメント

紅葉が美しい

2010-11-19 23:10:36 | ご挨拶
今年は紅葉が美しい という 暑かった夏と秋との寒暖差が大きく 十一月に雨が多かった ことが幸いしている のだろうと 専門家が言う 今年は紅葉が赤く美しい とひとは言う 私も友と語らって 紅葉を求めて山の端を訪ねたい 紅葉の山は美しい 紅葉の里も美しい さて 紅葉はどこにあるか どこに行けば 美しい紅葉に出会えるか ところで 私の家の庭に 紅葉の落葉が吹き溜まっている この葉は 何処から落ち . . . 本文を読む
コメント

夕刻の光

2010-11-15 22:53:19 | ご挨拶
夕刻5時前 午睡の後 庭に出ると 川向かいのクリニックの 薄黄緑の壁面や 農協のくすんだ白い壁面 家々の北向きの壁面が 妙にくっきりと浮かぶように見える 既に 西の山なみの 稜線から落ちた 見えない西陽が かすかに壁面を照らして 映画のCGの背景のように 芝居の書割のように 実在が虚構のように見える すでに光が光とも見えないような 壁面をかすかに照らすことによって まだ 光が残っているこ . . . 本文を読む
コメント (2)

あの頃

2010-11-12 23:53:51 | ご挨拶
あの頃には もう 帰れない あの頃って いつ だっけ? あの頃はあの頃 人生が いちばん輝いていたあの頃 に決まっているじゃないか セヴンティーンの十七歳 番茶も出花の十八歳 成人式の二十歳 卒業写真の二十二歳 その頃かなあ? 初恋の頃 恋愛が始まる頃 結婚前の頃 子どもが生まれた頃 その頃かなあ それはひとそれぞれ 特定しちゃいけない ひとが 何とでも想像できるように ぼやっと 曖昧 . . . 本文を読む
コメント

灯が見える

2010-11-02 23:03:54 | ご挨拶
川を挟んだ向こうの丘の 教会のあたりに 明るい灯が見える 周りの街灯は 青みがかった白 その中に ひときわ明るく 暖色系の オレンジがかった 灯が ひとつ見える 右手に高く ラジオの放送塔の 縦に並んだ 二つの赤い灯 真っ赤な灯 あの教会の丘の たったひとつの オレンジがかった明るい灯は 昔ながらの電球のように ほのぼのとはせず 団欒を想わせず 強く光っている 神の高みを求めるように . . . 本文を読む
コメント

エンジン音が

2010-11-01 00:19:38 | ご挨拶
2キロメートルほどの距離の ここからは見えない 丘の向こうの港から 漁船のエンジン音が響いてくる 夜 サンマ船の季節は 毎夜 聞こえてくるものだが 今年は 今夜 初めて気付いた かすかに というよりは強く うるさいとまでは行かず この季節を告げる この街の音 そして 夜空を照らすサーチライト 丘の向こうの空を 何ものか探すように 漁場では 魚群を探すか 障害物を照らす役割があるのだろうが . . . 本文を読む
コメント