gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

30年に1度以下の異常気象=「北極振動」で北半球に猛寒波-気象庁検討会(時事通信)

2010-03-08 21:45:33 | 日記
 米国、欧州などの記録的な大雪や低温について、気象庁は3日、異常気象分析検討会(木本昌秀会長)を開き、北極圏と中緯度地方との気圧の変動(北極振動)が非常に大きかったためなどとする結果をまとめた。
 木本会長は「30年に1度以下の頻度でしか起きない異常気象と言っていい」と述べた。中国や韓国も記録的な大雪を観測したが、日本は暖冬になりやすいエルニーニョ現象が発生しているため、寒気の影響を受けにくかったとしている。
 気圧が北極圏で高く中緯度は低い場合を「負の北極振動」といい、中緯度地方に寒気が流れ込みやすくなる。偏西風の蛇行が非常に大きかったことや、成層圏の気温が突然上昇する現象の発生といった条件が重なり、負の状態が例年になく長く持続したという。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

<国後沖規則違反事件>通信切り操業は銃撃船含む15隻(毎日新聞)
元「派遣村」村長、湯浅・内閣府参与の辞表受理(読売新聞)
「大島幹事長の顔怖い」自民懇談会で不満(読売新聞)
普天間、県内なら謝罪を=自民・大島氏(時事通信)
ひき逃げ容疑で逮捕したら…別の事件も発覚(産経新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <大学入試調査書>29人分... | トップ | 政治家の監督責任強化に意欲... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。