モタ爺の 山・旅 大好き Orange days

山を始めて56年、後期高齢生活を満喫する山と旅のブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リベンジ 別山

2017-06-16 20:43:03 | 山歩き・登山

6月14日、梅雨なのにさわやかな晴天が続くので、登りがいのある霊峰白山の別山(2,399m)へ行ってきました。
往復約17km、累積標高差1,600m、コースタイム10時間15分というので気合を入れて登らなければなりません。
結果的には、34,000歩、歩行時間は10時間を切りましたが、何より一日中晴天で景色も花も十分楽しんで行ってくることができました。
去年の8月に、時間切れで途中敗退したので今回リベンジを果たすことができました。
今年一番いい山でしたね。

 詳しくは、 山行記 『別山』 をどうぞ。

(1)早朝、まだ薄暗いうちに出発


(2)三ノ峰避難小屋から見る別山   右奥の山は北アの穂高連峰


(3)三ノ峰山頂(2,128m)から別山の全容を見る


(4)別山平から正面に見る別山と左には白山


(5)御手洗池から別山を見上げる   本来なら池面に別山の姿が写るのだが、まだ雪に覆われていてダメ


(6)どこまでも青い空のもと、別山山頂を独り占め


(7)別山山頂から目の前に見える霊峰白山   


(8)別山山頂から登ってきた稜線を見下ろす   左の山が三ノ峰、右の丸い山が別山平


(9)行程図



ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪と見紛う白砂と絶景眺望 ... | トップ | ロシアへ (1)モスクワ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い!!! (毎日日曜大工)
2017-06-16 21:53:07
いつもながら、凄いですね~!!!
2400m、3400歩、10時間!!!
高い山だと、空の青さが濃いですね!!!!!
タフな山行 (仁べえ)
2017-06-16 23:25:46
6月とは思えない、爽やかで清々しい天気でしたね。
汗もそんなにかかずに済んだのではないでしょうか。
年とってますます元気になるという言葉は、まさにモタさんそのものですネ。
下りに強いモタさんが羨ましいです。
健脚 (猫親父)
2017-06-16 23:28:51
此方の方が画像が大きくて見やすいですね。
それにしても白山別山までの日帰りピストンとは、健脚ですね。
恐れ入りました。
毎日日曜大工さんへ (Mota)
2017-06-17 08:26:24
岩場やザレ場が連続すると苦労しますけど、この山は大丈夫です。
距離は長いですが、登山道は整備されて歩きやすくなっているのです。
確かに、上に行くと空の深い青さが実感されますね。
猫親父さんへ (Mota)
2017-06-17 08:29:37
確かに三ノ峰までの人が多いようですね。
私は昨年三ノ峰の少し先まで行っているので、コースの状況が大体わかっていました。
歩きやすい登山道なので足への負担が少ない山だと思いますよ。
仁べえさんへ (Mota)
2017-06-17 08:32:23
山頂では1枚羽織るほど涼しい1日でした。
真夏だったら暑さでばてたかもしれませんね。
いい道なので下りは楽ですよ。
Unknown (好天続きですね)
2017-06-17 13:46:39
梅雨時期だというのに、毎日さわやかな晴天が続きますね。その晴天を逃さず、チャレンジされて、素晴らしい山登りとなり、さすがはMotaさん、天気と景色が応えてくれましたね。
夏の花が咲きだしたら、仁べえさんに連れて行っていただけるそうで、今から楽しみにしています。
モタさんへ  (温泉ドラえもん)
2017-06-17 16:14:49
 いやあ~、この時期の雪渓の残る高山は綺麗ですねえ。そのうちに高山植物の咲き誇る絶景に変化しますねえ。
よっちゃんさんへ (Mota)
2017-06-17 21:14:31
梅雨とは名ばかり、さわやかな好天を見逃す手はないと急遽行ってきました。
花の山ですから、7月になればしっかりたくさんの花が迎えてくれますよ。
出来たら別山までどうぞ。
温泉ドラえもんさんへ (Mota)
2017-06-17 21:16:36
はい、しっかり雪が残っていました。
さすが白い山で知られた白山山系ですね。
この山は花の多い山としても有名です。

コメントを投稿

山歩き・登山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。