ばいくのりのクライマー

仕事のあいまにクライミングなんて生活は嫌だ!
クライミングのあいまに仕事でしょう。

剣岳<点の記> 新田次郎   登ってはならない山

2007年07月31日 | Weblog
古本屋で新田次郎の「剣岳<点の記>」を見つけたので読んでみた。
この本は、日露戦争直後、前人未踏といわれ登ってはいけない山と恐れられた北アルプスの剣岳山頂に三角点埋設の至上命令を受けた測量官の話。

この小説を読んで、改めて人が登った事のない前人未踏の山の難しさを思い知らされたな。
今では、一般ルートとしてじじばばやナマケですら登れる山になった剣岳だけど、整備される前はその一般ルートすら不可能とされていたとは!
剣岳の源次郎尾根にしても、トポがあるから安心して突っ込めるし登れたのだけど、この先どうなっているか分からない状態では、精神的にも登れないよな。
あえて前人未踏のルートに近い経験といったら、

ルートを間違った時か道に迷った時くらいだもの。

それでも、かなり怖かったですよ。
なかなか面白い本なので、是非読んでみて下さい。

剣岳の記録はここをクリックしてね。



■前人未踏 登ってはならない山だった剣岳も、今ではイチゴオーレを持って登れる山になってしまった・・・・。



■こんなところでも、整備されているから渡れるが鎖がなかったら当然渡れません。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

骨折しているのに、ディープウォーターソロ! 7/29 

2007年07月29日 | Weblog
今日は、三崎付近の穴場でディープウォーターソロ大会&ケリーのお誕生日会。
メンバーは、総長&グレ、スガサダさん、ケリー、ウッチー、mot。



■こんなに天気いいのに、海にいるクライマー。



■ケリーお誕生日おめでとう

先ずは、バーベQで腹ごしらえ。
炭をおこしている間ちょっと釣りも。
今日も潮がいいみたいで、海タナゴがすぐにヒット。
釣りたての海タナゴも早速食べてしまいました。
その後、スガサダさんが黒ダイ釣りあげビックリ。
ここは、やはり釣れるんだな。



■海タナゴ

バーベーQは、総長が用意してくれた肉がうまくて、食いまくってしまいました!
総長準備ありがとうございました。


その後は、80m位沖の防波堤まで水泳大会。
皆さん泳ぎが達者ですね。
この防波堤は高さが6mくらいあるのだけど、何と側面が登れるんですよ。
早速皆で登ってみました。
ガバカチとスローパーの組み合わせで、グレードでいうと6級位。
上まで登って、ダイブ。
飛び込んでみると、結構空中にいる時間が長いのにビックリ。

ケリーが、変な提案言い出す。
「この、防波堤の側面を皆でトラバースしてみようよ。」
皆目が点です。
だって、軽くみても100m以上あります。
それでも、何だかんだ言いながらも、皆やり始めるんだなこれが。
先ずは、スガサダさんが60m付近でギブアップして上に登ってしまいリタイヤ。
俺も、60m付近で海に落ちてしまいました。
言いだしっぺのケリーだけ完登。
さらに、そのまま戻るという出す始末。
結局、ケリーは220m位トラバースしてしまいましたよ。
流石ですね。
この遊び結構トレーニングになるし、こういうのも楽しいので、また来ようかと盛り上がり、今日は終了。





Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

交通事故・損害賠償交渉4 7/28 全損事故補償金ごっそり作戦決行!

2007年07月28日 | Weblog
お見舞いに「完全総括 SM手引き書」なる本を送ってくるような、同僚を持つ不幸なクライマーをご存知の皆様こんにちは。

この本には色々な

ロープワーク

が載っていました。
異性のパートナーとクライミングする時やマルチピッチの時役にたつと思いますので、欲しい方がいらっしゃいましたら差し上げます。
毎週、違う異性と山に行くZCCエロNo.1のはっしーさんいかがでしょう?
そろそろ夫婦生活に刺激がなくなってきた、奈良のコ○家にも、ピッタリではないかな?
あっ!現在熱烈恋愛中のJ-Wallのカッパまきにもいいかも。
これで勉強して、「もう、かっぱの体無しじゃ生きられない♪」位彼氏に言わせて見たら?

さてエロい前置きはさておき、ここからが本題です。

■問題の整理

自動二輪車が経済全損になった。
その損害賠償額を保険会社は、査定基準の本から60万程度とした。
しかし、事故当時における同一の車両の一般市場における取引価格の平均値は、75.5円であった。
この、差額を認めさせる方法はないだろうか?

■補償金ごっそり作戦(作戦番号3)

先ず、保険会社の事故調査委員に査定の根拠の説明をさせた。
その説明内容の要約は次の通り。

・事故車を確認に行った所、フレームが折れており明かな全損と認められた。
・一般的に損害賠償額は、損害賠償査定基準(通称赤本)から算出した。

なんか、納得できる説明ではないですか。
それでは、それで示談しましょう。


とはならないんだよ!


■攻撃1

「見ただけで全損?裏づけとなる見積もりも無しに決定したのですか?」
「裁判所から、経済全損の裏づけの説明を求められた時、経験値ですと説明するつもりですか?」
これに対する回答が、
「バイク屋さんと一緒に話して決めた。」
「バイク屋さんが、見積もりしなくても全損だねと言った。」
事故担当者はなんとか、責任回避しようとバイク屋のせいにしようと必死。
しかし、次のとどめの一言で撃沈。


あんた、「明らかに全損だから、見積もり入りませんから。」とバイク屋に言って帰っただろう。

ぐうの音も出ない状態でした。
ここまで追い詰めると、人間はポロポロ嘘をついたり訳のわからないことをいいだすんだよ。
そして、この論点最後の攻撃
「日○興和損保では、いっもこういうやり方で、業務を進めているのですか?」
ここまでくると、完全にパニックになっていて時間の無駄なので終了。

■攻撃2

「ところで損害賠償額は、損害賠償査定基準(通称赤本)から算出したと言われましたけど、俺と同じ型式のバイク乗ってないのではないですか?」
これに対する回答
「えっ・・・。同じ形式のA型バイクはなかったのでB型から推測しました。」

そうなんですよ。
俺のバイクは、2000年モデルだから古すぎて同じ形式のは記載がないのですよ。
そこで、この一言。
「それでは、B型の査定金額からどのような、計算式で賠償金額を計算されたのですか?まさかまた経験値とか言わないでしょうね?」
またもや、ぐうの音も出ない状態。

一般的には物損の補償交渉は、怪我が完治するころにされることが多いので、保険屋の方も全然調査してないのだろうね。
まだ、事故から5日目だからね。

いい女と保険屋には、速攻ですね♪

今回は、この2段攻撃で終了としておきました。



■my愛読書。 手前の右から二冊目の判例タイムスは絶版品なんだよね。
Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

交通事故・損害賠償交渉3 7/27 全損の壁。

2007年07月27日 | Weblog
しかし、困った。
全損でバイクの補償金をもらっても新しいバイクが買えない。
人から勝手に物を壊されても、同じ物が買えるだけの金額を補償してもらえないとは・・・・。
本当は、
「お前が壊したのだから、同じもの持ってこい!」
と言いたい所だが、民法で補償は金員で補償すると書かれているから無駄だし・・・。
何かいい作戦ないかな?
題して
「補償金ごっそり作戦」
て作戦名は思い浮かぶのだけどね。

■今回のケースの説明
KAWASAKI ZX-12R '00年モデル シルバー

①一般市場での取引価格:62万~88万円
インターネットで同形式、同色の車両を56台調査。
重複データが18台あったので、有効38台
平均取引価格 75.57万円

③保険会社補償予想額 60万円(←バイク屋さん情報)

これっておかしくない?
一般市場で取引されている平均価格より下回る金額とは・・・。
少なくとも、平均価格以上はもらわないと納得出来ない。
これを納得させる理論武装考えなくては。



■同形式車両の取引状況を簡単なグラフにしてみました。
・金額(青)、走行距離(赤)、車検残存時間(黄色)
データの大きさを揃えるため車検の残り期間を時間に変換したりして、見やすくしました。

このグラフから考えると、
①金額と走行距離は、比例していない。
②金額と残車検期間も比例していない。
これの結果から考察するとバイクの価格は、バイクの状態=綺麗かどうかが価格決定の重要な要素だ。
これは、なかなか面白い結果だった。
バイクもおねいちゃんも日頃の手入れが大切!
という事だな。



Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

交通事故・損害賠償交渉2 7/26 過失割合交渉の結果。

2007年07月26日 | バイク
クライミングが出来ないので、バイクネタだけになってしまってますね。
でも、「バイク乗りのクライマー」ですから。

怪我人は暇なので、保険会社の方に来ていただいて暇つぶしの相手をしてもうらう事に。
来たのは、60過ぎのおじいちゃんの物損事故調査員。
俺のリクエストは、30前後のボン、キュン、ボンのおねいちゃんだったのに。

さて、前回のブログに書いた作戦の結果は。
■作戦1 「ちゃんと調べてこいよ!」作戦。
この作戦は、調査員の調査内容を説明させ、調査不足の箇所を徹底的に攻めて、弱みを握る作戦でしたが、そもそも、事故状況じたいあまり論点となる点がなく不発。
さらに、BLOG用に撮った写真があるから事故状況について、ほぼ議論無しでした。
そして、事故後に加害者に電話をした時、毎回かなりのボリュームで音楽を聴いている事実を指摘。
これにより、加害者が安全運転への配慮が少なく接触事故にも気づかなく、事故の被害が拡大したと認めさせた。

それにより過失相殺は、
100:0
になりました。

作戦2の「ちゃんと計算しろよ!」作戦は、次回に持ち越しになりました。
次回、ブログをお楽しみに。

Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加