たこ焼き頭:加倉井義忠の言いたい放題!一級さん(^O^)

父が酒乱でDV、中学でイジメ、不登校、高校も1年遅れて進学。落ちこぼれと優等生を経験。経験から指導!妻娘1人ずつ。

伴侶を守れるのは伴侶だけ!

2017-02-24 08:04:12 | 日記
娘が反抗になると急に父親を特別視することは当たり前のことです。

ただ、そのパパが働いてくれるから、必要なものが買えたり、家に住めたり、お小遣いだって!

働きもせずギャンブルや不倫ばっかりだったら責められても仕方がありませんが!

一生懸命に家族のために働いているパパに対して「パパの風呂のあとは気持ち悪い」とか「洗濯物を一緒に洗うな!」とか、父親の存在意義や人格までも否定するようなことを息子や娘が言い出したら、母親が毅然として厳重注意するべきです。

母親も一緒になって父親を馬鹿にしていたら・・どんな結果になっても文句は言えないでしょうね。

逆もあります、ママを擁護できるのもパパの使命です。伴侶を守れるのは伴侶だけです。

これがいい加減だと夫婦の信頼関係にも修復困難な大きな溝が生まれます。

伴侶に対する家族の悪態を放っておいたら、心傷ついた相手から離婚を切り出された例も珍しくありません。

私は、幸いにも娘の反抗期にはそこまでの扱いは受けずに済みました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みんな持ってるよ! | トップ | 勉強させるための大人の勝手な嘘 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。