MOSS TOKYO

多く読み、たくさん転がす

大統領の残量→0

2017-01-25 19:54:56 | 社会・経済

おまけに、雑巾がけもしたことない新参者が老舗の幹部押しのけギクシャク事業展開。

創業主の抜けた帝国からも、黒煙がチョロチョロ上がり始めて(ボディーブローが効

いて)・・・残量→ゼロ。

80、90年代の我らが問屋街、商業施設の身近に出会ったドン、創業者--大統領も

商店主も、導火線は同じようなもんだろ--一族の末路と同じ。イエスマン縁者策士業

師銀行が、よってたかってグッチャグチャにして点火破裂粉砕。

なかには世代交代を知らず迫られず、世紀をまたいで<居飛車穴熊>悠々TOPして

る旦那がひとり二人三人。番頭特上、部下優等、運も吉、後継者もなかなかの「百ま

で現役、か?・・・残量はともかく、疲労度消耗度はゼロであってほしい。

激しい思い込みと好き嫌いの感情は突出した(良し悪し性格はともかく)人物の特性

らしい。町の商店主も大統領もいっしょくた、斜に眺めてしばらくつついて週末には

興味半減→縮小、終息→0。

 

ジャンル:
社長
この記事についてブログを書く
« 大統領の残量 | トップ | 大統領の残量→FIN »