MOSS TOKYO

多く読み、たくさん転がす

終点Samrong

2017-05-20 19:42:03 | 社会・経済

看板がない、らしきものも見当たらないChaiwiwat Supermarket。

土着の人しかいない買わない冷やかさない雑居市場。こもり切った

熱気(のどカラカラ)と、お馴染みの澱んだ生臭さがまとわりつく

大天井の建物。消耗して午後は掛け声なく活気なく空っぽ。

その周辺の店も、流行から遠く一流品皆無。貴金属店の店頭を塞ぐ、

雑貨ばら売り焼鳥屋台アクセサリー露店。ここら全部がだるく終日

倦怠感のどつぼ。トゥクトゥクだけが小回り効かせて路地を走る。

 

*吹き溜まりが好きだ。

商圏1番、ダントツ突出の大型店:Imperial World Samrong 

ここだけは明るくこざっぱりと都会的///地元民のハッピーな非日

常空間、茶店もフードコートも盛況満席。

でも、やっぱり吹き溜まり、お城の開口部には、都心では見かけ

ない現実:いたたまれない残酷な不運が静止したまま・・・。

 

ジャンル:
環境
この記事についてブログを書く
« 歌舞伎町の鬼がら焼き | トップ | 流し目効くぜ  »