広島大学こけボランティア自習帳

コケの上にも三年目

生態実験園 Sematophyllum subpinnatum 生育環境

2006-10-25 | 野外観察

タカサゴキリゴケの生育環境


木漏れ日がよくあたっている樹幹の上で生育している。
写真に写っている最も長い蒴柄の長さは、約8mm(蒴を含めると約1cm)。


東広島市・気候 -Wikipedia


この記事をはてなブックマークに追加

生態実験園 Sematophyllum subpinnatum

2006-10-25 | 野外観察

               タカサゴキリゴケ

乾燥している状態。
葉の色は黄緑色。
枝先は尾のようなかたちに起き上がる場合が多い。
写真中の最も長い蒴柄の長さは約8mm。


この記事をはてなブックマークに追加

Pseudotaxiphyllum pohliaecarpum 無性芽

2006-10-11 | コケ図鑑・ブログ編

                アカイチイゴケ


この記事をはてなブックマークに追加

生態実験園 Pseudotaxiphyllum pohliaecarpum

2006-10-11 | 野外観察

               アカイチイゴケ


陽もあたっているが周囲の樹木の影もおちているような場所の
土の上で、平らなマット状に群生している。

赤紫色に色づいている場合は見つけやすい。


この記事をはてなブックマークに追加

Kindbergia arbuscula 中肋背面先端

2006-10-11 | コケ図鑑・ブログ編

                キブリナギゴケ


中肋背面の先端部は刺状になっている。


この記事をはてなブックマークに追加

Kindbergia arbuscula 樹状

2006-10-11 | コケ図鑑・ブログ編

               キブリナギゴケ


一次茎は着生基物上を匍匐するが、二次茎は立ち上がってさらに枝を出し、
樹状の姿になる。


この記事をはてなブックマークに追加

生態実験園 Kindbergia arbuscula 生育環境

2006-10-11 | 野外観察

 キブリナギゴケの生育環境


せせらぎ沿いの岩上に生えている。


この記事をはてなブックマークに追加

生態実験園 Kindbergia arbuscula

2006-10-11 | 野外観察

                キブリナギゴケ


この記事をはてなブックマークに追加

生態実験園 Calliergonella cuspidata 生育環境

2006-10-11 | 野外観察

ヤリノホゴケの生育環境


湿地の土の上に生えている。


この記事をはてなブックマークに追加

Calliergonella cuspidata (乾)

2006-10-11 | コケ図鑑・ブログ編

                ヤリノホゴケ


枝先がまっすぐにとがっている。特に乾燥状態では、全体がツンツンとした外観になるのでわかりやすい。


この記事をはてなブックマークに追加

生態実験園 Calliergonella cuspidata (湿)

2006-10-11 | 野外観察

                ヤリノホゴケ


この記事をはてなブックマークに追加