sumon2zkyのブログ

Coming Soon!

GoogleのDaydreamに初対応! VRスマホ「ZTE Axon 7」日本発売日は?スペック、価格も!

2016-10-08 17:31:13 | 人気スマホ

今秋日本上陸!VRスマホ「ZTE Axon 7」はどう?

2016年5月26日、ZTEは中国・北ので新製品発表会でZTE AXONシリーズの2世代目のモデルVRスマホ「ZTE Axon 7」を発表した!そして、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」に初めて対応させたことがZTE Axon 7の大きな特徴となっている。そして5.5インチのWQHD高解像度ディスプレイとSnapdragon 820を搭載、RAMは最大6GB対応、背面カメラが光学手振れ補正付きの20MPで、3250mAhのバッテリーは急速充電が対応の超ハイスペック。ではこのVRスマホ「ZTE Axon 7」は2016年ほかの人気機種と比べ、どれだけ競争力があるのか?ZTE Axon 7を購入する必要はあるか?次はZTE Axon 7スペックや特徴、ZTE Axon 7 日本発売日や価格などの最新情報をお届け。

ZTE Axon 7基本情報一覧

ZTE Axon 7特徴

ZTE Axon 7日本発売日、価格

VRスマホ「ZTE Axon 7」基本情報一覧

 

ハイスペックVRスマホ「ZTE Axon 7」

サムスンフラッグシップモデルGalaxy S7と同じプロセッサQualcomm Snapdragon 820が搭載され、メインメモリも4GB/6GB、RAM6GB、ROM128GBというモンスター級のスペックを搭載しているから、ZTE AXON 7の処理能力は今までのモデルと比べかなり高そうな感じがする。そのほかGoogleのスマホVRプラットフォーム「Daydream」の対応、強化されたサウンド機能やカメラそして美しい高級感のあるボディ、ZTE Axon 7 日本発売日はまだ不明が、この機種に向けて期待はどんどん高まってきている。

mt-www-0922-01.jpg

ZTE Axon 7 スペック詳細:

・ディスプレイ・サイズ:5.5インチ / 解像度 WQHD (2560 x 1440)、 75×151.7×7.9mm(175g)

・カラー:ゴールド / シルバー / グレー

・OS:MiFavor 4.0(Android 6.0ベース)

・CPU:Snapdragon 820(2.15GHz、クアッドコア)

・メモリ:6GB/4GB

・RAM + ROM:(4GB + 64GB) / (6GB + 128GB)

・バッテリ:3250mAh (QuickCharge 3.0)

・カメラ:メインカメラ : 2000万画素(オートフォーカス、F/1.8、デュアルLEDフラッシュ) インカメラ : 800万画素

・指紋認証:

・microSD:microSD (最大128GB)

VRスマホ「ZTE Axon 7」特徴となる点は?

ZTE Axon 7 Daydreamに世界初対応

mt-www-0921-01.jpg

ZTE Axon 7の大きな特徴は、GoogleのスマホVRプラットフォーム「Daydream」の対応。Daydreamとは、VR体験を向上させるために、「スマートフォン」「ヘッドセット&コントローラー」「アプリ」の3つに取り組んでいるVR向けのプラットフォーム。Googleは2014年のGoogle I/Oで段ボール製のVRヘッドセット「Cardboard」を発表しましたが、CardboardでできることはOculus RiftやHTC ViveといったハイエンドのVRヘッドセットと比べると限界があったのも事実。Cardboardの快適性・リッチなインタラクティブ・没入感を向上させようと考えられたVRプラットフォームの「Daydream」。

ZTEはAXON 7の発売に合わせて、VRゴーグルを開発するVRSEEN社との協業により、AXON 7向けのVRヘッドセット「ZTE VR」を提供する。ZTE Axon 7 Daydreamの対応は、Samsungの「Gear VR」のように、スマートフォンのAXON 7をZTE VRに装着することで、快適なVR体験を実現できる。

【VRとは?】3分でわかる!VR特徴|VR利用例|VRとARの違いなどを徹底解説

ZTE AXON 7のカメラ

前機種「AXON elite」の特徴となったデュアルカメラ機構はZTE Axon 7で1つに減少したが、AXON eliteのアウトカメラは1300万画素と200万画素であったのに対し、AXON 7は2000万画素となっている、性能は向上している。レンズもF値は1.8で、明るいものを採用しているので、暗い場所でもものを明るく撮影できるほか、位相差オートフォーカスを採用し、ピント合わせも素早くできる。そして手ブレ補正は光学式と電子式二つが備えているから、明るい環境であれば十分綺麗な写真撮影ができている。iPhoneのように、写真を撮影すると前後の動画が撮影できるLive Photos機能も搭載されている。

2016人気カメラアプリおすすめ~iPhone、Androidともに対応!

VRスマホ「ZTE Axon 7」サウンド機能が強化!

AXON 7の大きな特徴の2番目がサウンド機能。ZTE Axon 7の発表会会場には、世界的に活躍するピアニストのラン・ラン氏(左)の登場はAXON 7の音質の高さを認めた。AKMのHi-Fi対応チップセット「AK4961」に加え、ソニーのリニアPCMレコーダー「PCM-D100」にも採用されている「AK4490」を採用しているから、ほかの機種と比べ、一層の高音質を実現できる。またZTE Axon 7は、Dolby Atmosに対応したデュアルスピーカーを本体前面の上下に配置しているから、7.1チャンネルのサラウンド効果で立体感のあるサウンドが楽しめるなど、音に強いこだわりを持って設計されているのが分かる。

ZTE AXON 7のデザイン

ZTE AXON 7のデザイン設計はBMWのグループ会社のDesignworksと協力し、マットな触感のボディーで高い質感を得られるとともに、2.5Dガラスを取り入れたり、背面や側面にラウンド感を持たせたりするなどして、高級感がありながらも手になじみやすく、使いやすさに注力したデザインとなっている。そして画面にはAMOLEDという有機ELディスプレイが採用され、画面サイズが5.5インチで2K(1440×2560ピクセル)の解像度を持っている。おまけに全体的に丸みを帯びた本体の形状、淡いゴールドを基調とした色合いなど、落ち着いた印象を持ったデザインは他社のスマートフォンと異なる印象を与えてくれる。

HUAWEIフラグシップモデルHUAWEI P9レビュー・HUAWEI P9口コミをチェック!

ZTE AXON 7日本発売日と価格は?

2016年5月に発表されたVRスマホ「ZTE Axon 7」は最初に中国と北米に投入される予定で、 その後、各地域で順次展開国が拡大している。そしてZTE Axon 7は今秋日本でも発売するらしい。しかし、名称はAXON 7ではなく別の名称になるという噂もある。

ZTE Axon 7 価格:

4GB + 64GB:3299元(約55000円)

6GB + 128GB:4099元(約69000円)

ZTE Axon 7 価格はiPhone 7、Samsung Galaxy S7そしてXperia XZなどのスマホよりずっと安いが、ハイスペックが搭載しているから注目が集まっている。もちろん、モバイルVRHMDとしてサムスンのGear VRとの対抗も期待されている。

ほかの人気機種:HUAWEI P9評価iPhone 7メリット・デメリットXperia X PerformanceiPhone 7とXperia XZ 比較

元記事を読む↓↓↓

https://www.winxdvd.com/smartphone-mania/easy-zte-axon-7-daydream-vr-smartphone.htm

『ケータイ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無劣化で動画をトリミングす... | トップ | iFunbox不具合まとめ:iFunbo... »

コメントを投稿

人気スマホ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事