思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

神との対話シリーズ 再掲

2017-05-19 16:26:39 | 思想、哲学、宇宙論
http://gorich.jp/blog-entry-636.html

P30
ひとつのことについては、心を定め、目的を絞ったほうがいい。それが現実になるまでは、気持ちをそらさないことだ。焦点を定めておきなさい。気持ちを集中させなさい。何かを選ぶなら、全力をあげて、心から選びなさい。いいかげんな気持ちではいけない。選びつづけなさい。前進しつづけなさい。決意をもちつづけなさい。


P85
思考のコントロールとは、最高のかたちの祈りだ。だから、良いことだけを考えなさい。どんな完璧さの実現を選択しようかということだけ考えなさい。

P164
「すべての」可能性は、同時に存在する。あなたは限りない可能性のある多次元の場から、いま経験したいと思う可能性を選択する。


P168
ものごとはあなたが見る前からそこに存在する。同時に多数の可能性が存在するのだ。想定できるあらゆる結果は、たったいま、ここに存在する。あなたがその中の一つだけを見る。あなたが見ることを選択した現実だよ。


P268
あなたは自分が送り出す振動によって、エネルギーによって、あなたの現実を創造している。それを知っているように行動したら、あなたは二度とふたたび、心に否定的な思考をいだきはしないだろう。否定的な思考が滑りこんできたら、あなたは即座にそれを心から追い出すだろう。すべては振動であると気づくだろう。だから食べるもの、着るもの、見るもの、読むもの、聞くもののすべて、それにもっと重要な自分が考え、語り、することすべての振動に、もっともっと関心を払うだろう。自分自身のエネルギーと自分が周囲に創り出している生命のエネルギーの振動が、真のあなたと共振していないと気づいたなら、それを調整するために何でもするだろう。

自分が感じることに波長を合わせればいい。あなたがたの身体は、感度の高いエネルギー受容器というすばらしい道具なのだ。何らかの考えや言葉について軽いと感じるか重いと感じるか。直観を活用して、自分の感情とふれあう。それをすれば、重い振動にかかわろうとはしないだろう。

P176
ある気持ちを自分の内側で創り出すと、それに応じたことを外部的な出来事としても創造できる。これは気持ち、感情がエネルギーの場を動かすからである。

信じられなければ、あなたにその力はない。あなたはその力を使って、自分にはその力がないという現実を創造しているから。「あなたが信じるとおりのことが、あなたに起こるだろう」


P123
「創造」とは「あらゆるもの」のなかにすでに存在するものの振動と同調し、それを自分に引き寄せることだ。あなたはほんとうは、何も「創造」してはいない。ただ、それがすでに創造されていることに気づき、それを磁化し、そして「引き寄せ」る。「引き寄せ」のプロセスとは、経験したい事柄のエネルギーと自分のエネルギーを合致させること、それだけである。あなたの「現実」とは、あなたのエネルギーとそのエネルギーが引き寄せたエネルギーの総和にほかならない。









>あなたは自分が送り出す振動によって、エネルギーによって、あなたの現実を創造している。

ある気持ちを自分の内側で創り出すと、それに応じたことを外部的な出来事としても創造できる。これは気持ち、感情がエネルギーの場を動かすからである。


「創造」とは「あらゆるもの」のなかにすでに存在するものの振動と同調し、それを自分に引き寄せることだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神が降りてきた | トップ | エネルギーの振動の組み合わせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL