思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

塩素まみれの日本の水道水をアメリカ兵は飲まない。

2016-10-11 12:28:42 | 思想、哲学、宇宙論

RAPT | 塩素まみれの日本の水道水をアメリカ兵は飲まない。

http://rapt.sub.jp/?p=10285





“ 日本の水道水には必ず塩素が入っています。汚れた水道水を殺菌するという名目で、必ず塩素を入れなければならないように法律で定められているのです。

この法律を作るよう命じたのがマッカーサーです。言うまでもないことですが、マッカーサーとはアメリカGHQの最高司令官です。彼が日本の水道水に0.1ppm以上の塩素を入れないといけないと指示したのです。0.1ppm以下「以下」ではなく「以上」と言ったのです。つまり、0.1ppm以上なら幾ら入れてもいいというわけで、自分の家の水道水にどれほどの塩素が含まれているかは誰にも分からないわけです。

ある人の調査によれば、東京、大阪、福岡等の大都市では1.0~1.5ppm、他の地方都市においても0.4 ~ 1.0ppm の高濃度の塩素が測定されたとのことです。

一方、ヨーロッパ諸国では、地下水を水道水の原水にすることが多く、水が元々きれいなこともあり、塩素が注入されていないか、0.1ppm 以下と規定されています。

しかし、この塩素は細菌を殺すためのものですから、当然、細菌と同じ構造をもった人間の細胞にも大きな害を及ぼします。だからこそ、浄水装置なるものが売られているわけですが、最近では浄水器すら信用できないといって、ペットボトルの天然水を買って飲んだり料理したりする人も多いと聞きます。

このように日本の水道水に大量の塩素が入っていることはアメリカ人の間でも広く知られているらしく、日本に来た米兵たちは日本の水道水を危険だからといって絶対にそのままでは飲まないそうです。

(以下、池田整治著「マインド・コントロール」より抜粋)

それは、水道水に混入されている「塩素」の問題である。

私がこの問題に初めて直面したのは、1990年、上信越、つまり裏関東を担当する第十二師団の訓練班長をしている時に、師団として初めて日米共同実動訓練を行うことになり、米軍側の担当者と宿営地のインフラに関して調整していた時だった。

水に関しては水道水をそのまま使うように話すと、「日本の水はポイズン(毒)が入っているからそのままでは使えない」という。

私は思わず耳を疑った。そして「それは何のことだ?」と尋ねると、米軍担当者は「日本の水道水には塩素が入っているので、そのままでは使えない」と明確に答えた。

(抜粋ここまで)

この米兵は塩素のことをたった一言で「毒」だと言ったのです。言われてみると、確かに「毒」ですよね。

にもかかわらず、東京都水道局のホームページには「日本の水道水は、塩素消毒をしているからこそ、安心して蛇口から飲むことができます。」と堂々と書かれてあります。(以下のリンクを参照)もしや反日工作員の仕業だろうかと、私までもがネトウヨの皆さんのように勘ぐりたくなります。

○第20回 塩素消毒の効果 |東京都水道局

要するに、マッカーサーがこの日本の地に降り立ったときから、私たちはアメリカ人の敵意に常にさらされつづけてきたわけです。私たち日本人はアメリカの占領政策のお陰で豊かになったと思い込んできましたが、今では日本人がせっせと稼いだお金もすべてアメリカに吸い取られ、日本人はそのあおりを受けてどんどん貧しくなっています。

アメリカは最初から私たち日本人のことを味方だとは思ってもいなかったのです。彼らは最初から私たちのことを敵だと思って接してきたのです。もちろん、個人レベルでは私たち日本人と親交を深めてくれるアメリカ人は大勢いるでしょう。しかし、国家レベルでは常に彼らは我々のことを敵と見なしてきたのです。

それでは、塩素がどれほど危険なものなのか簡単にご説明します。

塩素が発ガン性のトリハロメタンの元になっているから危険である。というのはよく言われていますが、塩素そのものの危険性についてはあまり知られていません。

塩素はわずか0.1ppmで菌を完璧に殺すことができます。そのようなものが含まれている薬品が、日本の水道水には諸外国の5~15倍含まれているのです。

塩素は食塩から苛性ソーダ(化学工業には必ず必要な物質)を造る際に、副産物として大量にできる薬品です。低コストな上、殺菌力も強く、その消毒効果は絶大です。我が国では、コレラや赤痢やチフスといった伝染病を防ぐ役割をはたしてきました。

塩素(Cl2)は水と反応し次亜塩素酸(HClO)を生じ、続いて塩酸(HCl)と活性酸素(O)に分解します。この活性酸素は他の物質に対して強い酸化作用を及ぼし、殺菌あるいは漂白などの有益な作用をしめすとともに、組胞を破壌し人体に悪影響を及ぼすとの研究結果があります。特にアメリカでは塩素の害の研究が進んでいます。

アメリカでの研究では、塩素に触れたり、吸ったりした場合、皮膚やのどの粘膜から水分を奪い、例えば、塩素のきついプールで泳ぐと、髪の毛や皮膚がかさかさしドライスキンになりますし、小じわの原因にもなると報告されています。

さらにアレルギーで肌トラブルに悩む方には塩素は大敵です。塩素はまた呼吸器の粘膜を傷つけ、喘息等の呼吸器疾患をさらに悪化させることになります。

その他塩素は血管障害を引き起こし、心臓病や脳卒中の原因になるとも言われていますし、アレルギー疾患そのものとの関連も取りざたされています。

私たちが普段飲む水にこのような毒物を0.1ppm「以上」入れるよう指示したマッカーサーは、果たして日本人のためを思ってくれていたのでしょうか。今一度、私たちははっきりとアメリカの底意を知るべきでしょう。

出典:http://rapt.sub.jp/?p=10285




<オランダ> 『塩素』を使用禁止に(2006年)

<塩素もオゾンも危険>
スイスは地下水を、ドイツはライン川の水をそれぞれ長時間かけて自然濾過させることで、塩素の使用量をおさえている。オランダではラインの支流であるマース川から取水し、砂丘で濾過してからオゾンや紫外線、あるいは今後主流となる「透膜濾過法」で滅菌している。もちろん、いずれの方法にせよ、塩素などの危険な殺菌剤は使用していない。
驚くべきことに、オランダでは来年から塩素の使用を法律で禁止するという。
ロッテルダム市一体を網羅するクラリンゲル浄水場では、オゾンを主とした浄水をしているが、補助滅菌に塩素を使用せず、代わりにクローダイオキサイトという薬品を利用している。しかしオゾンも臭素酸イオンという危険物を生成してしまうので、より安全な水を作るために、大規模な紫外線(UV)浄水システムを造成中だ。今後つくる浄水施設は全てUVにするという。UVの場合、もちろん塩素を使わずにH2O2(オキシフール)を補助滅菌剤として使用する。
PWN・北オランダ水道会社では、塩素など危険な化学物質はもとより、オゾンやUVによる浄水方法さえ安全性を認めていない。ここでは「透膜式」という濾過方式をとっており、世界一クリアーな水を供給している。
http://www.iwamoto-kazuo.biz/laingawa.html

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1284367592



“ 日本の水道水が一番塩素濃い。
末端蛇口で0.1ppm以上でなければ水道法に違反しますから。
(私の家は0.4ppmは有り、塩素臭いのでフリーエネルギータイプの活水器付けています。)

他のヨーロッパ各国も浄水場で塩素消毒しますが、1度消毒したらあとはそれが0ppmになっても問題になりません。
多少雑菌が入ったとしても、ちょっと腹痛を起こしたり、下痢したりするかも知れませんが、そうやって免疫力が付きます。

途上国などに行って水当たりするのは日本人が多いと聞きます。
これも免疫力が無いのが原因の一つでしょう。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1284367592




他の国々でも、水道水の消毒は塩素を使用しているのでしょうか? ... - Yahoo!知恵袋

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1284367592

他の国々でも、水道水の消毒は塩素を使用しているのでしょうか? 主要国の水道水で、塩素を使用していない国はありますか? <オランダ> 『塩素』を使用禁止に(2006年) ~トリハロメタンの未知なる恐怖~ 生命に優...








ちくとう【#脱原発と保守。独立】 @BokusetuHaoi

みんなが知るべき 「水道水の塩素が食物アレルギーに関係している」という驚きの事実! 日本の基準は塩素濃度は0.1ppm以上、上限なし。 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=285273&g=131207 … …




1

0

2016年02月23日 06:10:27
.







MINAYO @minayo32

アトピーが急激に増え始めたのは、1960年代で、水道水への塩素の 投入量が急激に増え始めたのも1960年代です。








3

0

2016年02月20日 21:48:37
.







白鳥沙羅bot @yo_kopyua

「塩素は強い毒性を持つ、人類初の化学兵器」 日本の水道水は水道法によって、0,1ppm以上の塩素濃度を保つように定められている。0,1ppm以上であればいくら濃くてもよく、注入量の上限規制が設けられていない。(ちなみにヨーロッパでは、塩素なし又は、0.1ppm以下と規定)




3

0

2016年02月20日 17:32:12
.







白鳥沙羅bot @yo_kopyua

皮膚科の外来患者さんの80%近くが入浴の影響(水道水の塩素)を受けています。⇒http://www.e-skin.net/v/ad3/cl/CLBThdata.htm#comtrol …




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内的宇宙 | トップ | 意識の所在 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL