思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

最初に生まれたのは情報エネルギー

2017-05-14 11:41:23 | 思想、哲学、宇宙論

苫米地博士「超情報場理論」は私の宇宙論にも通じるものがありますね。


私の宇宙論



宇宙の一番最初に有ったのは超高次元空間

超高次元空間はスーパーコンピュータのようなもので、情報エネルギーを生産


生産された情報エネルギーが流出し、超高次元空間の周りに広がり、

あらゆる可能性が潜在する広大なエネルギーの海を形成

ある時、潜在する可能性、情報を実現しようとする意志が

エネルギーの海に発生しビッグバンを引き起こした。


ビッグバン直前に生まれた、宇宙の自己実現の意志はビッグバンと共に宇宙に広がり、

宇宙全体にバイブレーションとして遍在しながら、

潜在する可能性を次々と実現していきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苫米地博士「超情報場理論」 | トップ | 場の支配 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL