思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

「プレアデス星訪問記」 まとめ 3

2016-10-12 21:45:26 | 思想、哲学、宇宙論
「農作業はほとんどが機械とロボットが行ない、人間は管理だけをしています。ここは地下が倉庫になっており、コンピューター管理によって運営されています。ここの地下にある流通路を通って都市から都市へと、必要なところへ必要な分だけが配送されるシステムになっています。個人が自分の趣味でやっている園芸農園もあるんですよ。」



地球人は生産しすぎたり、収穫されすぎた物は、価格を統制するために廃棄処分したりしていますね。しかし我々の社会は、物はすべて有効利用される「『完全リサイクル社会』です。我々の社会は物をムダにしたり、粗末にしたりしません。なぜなら物というものはすべてが全体のために存在するものであり、自分たちが住む家でさえが自分のものだとは考えていないからです。それはこの世に存在するすべての物は神の表現であるので、何一つ個人の所有物ではないからです。それは誰か人間が力をこめて作った物でさえが、神が表現された物でしかないのです。ですから我々は地球人のように、物を独占したり、奪い合ったりしないのです。」


   私たちとともにあるのは神の意思しかなく、この世界、この宇宙を創り出しているものこそが「神の意思力」です。つまり神の力が働いているからこそ、私たちが存在するのです。そのゆえに私たち人間は神の理念である、「自然の摂理」に背く行動をしてはならないのです。


 この広大な宇宙は、地球人類にだけ知恵を与えているのではありません。
   この大宇宙にはたくさんの知的生命体が存在しています。地球人類はその中の一つの生命体であり、地球人は今や宇宙人としての目覚めが必要な時期を迎えており、物事に対するこれまでの価値感を変えなければなりません。それは自分の中からエゴを排除し、正しい眼差し(まなざし)と正しい価値感を養い、正しい欲求を持つように努力しなければならないのです。




 「ここには身体や脳に障害があったり、身体の神経系に異常があって体の自由がきかなかったり、集団生活についていけなかったりという子供はいないのですか?」

   「そうですね。私たちの医学は非常に進歩しているので、障害児は生まれてこないようになっています。つまり妊娠の初期の段階で異常がある場合はすべてわかるので、その場合には胎内で人の形になる前段階の卵のうちに分離して消去されます。なぜならその卵子と精子の結びつきは、正しい結びつきではなかったからです。

   この他にも妊娠の中期段階においても医学的な施しが完璧に行なわれ、障害児の生まれない対策がとられています。地球人はこれを人間性を欠いた冷たいシステムと考えるかもしれませんが、これはむしろ逆であり、それは人間であればこその賢明な選択なのです。

   なぜなら、重い障害を持って生まれてきた場合、多くの場合本人は「生まれてこないほうがよかった」という苦しみを背負い、それを生涯にわたって背負って生きなければなりません。そして親兄弟に大きな負担をかけるだけで終わっていく生命にもなります。

そういう命であることがわかっている場合、妊娠初期及び中期の段階でその苦しみを取り去るほうが、人道的な施しになるのです。地球人類はこのようなことを、人道的でなくモラルに欠ける行為として問題視し、騒ぐでしょうが、プレアデスの社会においてはごく当たり前の選択なのです。




「もちろん、プレアデスでも後天的に身体に障害を負い、手足を失う場合はあります。でもほとんど、もとに戻ります。部分によっては元通りに成長するまでには、少し時間がかかる場合がありますが、それはその人の細胞を利用して、失った部分を成長させる方法なのです。またその知識は、トカゲの尻尾を切ってもまたしばらくすると尻尾がちゃんと伸びてくることや、蟹や海老が手足を切られても、しばらくすると再び生えてくることからヒントを得て、医学に応用したのです。

  私たちの脳は魂の進化によって、受信や発信が出来る便利な脳に発達しています。
   そのおかげで、意識と意識によるテレパシーの会話ができるほどに脳が発達しました。それで私たちは神のほうに向かい、神に近づくように進化を続けています。」

心のあり方を変えることによって生き方が変わり、そのようにして社会のあり方が徐々に変わっていくでしょう。まず、一人ひとりの人間が行動を起こさなければなりません。その行動とは、『助け合い、協力、奉仕』であり、『愛の奉仕行動を基本とする社会』を構築することなのです。」




  私たちは、存在するすべてのものに意識や感情、心があると認識しています。
   そして私たちの脳は今では、一つの石ころの感情さえも感じ取れるほどに進化を遂げました。それは私たちが常に心のあり方を第一と考え、最重要と考え、それにしたがって行動してきた証(あかし)でもあります。それはつまり、神の目的にかなった行動をしてきた証です。人間の個人的欲望を捨て、『他人を愛する愛』を高めていったことで、『愛の奉仕行動を基本とする社会』を構築することができたのです。そして私たちの進化は科学の発展とともに加速していきました。



神のような科学を持っていると剛史が思う私たちでさえ、まだ宇宙のほんの一部分しか知らないのです。宇宙とはそれほど広く、大きく、深く、厚く、また限りなく繊細で、膨大で、偉大な存在なのです。私たちが神の子として誕生して生きているように、宇宙はあらゆる生命を育み、活動しています。星には星の意識があり、太陽系には太陽系の、銀河系には銀河系の、そのまた銀河団には銀河団の意識があり、さらにそのうえにマクロな宇宙が存在しています。

   それは果てしがないように思えますが、そこには確かにれっきとした宇宙意志が存在しており、それが神の意識とも言えるものです。その意識に連なって、私たちが存在しているのです。ですから私たち人間は争いや競争、戦争のない『誰もが平等に平和に暮らせる社会』を目指さなければならないのですよ」

私はお盆で実家へ帰ったとき、八幡宮の前を通りかかった。するとそこに、一匹の銀狐が参道を登って行くのが見えた。「これは珍しい。今でもこの森に狐がすんでいるんだな。どれ、後をつけてみよう」 私は少し間を置いて登って行くと、なんと狐は神社の前に座って私を待っていたようだった。私が驚いて、「お前はここの主(あるじ)かい?」と呼びかけてみると、狐は私に一回おじぎをするとひと声大きく「ケーン」と鳴き、走って藪の中へと消えた。

   狐がいた場所へ行ってみると、そこには不思議な色をした紙切れが落ちていた。その印刷された文字には、『宇宙は生きた一つの生命体である』と書かれていた。その瞬間、これは宇宙大使が知らせてくれたのだと感じた。私は「宇宙大使ありがとう」と心で呼びかけて、その紙切れをポケットにしまった。




   もし地球人類がこの宇宙で、我々のように科学を発展させたいという意欲があるなら、社会のあり方を根本から変えなければなりません。まず地球人類に必要なものは、新しいエネルギーの発明と発見によるエネルギー革命であり、宇宙エネルギーや自然エネルギーを100%利用していく波動科学の革命でしょう。真の宇宙開発や宇宙科学は、下から押し上げる力学に頼っていたのではダメなのです。宇宙が持っている力をすべて利用してこそ、宇宙船を自然に航行できる科学にまで発展させることができ、そうなって初めて「宇宙科学を得た」と言うことができるのです。

   地球人類の将来を左右するのは、地球人自身の精神的目覚めにかかっています。
   地球人が目覚めを得て、生き残りをかけて、宇宙に生きる宇宙人として発達し、変身を遂げられるかどうかなのです。そして『あなた自身の目覚め』が成功したとき、初めてこの地球上に『真の平和』が訪れ、地球人が宇宙人としての目覚めを得て、科学が飛躍的な発展を遂げ、宇宙人の仲間入りを果たすことができるのです。

   我々は、剛史がある時期が来たら過去を思い出し、地球人の指針となるような聖書を書き出すように、脳をセットしておきました。我々は剛史がいい聖書を書き上げるように期待しながら、はるか彼方から見守っています。さようなら、剛史」


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「プレアデス星訪問記」 ま... | トップ | プレアデスはコンピューター... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL