思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

エネルギーの振動の組み合わせ

2017-05-20 11:32:23 | 思想、哲学、宇宙論

周波数の秘密




あらゆる存在は、エネルギーの振動の組み合わせで、そのエネルギーは思考や感情によって作られる。

あらゆる存在は同一のエネルギーから成り立っているが、エネルギーの組み合わせが無数にあるため、存在の形式も無数にある。






エネルギーの振動の組み合わせとは、具体的には倍音の組み合わせのことだと思います。





http://sciencewindow.jst.go.jp/html/sw08/sp-005#wrap


一つの音にある無限の美しさ―― 作曲家・尺八演奏家 中村明一さん――

江戸時代の"虚無僧こむそう"(禅宗の一派「普化宗ふけしゅう」の僧)に伝承されてきた尺八曲を演奏する中村明一さん。
ロックや現代音楽などの幅広い活動も世界的に展開している。
東京・世田谷のスタジオを訪ね、尺八が持つ音色の素晴らしさとその奥深さについて、実演を交えながら話を聞いた。






世界が注目する音色

中村明一

中村明一(なかむら あきかず)

作曲家・尺八演奏家。横山勝也師、多数の虚無僧尺八家に師事。バークリー音楽大学、ニューイングランド音楽院大学院出身。文化庁芸術祭優秀賞(2回)などを受賞。日本現代音楽協会会員。洗足学園音楽大学大学院、桐朋学園芸術短大、朝日カルチャーセンターの講師。著書『「密息」で身体が変わる』(新潮社)。CD『虚無僧尺八の世界東北の尺八霊慕』(ビクターVZCG-610)など多数。

http://www.kokoo.com

中村明一さんが70?余りもある太く長い尺八(二尺四寸管)を吹くと、スタジオ内の空気が一変する。「ピー」という細い音ではなく、「ヴォービリビリリリ……」という体を揺さぶる音だ。まるで強風にあおられるような激しさに頭がクラクラして、何とも言えない心地よさが体中に広がる。

「尺八は、いわば江戸時代のシンセサイザー。一つの音を自在に操れます。日本人が音に対して独特な鋭い感性を持っていたからこそ完成できた楽器だと思います」。静かな口調で中村さんの説明が始まった。

中国から伝わり日本で独自の発展を遂げた楽器、尺八。同じ五線譜の「ド」でも、尺八ならその音にいくつもの隠れた音を自由に出し入れできるという。

「同じ音高の音でも、楽器や歌う人が違うと音色が違います。その違いは『倍音』の違いによって生まれるのです。尺八は、その倍音を操れる、世界的にも珍しい楽器です」

倍音とは、基本となる音(基音)と同時に鳴っている、異なる高さの音のことだ。

スタジオにはシンセサイザーや測定機器も置かれている。尺八の音の周波数を調べた図を示しながら中村さんは言う。「音を周波数によって解析すると分かるとおり、楽器の音には基音以外に別の音も含まれています。これが音色を決めるのです」

クラシックに代表される洋楽では、ハーモニーを妨げやすい高い周波数の倍音を排する方向に改良され、例えばフルートの音は倍音が非常に少ない。ウィーン少年合唱団などでおなじみの「聖歌隊」の発声も、倍音の非常に少ない音色の一つの典型といえる。各楽器や歌声の音色を均質化することで、作曲家たちは規格化されたレンガを積み上げるように交響曲などの壮大な構造の楽曲を作り出すことができた。

「音楽の要素を限定する方向に向かったことで大きな発展を遂げた西洋の音楽ですが、今、前衛とか最先端といわれる音楽家の多くが心を砕いているのは、実は倍音をより多く音楽に取り入れること。そこで世界的に注目されている楽器が日本の尺八なのです」




昔も今も倍音を好む日本人

中村さんによれば、日本人は単純な音よりも倍音を含む複雑な音を好む傾向があるという。

「ソプラノ歌手の洗練された声よりも、美空ひばりさんのようなむしろ『濁った声』『かすれた声』が好き。最近の若い歌手でも、浜崎あゆみさんなどの歌声を分析すると、ひばりさんの声に似た特徴が見られます」

日本人がなぜそのような音に心地よさを感じるのか。その理由は、子音と母音という倍音構造の異なる音を常にセットで使う日本語の構造から、倍音への感覚を発達させたことが一つ。もう一つは居住環境に起因している。木造の建物は音の反射が少ないので倍音が伝わりやすかった。一方、石造りの西洋建築物では音の反射が大きく、反射するたびに倍音は吸収されて、基音が増幅される。

「尺八は、日本の風土の中で日本人特有の音感によって磨き上げられた楽器です。雨が降って湿気の多い日に尺八を吹くと、何とも言えない良い音が出ますよ。世界中の楽器の中でも、演奏者が自由に倍音を操作できるものは、ほかにほとんど見られません」

尺八
尺八は一寸刻みに短いものから長いものまでさまざまあり、長いほど低い音、短いほど高い音になる。右が二尺四寸管で、写真の中村さんが演奏している尺八。左が一尺八寸管、通常尺八というとこのサイズ。




電子音から風の音まで

「正弦波と呼ばれる電子音のような音も出せれば、周波数が整数倍の倍音をコントロールしながら出すこともでき、さらにノイズのような倍音(非整数次倍音)を自在にまぶすこともできます」

そう言って、中村さんが尺八を吹くと、「ヒュ??シュー??ヒュ??」という風の音が見事に再現された。本物の風が尺八を奏でているようだ。

「倍音の組み合わせは無限と言っていいほどあって、たった一つの音高の音だけでも豊かな音楽を作れます。『一音成仏』という言葉もあるとおり、一つの世界を作り出せるのですね。昔の日本人は、倍音という概念も周波数測定器もないのに、倍音を自在に操れる楽器を作った。これは驚くべきことです」

中村さんは、「音の無限性」「音の宇宙性」という言葉で尺八の音を表現した。一音、ほんの1秒の音でも、無限の要素がそこにあり、底知れない宇宙につながるという。




味わってほしい音の不思議さ

人の心を打つ音というのは中村さんにとってどんな音なのだろうか。「私は小さいときから音楽と科学が好きで、小学校のとき、私が吹いたリコーダーを先生が『美しい音ですね』と言ってくださったのがうれしかった。その一方で、“美しいって、どういうことなのだろう”とも思いました。なぜ、人は音を聴いて美しいと思うのか。それを少しずつ科学的にひも解くことは、とてもおもしろいことですし、有意義なことだと思います。でも、その仕組みはあまりに複雑なために、科学的にすべて分かることは、永遠にないのかもしれません」

中村さんは、大学で量子化学を学び、その後米国のバークリー音楽大学で作曲や即興演奏などを学んだという邦楽家としては異色の経歴。「音楽にも科学にも、底知れないものを感じます」と語る。

最後に「教育関係者へのメッセージは」と尋ねると、こう語った。

「日常生活には、どんなにささいなことでも、そこに不思議さ、深遠さ、宇宙性といった果てしないものが含まれています。

校庭に転がっている石だって化学分析をすればものすごく複雑ですし、それがどこからやって来たのかを考えれば宇宙の起源までたどることができます。学校の先生方にお願いすることができるのなら、その石のように、身の回りの一つの音の底知れない不思議さを感じさせてほしいということです。特に、音楽はそれを体感させやすい教科だと思います。

ぜひ子どもたちに曲を作らせてあげてください。音楽は基本的に、時間的な音の配置と、音高、音色、音量の組み合わせです。物理的にはとても単純な行為。どんな曲でもいいから作らせて、音が持つ無限の美しさや不思議さを味わわせてあげてほしいと思います」


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神との対話シリーズ 再掲 | トップ | 純正律と平均律 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL