畑のつぶやき

畑や田んぼの作物の生育や農作業の報告
農家の暮らしの日記
田畑を取り巻く自然の移ろいの描写
食、農への思い

水稲

2017-06-17 18:34:16 | 農作業

6月17日(土) 

5枚の田んぼ。上の3枚は、堰のところのポンプ小屋から、ポンプアップをしないと自然流水では水が入らない。役員に頼んで、今日、ポンプを動かしてもらうことになっている。ただ、ポンプを動かすだけでなく、配管のある系統のバルブも閉めなくてはならない。非常に手間のかかる面倒なところにある田んぼだ。役員が二人で、バルブを閉めながらポンプ小屋に来て、ポンプのスイッチを入れる。今回は、地区全体の水不足もあり、堰の水は落とさないで、農業用ダムからの流水だけを使いたいという、判断で、自然流水の系統はすべて止めて、ポンプアップすることになった。そのために、初めて、小型ポンプを使ってみるので、どの程度水が上がるかを確認しながらやるということだった。

8時前にスイッチを入れて、5枚の一番上の田んぼにどの程度の量が出るかを確認する。以前の時よりもミズノでは弱いが、かなりの寮出ているので、これで続けることに。ひるすぎまでやっていれば、たまるだろうと、散会。

ときどき、水を見に行きながら、出荷作業。上の田んぼが満たされたのは、11時。思いのほか時間がかかる。12時の段階で、2枚目はまだ満水にならない。午後も引き続き入れるように頼んで、昼飯。

午後は、のり面の草刈り作業を続けながらの水番。3枚が満水になったのは、3時。完全に水がなかったせいもあるが、予定より時間はかかったが、空から田んぼが水を張られ、イネの様子は、ぐんと引き立った。水稲というだけあって、イネには、やはり水が合うと、実感した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草刈 | トップ | 宮薙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。