畑のつぶやき

畑や田んぼの作物の生育や農作業の報告
農家の暮らしの日記
田畑を取り巻く自然の移ろいの描写
食、農への思い

捥ぎり

2016-11-05 17:29:26 | 農作業

11月5日(土)  のち 

遠くで、屋根をたたくような音で、目覚める。まだ暗く、5時を過ぎたばかりだが、確かに雨の音だ。結構ちゃんとした雨のようだ。しかし、予報では、雨なんてことは言っていなかった。来週の火曜日は雨の予報だが、それまではずっと晴れのはずなのに。雨雲レーダーを確認する。房総半島の南部に雨雲が湧き、その雲が北東へと流れてゆく。予報を確認すると、朝のうち、数時間は、降るようだ。

結局、9時過ぎには上がるが、ある程度まとまって降ったようで、庭にはしっかりと、水たまりができる。

出荷作業は、ほとんど、枝豆の捥ぎり。豆の稈から、豆の莢を捥ぎる作業だが、これが結構大変だ。稈には、当然、葉っぱも枝もしっかりとしている。そして、みんな緑色。そんな中から、莢だけを捥ぎるのだが、莢には、実の膨らんでいないものや、実入りのないものもある。ひどく虫に食われているものもある。2時間ほどかけて、やっと、3kg少し、捥ぎる。まだとってきた豆はあるが、もうあきた。四分の一ほど残して、あとは、友人たちにそのままやることにして、捥ぎり作業をやめる。

晩秋になり、菜っ葉類や、大根の間引き菜なども一品となる。朝の雨のせいで、少し遅れて、連れ合いは収獲に出かける。そんなこともあり、作業は、昼前に終わらない。昼休みはゆっくりすることもあり、終わったのは、3時過ぎ。これから畑に出ても、作業できるのは、せいぜい1時間強。まあ、しょうがないと、サトイモや、ヤマイモの整理調整で、時間を過ごす。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作業日記 | トップ | のんびり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。