畑のつぶやき

畑や田んぼの作物の生育や農作業の報告
農家の暮らしの日記
田畑を取り巻く自然の移ろいの描写
食、農への思い

宮薙

2017-06-18 17:42:43 | 農作業

6月18日(日)  のち 

集落の行事。宮薙。集落内にある祠ある小山の草刈り。草を刈り、片付け、祠を清め、神社の神札を上げ、お神酒を上げる。今は、刈払機を使うし、道路の草刈り時に下のほうは草も刈ってあるので、30分もすれば終わる。祭りの山車の格納庫もある集会所の草刈りも、続くが、こちらも1時間もしないで終わる。直会を兼ねる慰労会の準備が終わるまでは、それぞれに、井戸端会議だ。

10時ごろから始まる慰労会も、午後から、それぞれに、寺や墓地の草刈りがある檀家寺のメンバーが多いから、以前のようにビールは減らず、1時間ほどで、自由化遺産ということになる。

昨日までの天気が嘘のように、今日は朝からちょっと涼しいくらいの曇り空。午後からは雨の予報だ。昼からの寺の草刈りはできるだろうかと心配しながら、帰宅して、早速に天気予報を。非常に微妙なところだ。3時ころまで、本降りにならなければ、やってしまいたいと、早昼を取る。が、希望通りにならないのが常。12時前ころからぽつぽつ始めた雨は、30分もすると、小雨決行の意を否定するほどに、雨音が強くなる。

とりあえずは、どちらだろうと、寺にくる人もいるだろうから、と、寺に行く。雨は次第に強まり、雨樋から流れる水量も増え、本降りのざあざあ雨になる。ほかの役員も顔をそろえ、注視を決め、何人か来てくれた檀家の人にも、来週に延期することにして、散開する。

雨は降り続け、しかも冷たい雨だ。その後は、雨音を聞きながら、体を休める。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水稲 | トップ | たまった。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。