畑のつぶやき

畑や田んぼの作物の生育や農作業の報告
農家の暮らしの日記
田畑を取り巻く自然の移ろいの描写
食、農への思い

バチッ!

2017-07-13 18:37:26 | 農作業

7月12日(水)  ときどき 

バチッ! 衝撃的痛みが、左手に。しまった、やられたと思うが、もう遅い。すぐに数歩下がって、目を凝らすと、さっきまで、生い茂った草の中、トンネルのアーチパイプを抜いていた周囲に、数匹のアシナガ蜂が警戒飛行している。この野郎と、蜂用の殺虫剤をもってきて噴射。しばらくして、棒で草むらを薙ぎ払うと、10センチ弱に育った蜂の巣と、まだ生き残りの働きバチが、飛び回る。巣を落としてしまえば、ほぼ安心だが、念のため、さらに殺虫剤を噴射しておく。

春から手入れをしていないような草むらと、放りっぱなしの何かがあるあたり、今の時期、アシナガ蜂には注意しなければならない。ハウスの解体作業の時も、草むらなどは注意しているし、草刈りの時も注意しながら作業する。ハチの巣を落とすと、巣についている働きバチが一斉に飛び立つので、すぐ数メートルは逃げれる体制で作業はする。それで、この数年は、蜂との戦いにはすべて勝ってはいたのだが、今回は、つい油断してしまっていた。

左手の中指の付け根あたりを、手袋の上から刺されてしまった。かなりのいたみだ。が、私の場合、放っておいても大丈夫。痛みを我慢し、作業も続けることができる。痛みは1時間以上は続くが、次第に感じなくなってゆく。が、それとは反比例的に、腫れは進む。数時間後、風呂に入るころには、手のひら一杯が、ふっくらと腫れ、しわが全くなくなるほどに、パンパンになり、手首から腕へと進んでゆく。そして、かゆみを感じるようになる。

蜂毒にアレルギーがないからよいが、連れ合いには、蜂は大敵。ハチの巣退治は私の仕事。その敵を取られたのかも。

出荷作業。ハウス用地片づけ。完了。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごみ燃し | トップ | 水やり。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農作業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。