日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

眼鏡代えました 2017

2017-02-13 22:57:56 | 旅日記
この度約五年ぶりに眼鏡を替えました。三代連続となるG4 Old & Newの丸眼鏡で、1642の型番を持つ新作です。
ボストン型だった先代から、先々代と同じ楕円形に回帰し、マーブルの模様も同じく焼付けに回帰しました。店頭で試着した限りでは、より横長となった印象を受けましたが、並べてみるとほとんど見分けがつかない程度の違いしかありません。ただし、模様が前面だけでなく側面にも回っているところは、先々代と明確に異なる特徴です。
この眼鏡に出会ったのは11年前、長方形の細長い眼鏡が全盛を極め、丸眼鏡が絶滅の危機に瀕していた頃です。それが今では「クラシック」なる合言葉とともに丸眼鏡がもてはやされているようで、店頭には他社の製品も増えてきました。しかし流行を追求すると細さに行き着くのか、それらの多くは弦も縁も細すぎて頼りなく感じられます。その点こちらは太すぎず細すぎず絶妙、蝶番の部分にさりげない彫刻が施されるといった細部の造りも行き届いており、流行には左右されない普遍性があります。先代の寿命が近付いたところで、まさにこれだといえる新作が出てくれたのは助かりました。
注文したのは昨年末でしたが、引き取りに行く時間がなかなかとれず、一旦引き取った後も先セルの部分が浮いてしまうという不具合が出て、しばらくお蔵入りとなっていました。先日の活動休止を利用して調整を済ませたため、これでようやく本格稼働となります。

ちなみに今回度数が下がるという珍現象が起きました。右眼から近視が始まり、左眼がそれに遅れて進行していくという状況は一貫して変わらず、歳とともに進行が緩やかになってきたところでしたが、今回は右の度数が下がった代わりに左の度数が上がり、左右の差が縮小したことになります。よくよく考えれば、そろそろ老眼が始まってもおかしくない年代です。度数が下がったのはその前兆なのでしょうか。次に眼鏡を代えるときには、遠近両用となっているかもしれませんorz
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早春の駿河を行く - 帰着 | トップ | 本日の晩酌 - たかちよ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL