日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

九州沖縄縦断ツアー 2016 - 笑平

2016-10-30 22:27:52 | 居酒屋
あいにく日曜に重なった今回、不幸中の幸いだったのは、このところ毎回世話になっていた「笑平」が営業していたことです。前回は時間が遅く、ラーメンのみいただくという結果に終わりましたが、屋台で呑むという宿願がようやく実現と相成りました。

天神の屋台を素通りしてここへやってきたのは、あちらの屋台の客層が観光客ばかりなのを敬遠してのことですが、こちらについても地元客ばかりではないことに気付いてきました。左隣の先客は韓国からの旅行者で、右隣の先客も話しぶりからして県外でしょう。その県外からの先客が立った後には、驚くべきことに欧米からの旅行者であろうお姉さんが一人で入ってきました。しかし女将はすかさず英文の品書きを手渡すなど慣れた様子です。
そのような光景を目の当たりにして思うのは、屋台の衰退は時代の流れなのかもしれないということです。以前福岡へ生涯ただ一度の出張をしたとき、得意先の方々から、屋台は観光客が行くものだと聞かされたことがあります。たしかに、生ものが出せない以上品書きの幅は自ずと限られ、特別な酒と肴はありません。居酒屋チェーンが乱立する現代では、価格面での優位性もなくなりました。たとえていうなら、速さでは新幹線と航空機に、安さでも高速バスに太刀打ちできず、今や風前の灯火となってしまった夜行列車のようなものとでも申しましょうか。
しかし、夜汽車には他の何物にも代え難い旅情というものがあります。それと同様、限られた空間で創意工夫を凝らした様々な品を提供する博多の屋台は、当地が天下に誇るべき唯一無二の文化だと思います。余所者の感傷といわれればそれまでではありますが、この文化が末永く受け継がれていくことを願って、これからも屋台に足を運びたいと考えている次第です。

★笑平
博多駅前通り博多警察署入口
1830PM-130AM
月曜定休

喜多屋
おでん二品
甘鯛すり身天ぷら
豚骨ラーメン
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州沖縄縦断ツアー 2016 - ... | トップ | 九州沖縄縦断ツアー 2016 - ... »

コメントを投稿

居酒屋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL