日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

東北縦断花見の旅 2017 - 痛恨

2017-04-23 23:01:25 | 東北
花見については完全勝利に終わった本日の活動でしたが、全てを帳消しにするような痛恨の失策を犯してしまいました。「麦とろ」に早仕舞いで振られたのですorz
投宿の前に近くを通り、店が開いているのは確かめていました。しかし、城から歩いて10時過ぎに乗り込むと、店の明かりが消えているというまさかの事態が。二階の住居に明かりがついている以上、中にいるのは分かっています。しかし、当然ながら休んだところを起こすわけにも行かず、そのまま宿に戻ってくるという顛末です。
着いた時点で客席の明かりは完全に消えており、片付けも終わった後のようでした。そうだとすれば10時前には店じまいをしていたのでしょう。夜桜が終わってからここの世話になったことは何度かあり、それが日曜だったこともあります。それで安心しきってしまい、早仕舞いという可能性を想定しなかったのが命取りでした。

先週の伊那に続き、またしても頼みの綱に振られるというあるまじき事態に陥りました。代わりの店の心当たりはなく、一から探す気力もなく、そもそも店がほとんど開いていないという状況もそのときと同じです。幸か不幸か吉野家が宿から近く、先日もらった割引券もあるため、今回も牛丼をいただいて終わりにし、明日はその分早く再開するのが現実的なところでしょう。
もちろんこのままで終わりにしたくはありません。究極の手段は、明日若松にもう一泊し、車を置いたまま翌朝の始発列車で帰るというものですが、米沢ならともかく会津から列車で帰る利点は乏しく、出費を考えても現実味は乏しいものがあります。ただし、夜桜見物で舞い戻るなら、挨拶がてら立ち寄るという手はありでしょう。コシアブラの天ぷらで一献という宿願こそ叶わないものの、定食で腹ごしらえを済ませ、身欠き鰊を土産に持ち帰ることもできるからです。それを含め、よりよい修復策がないかどうかを模索してみます。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東北縦断花見の旅 2017 - シ... | トップ | 東北縦断花見の旅 2017 - 三日目 »

コメントを投稿

東北」カテゴリの最新記事