日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

東北縦断花見の旅 2017 - 糸吉言侖

2017-04-24 14:22:10 | 東北
一昨日から悩み続けていた問題に事実上の結論が出ました。ここまで寄り道した以上、ある程度覚悟していたことではありましたが、仮に今すぐ出発しても、中通りで活動する時間は二時間作れるかどうかです。これにより、少なくとも古木巡りはなくなります。
古木巡りに二日かけるというまたとない機会は逃しました。しかし、会津でいまだかつてないほどの花盛りと快晴に恵まれた以上、会津に残ったのも「今しかできないこと」には違いなく、こうなったことについては納得しています。問題なのは、これから米沢へ行く場合です。米沢市街に入れるのは、早くとも四時台、場合によっては五時を回ると予想されます。つまり、日中の残り時間は長くとも一、二時間しかありません。それだけで引き返してくるのはいかにももったいなく、米沢か赤湯で夜桜を見物し、車を置いて列車で帰るという選択肢も浮上してくるでしょう。その一方で、空前絶後といってもよい鶴ヶ城の花盛りに重なった以上、それをもう一度眺めてから帰りたいと思うのも人情ではあります。最後まで悩ましい選択を迫られそうです。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東北縦断花見の旅 2017 - 直線路 | トップ | 東北縦断花見の旅 2017 - 五... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL