日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

本日の晩酌 - 豊盃

2017-05-15 23:26:38 | 晩酌
近年巷で耳にする「意識高い系」なる言葉を借りると、今季俄に目立ったのが「飛露喜系」の酒です。芳醇さ、鮮烈さを旨とする無濾過生原酒の水準が年々上がり、この種の酒の草分けである「飛露喜」にほとんど遜色ないものが増えてきたのはよいものの、その一方で同じ路線の酒が増えすぎ、食傷気味になるという副作用が生まれました。この事実を消極的に捉えて「飛露喜系」と評するわけです。
ただし、「意識高い系」と「意識の高い人」が別物であるのと同様、数多ある「飛露喜系」と一線を画す酒がないわけではありません。その一つとしてこのblogでも絶賛してきたのが「豊盃」のしぼりたてです。「飛露喜」の生原酒が酒販店ではまず手に入らない代物と化す中、それを補うに足る逸品として愛飲してきたこの酒ですが、世間の評判は年々高まり、それに応じて入手も難しくなってきたのか、今季は縁もゆかりもない静岡でどうにか押さえるという結果でした。今季の酒も盤石の味わいを見せてくれただけに、品薄が一時的な現象であってほしいと願っています。

★豊盃 純米しぼりたて
三浦酒造(青森県弘前市)
精米歩合 麹米55% 掛米60%
アルコール分 16度以上17度未満
静岡県静岡市 篠田酒店にて購入
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏タイヤ | トップ | 四谷赤坂麹町 - 創や »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL