日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

錦繍の飛騨を行く 2016 - のぞみ291号

2016-11-12 06:11:33 | 関東
飛騨へ行くなら中央道かというとさにあらず。今回は汽車旅を選択しました。まずは新幹線で名古屋へ向かい、近鉄を引き継いで発足した「四日市あすなろう鉄道」に乗った後、岐阜に寄ってから高山へ向かうのが本日の予定です。ただし、岐阜については後々福井へ行くついでに寄ってもよいため、展開次第では素通りすることも検討します。

ちなみに今回の服装については迷いました。都内でも薄ら寒い日が続いたところへ、高山の最低気温が4度などという予報が出ており、防寒装備が要りそうに思われる一方、15度超の最高気温からすると、半袖も必要になることが予想されました。その結果、長袖シャツに厚手の雨合羽を羽織り、半袖シャツを忍ばせて出発したところ、最寄りの駅まで歩いただけでも軽く汗ばんできました。結局新幹線に乗ったところで着替え、今は半袖シャツ一枚の軽装です。これなら少なくとも日中いっぱい上着の出番はないでしょう。結果としては、薄手の雨合羽で済ませておき、いつでも脱いで鞄にしまえるようにしておくのが正解だったことになります。厚手の雨合羽は無用の長物となるかもしれません。

★東京606/のぞみ291(9291A)/742名古屋
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓢箪から駒 | トップ | 錦繍の飛騨を行く 2016 - 近... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL