日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

晩秋の大地を行く 2016 - 独酌三四郎

2016-09-30 21:20:19 | 居酒屋
投宿して荷物を置き、すぐさま出たいのはやまやまながら、潮風に吹かれ続けて眼鏡も曇るほどの飛沫を浴びています。風呂に入ってさっぱりしてから「独酌三四郎」にやってきました。
前回は金曜に重なったこともあり、あわや満席で振られるかという状況に直面し、その後も終始慌ただしい店内でした。そして今回も巡り巡って金曜です。ただ、宿が前回よりも格段に空いていることからして、店も空いてはいないかという漠然とした期待がありました。果たして店先に乗り込むと、少し開け放った窓の向こうにがら空きのカウンターが見えます。よしと思って乗り込むと、女将からは箸のない位置に座るようにとのお達しが。要するに箸のある場所は予約席ということです。手前側のカウンターのやや右寄り、女将と店主の定位置の中程に着席してよくよく見ると、自分の左に箸が三膳、右に一膳あって、右端には先客の御仁がいるため、自分を入れて六席分が埋まったことになります。詰めればさらにもう一人座れるとはいえ、現時点では一応の満席です。余裕綽々かと思いきや、何だかんだで今回も紙一重でした。

先客は前回訪ねたときに隣り合わせた、「先生」と呼ばれている御方でした。ただし、その前に同席した医療関係の先生と違い、作家か芸術家かと思わせるような風貌です。聞けばお花の先生だそうです。極度の人嫌いにもかかわらず、比較的気兼ねなく話しかけられるのがこのカウンターの不思議なところでもあります。
しばしの時間を置いて、左隣の予約客がやってきました。しかし三名だったはずが四名になるとの話により、こちらは先生のすぐ隣に移動。先生が席を立つともう一人の同行者が現れ、今度は右端に移動しました。さらにもう一人の御常連が現れたため席を詰め、手前のカウンターはこれで完全に満席です。奥のカウンターにも後から来た常連客が通されて、徐々にお客が引けていく小上がりとは対照的な賑わいとなってきました。

実は、この時点でラストオーダーとされる10時を回っていました。それにもかかわらず通されるということは、相当顔が利く御常連ということに他ならず、一見と思しきお客は皆断られていました。一見客で混み合うのが常態化してしまった昨今、今日のようにお客が早く帰りそうな日を見計らって常連たちが電話を入れ、遅い時間に集まってくるということのようです。
本来の看板まであと30分ほどとなったとき、思わぬ人物が現れました。前回訪ねたときに自分の目の前で席を立った、シルクハットの老紳士です。自分がここで席を立てば、手前側のカウンターが一つは空きます。前回席を譲ってもらった以上、今回は自分が譲る番でしょう。残った酒と肴をいただいて支払いを済ませ、御常連で賑わう店内を後にしました。

独酌三四郎
旭川市2条通5丁目左7号
0166-22-6751
1700PM-2200PM(LO)
日祝日定休


麒麟山二合
お通し(酢大豆)
〆さんま
落葉おろし
友人手造りどうふ
柳の舞
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋の大地を行く 2016 - 帰還 | トップ | 晩秋の大地を行く 2016 - 十日目 »

コメントを投稿

居酒屋」カテゴリの最新記事