日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

秋霖の会津を行く - 籠太

2016-09-18 21:24:34 | 居酒屋
酒の消費に時間が要るのは相変わらずで、「麦とろ」でも和らぎ水の助けを借りつつ、30分かけてようやく一合を飲み干すという状況です。しかし、一時間で二合を空けて次へ行くという時間配分は、結果的には好都合でした。九時を回ったところで「籠太」に入ります。

予約満席の張り紙がありながら、九時を過ぎると大分空いてくるのがこの店の常です。しかし今回は予想外の展開が。自分と入れ替わりに二人組が出ると、カウンターは完全な貸切となりました。奥から出てくるお客も見かけないということは、座敷のお客も皆帰った後なのでしょう。看板まで滞在し、最後の客になったことは何度かあるものの、入店早々貸切となったのは初めてです。皆帰りが早いという傾向は、ここにおいても例外ではありませんでした。ただし昨日はお客が殺到して取り付く島もなかったそうで、一日の違いが明暗を分けたことになります。

初めての経験というと、今回は女将が不在で、古株の仲居さんが代わりを務めていました。夕方に電話一本入れたときも、名乗る前からこちらの正体を察してもらえるほど、長年世話になってきた仲居さんです。ところが申し訳ないことに、この仲居さんの名前を一度も聞いたことがありませんでした。この機会にようやく聞けたのは幸いです。通称もあり、常連客は通称で呼ぶことも多いそうですが、聞いて早々通称を使うほどの思い切りが自分にはありません。まずは苗字で呼ばせてもらうことにしましょう。
さすがにもうお客は来ないだろうと思ったところが、10時になって一人客が入ってきました。過去に何度も見かけている、店のWebサイトにまで名前が挙がる常連中の常連で、いわば古参、あるいはTOです。それに比べてしまえば自分などまだ駆け出しではありますが、二人きりという状況もあり、その御仁とも初めて会話をさせてもらいました。今回は初めての経験が多すぎます。

初めてといえば、本日は異例の早仕舞いとなりました。開店時間と閉店時間に対するこの店の厳格さは以前も語った通りですが、昨日はお客が殺到して大忙し、しかし今日は早々とお客が引けて、残ったのはカウンターの常連二組だけということになれば、たまには早く切り上げたくなるのも致し方ありません。気心知れた常連の一人と思ってもらえたのであれば、むしろ光栄というのが本音です。あと一品と思っていた肴の注文を飲み込み、酒をもう半合だけいただいて辞去しました。

籠太
会津若松市栄町8-49
0242-32-5380
1700PM-2300PM
日曜定休

末廣・奈良萬・ささまさむね
お通し(蒸し鶏和え物)
サンマ巻串
会津小ナス漬
塩豆腐
いかの塩辛
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋霖の会津を行く - 麦とろ | トップ | 秋霖の会津を行く - 二日目 »

コメントを投稿

居酒屋」カテゴリの最新記事