日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

薫風の伊勢を行く - 白ひげ食堂

2017-06-19 12:47:40 | B級グルメ
湖西道路を終点まで飛ばすと、列車の撮影地として名高い北小松でした。そこから琵琶湖に沿って走ると、今度は湖に浮かぶ鳥居が見えてきました。地図を見ようと、沿道のバス停を拝借して車を止めると、目の前には豚汁の看板を掲げた食堂が。しかも駐車場には地元客の車がひっきりなしに出入りしています。咄嗟に閃くものを感じ、こちらもそのまま駐車場に飛び込みました。訪ねるのは「白ひげ食堂」です。
先ほど見えたのは白髭神社なるお宮の鳥居だそうで、屋号はそれにちなんだのでしょう。品書きの大半をうどんと丼物が占めてはいるものの、大半のお客が注文しているのは品書きの筆頭にある豚汁とめしで、それに加えおでんと惣菜を各自選ぶというのが基本形のようです。郷に入りては郷に従えの格言通り、おでん二品とめし、豚汁を注文。騒ぐほどの味ではないものの、関西にしては濃い味付けがご飯のおかずにお誂え向きで、老若男女問わない地元客で賑わう雰囲気も好ましいものがあります。三方に開かれた窓の外には琵琶湖が見え、それを眺めながら悠然といただくお昼は上々です。

白ひげ食堂
高島市鵜川225-5
0740-36-0434
1045AM-1945PM(日祝日 -1500PM)
豚汁250円
めし中190円
おでん90円より
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薫風の伊勢を行く - 小川酒店 | トップ | 薫風の伊勢を行く - 白鬚神社 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL