日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

東北縦断花見の旅 2017続編 - 観光トロッコ

2017-05-03 15:39:01 | 東北
7号線を南下したのは小坂へ行くためでした。碇ヶ関から一区間だけ東北道に乗り、一目散に向かったのは小坂中央公園です。しかし、町内に迫ったところで異変に気付きました。桜が咲いていないのですorz
散ってしまったわけではなく、そもそも花の数が少ないということで、道中でいうなら烏帽子山公園、岩木山神社と同様の現象です。烏帽子山については久しく満開の姿を見ておらず、単なる食害ではなく樹勢が弱まったのかと推察したわけですが、小坂では昨年満開の最盛期を見届けています。それが翌年こうなるということは、やはり食害なのでしょう。
かねがね不思議なのは、こうなる場所が決まっており、なおかつ局所的だということです。たとえば、烏帽子山の桜が咲かない年であっても、少し離れた米沢の桜には何の影響もありません。小鳥の仕業である以上、いつどこで起こってもおかしくなさそうなものですが、決まった場所だけ食われてしまうのは何故なのでしょうか。真相のほどはともかく、秋田で花見をするならここだと期待していただけに、思わぬ肩透かしを食らってしまいました。

もっとも、収穫がなかったわけではありません。小坂といえば、かつての駅の跡地を生かした「小坂鉄道レールパーク」ですが、残った線路を使って「観光トロッコ」なるものが運行されており、こちらの到着時にそれがまさしく走り去るところだったのです。車を止めて直ちに線路際へ向かうと、除雪用のモーターカーに牽引されたトロッコが、両側に桜並木が続く線路を引き返してくるところでした。その光景を正面がちの構図ですかさず記録。桜が満開ならばと想像してしまうのは人情ながら、そこまで望んでは罰が当たるというものでしょう。貴重な光景を記録できたのは幸いです。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東北縦断花見の旅 2017続編 -... | トップ | 東北縦断花見の旅 2017続編 -... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL