日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

この季節の楽しみ 2017(32)

2017-07-31 08:30:13 | 野球
東海大菅生がついに雪辱を果たし、大阪桐蔭が予定調和を実現して、38日目の戦いが終わりました。宮城の準決勝の1試合が引き分け再試合となったため、終幕はさらに一日延びましたが、残る関心事は仙台育英、東北の両校が足をすくわれるかどうかだけであり、今季の地方大会はこれにて事実上の打ち止めとなります。
次なる問題は甲子園を巡礼するかどうかです。今季は暦の巡りと大会の日程が噛み合わず、行くとしても開会式の当日しかないことについては既に述べました。三月に巡礼したのも、今季は見送ることを覚悟していたからです。もっとも、開会式はさておき、強豪の試合に重なったり、現地が耐えがたい暑さになったりしない限りは、開会式の終了後巡礼するにやぶさかではありません。直前まで状況を見極め、決行するかどうかを判断します。
なお、最後は「大会講評」と称し、印象に残ったことを振り返って締めくくるのが近年の恒例でしたが、今季は趣向を変えた試みを考えています。何回かにまたがる続き物になりそうです。

★宮城大会準決勝
 東陵2-2仙台育英(延長15回)
★西東京大会決勝
 東海大菅生6-2早稲田実
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この季節の楽しみ 2017(31) | トップ | 本日の晩酌 - 明鏡止水 »

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL