日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

早春の出雲を行く - アルファーワン米子

2017-03-20 06:56:13 | 中国
昨晩は久々にアルファーワンの世話になりました。初期段階の構想では、山陰は例年通り松江の一泊限りとし、二泊目は大阪に泊まるつもりでいました。しかし、山陰が一泊限りではもったいないと思い立ち、二泊目を米子にしようと考えました。連休中ということもあり、市内の宿泊事情もそれなりに逼迫してはいたものの、アルファーワンを五千円台の後半で押さえることができたため、こちらに滑り込んだ次第です。
全国チェーンは極力避け、地場の宿を優先するのが近年の方針ではありますが、宿が混んだ場合は四の五のいってもいられません。このようなとき、足下を見るかのように法外な値を付ける商慣行が横行する中、変わらぬ価格で対応してくれるのがここと東横インです。どちらも二昔以上前からある老舗ですが、当時からほとんど増えていないアルファーワンに対し、東横インはひたすら拡大路線を突き進み、無味乾燥なビジネスホテルを量産してきました。その路線を毛嫌いし、実は東横インには一度も泊まったことはありません。しかし、全国チェーンが経済性、合理性を徹底追求し始める前の、古きよき時代の雰囲気漂うアルファーワンには、時折世話になっています。たまにはこれもよいものです。
このように、宿が混んでいたときの選択肢の一つというのがアルファーワンの位置付けであり、必ずしも積極的に選ぼうとする動機まではありません。次に米子で泊まる機会があったとしても、再び地場の宿を優先的に探すことになるかと思います。ただし、宿の至近に銭湯があったことは書き留めておきましょう。駅からも歩ける範囲の銭湯は、何かと活用できるかもしれません。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早春の出雲を行く - 三日目 | トップ | 早春の出雲を行く - 吾左衛門鮓 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL