日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

東北縦断花見の旅 2017続編 - 古館桜の小道

2017-05-03 16:40:55 | 東北
鉱山事務所を通り過ぎると、踏切の脇に「古館桜の小道」なる案内板があり、それに従いさらに歩くと、緩やかに弧を描く線路沿いの桜並木が見えてきました。遊歩道はごく最近できたと見られる一方で、両側に並んだ桜の木々にはかなりの高さがあり、おそらく鉄道在りし頃からここに立っていたのだろうと想像できます。いかんせん花がまばらで絵にならないのが残念ではありますが、いつか花盛りの日に再訪できれば、もちろんここも歩いてみるつもりです。
ちなみに、線路の跡は桜並木が途切れた後も延々続いており、ツーリングマップルRにも「小坂精錬貨物線跡」とわざわざ書き入れられています。線路はもちろんのこと、標識、信号機器を含むあらゆるものが残るという点では、年末年始に訪ねた安比奈線といい勝負です。しかし、あちらと違ってそう簡単に歩けるような距離ではありません。少なくとも日中の残り時間では到底無理で、ここを歩くために終日注ぎ込む覚悟が必要です。明日は花見の名所の心当たりもなく、決行するにはまたとない好機ながら、20km超と聞いた時点で歩く気力が起こりません。ある程度的が絞れる状況なら、車で移動しつつめぼしい遺構をつまみ食いする余地もあるのですが。何もかも残っているというのもかえって悩ましいものです。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東北縦断花見の旅 2017続編 -... | トップ | 東北縦断花見の旅 2017続編 -... »

コメントを投稿

東北」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL