日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

中国四国縦断ツアー 2016 - どんこ

2016-11-06 17:47:02 | 居酒屋
岡山には今回も不義理をする結果となってしまいました。結局最後まで高知に残ります。大トリを飾るのは荷二夜連続の登場となる「どんこ」です。
そもそも今回は高知を早めに発ち、岡山で一献傾けてから帰るつもりでした。日曜営業の当店を温存せず、昨日の段階で注ぎ込んだのもそのような事情があってのことです。しかし森林鉄道展という思わぬ見所もあり、高知を出るのが早くとも夕方となりました。こうなると岡山よりも高知へ傾くのは人情というものです。そこで「どんこ」に電話を入れてみて、空いているなら行き、そうでなければ切り上げて岡山へ向かうという、昨日と似たような賭けに出ました。するとまたも空いているとの返答があったため、これにより高知で完結させることが確定した次第です。

鰹をいただくのはもちろんとして、悩ましいのは刺身とタタキのどちらにするかでした。先ほど「葉牡丹」で皮付きの刺身をいただいており、順当ならば次はタタキかというところ、タタキについても昨晩鰹と鯖を両方いただいています。しばし思案の結果、前回いただいたタタキが秀逸だったこともあり、落ち着くべきところに落ち着くという結果です。しかし、昨日の今日で訪ねた以上、少しは趣向を変えてみるのも一興でしょう。どろめ、うつぼなどの高知らしいものをあえて外し、二品目には揚げ物の筆頭に書かれたタラコ蓮根を注文。松山の「せくら」と同様ここも一皿一皿量が多く、この二品と突き出しで酒が二合空き、腹もあらかた満ちました。最後はおにぎりと味噌汁で締めくくります。

ちなみに、奥の厨房から昨夜見かけなかった店主が現れ、玄関の前のテーブルで一服した後外へ出て行きました。どうやら主役を若主人に譲り、自身は裏方に回ったようです。お客が入ってきてもいらっしゃいの一言さえ発しない、よくこれで客商売ができると思うほど無口で愛想のない店主ではありますが、繁盛店を育て上げ、次の世代に渡した功績には感謝しなければなりません。長い間おつかれさまでした。

酒亭どんこ
高知市はりまや町2-1-21
088-875-2424
1730PM-2300PM

志ら菊・美丈夫
突き出し(チャンバラ貝)
鰹たたき
タラコ蓮根
おにぎり
味噌汁
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国四国縦断ツアー 2016 - ... | トップ | 中国四国縦断ツアー 2016 - ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL