日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

中国四国縦断ツアー 2016 - 南国

2016-11-05 18:28:05 | 四国
高知に着きました。三時間弱の移動は昨日のフェリーと奇しくも同様でしたが、予想通りに退屈させられました。
松山道といえば、山の中腹から瀬戸内海と沿岸の町を一望する、高速道路にしては珍しく眺めのよい路線です。それだけに、自走とは一味違う楽しみがありはしないかと淡い期待を抱いたものの、これが全くの空振りでした。自走の場合、線形や他車の動きに目を配りつつ認知、判断、操作をしながら走るのに対して、バスに乗った場合当然ながらそれらの作業がありません。いわゆる人馬一体感が全くないため、ただでさえ単調な高速道路がなおさら単調に感じられ、すぐさま眠くなってしまいました。窓ガラスに東日本の安い通勤電車のごとく遮光のフィルムが張られていて、せっかくの車窓が台無しになっているのも残念でした。
やはり、高速バスは単なる移動手段以外の何物でもなく、航空機と同様乗らずに済めばそれに越したことはないようです。今回は松山と高知を掛け持ちせざるを得なくなったことにより、このような選択に至ったわけなのですが、同様の現象は徳島と高知の掛け持ちでも起こるのでしょう。高知は四国の他県と分けて行った方がよいのかもしれません。

何やら興ざめさせられましたが、そうまでして高知へ来たのは何といっても酒場めぐりのために他なりません。さすがは南国、長袖シャツに雨合羽を羽織った昨日までとは一変し、現在の気温は16度あります。今夜は半袖シャツで乗り切れそうです。風呂は道後で済ませてきたため、早々に呑み屋街へ繰り出します。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国四国縦断ツアー 2016 - ... | トップ | 中国四国縦断ツアー 2016 - 一釣 »

コメントを投稿

四国」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL