南大沢昆虫便り

八王子市南大沢より、昆虫に関する情報をお届けします。
昆虫の専門家ではないので、間違い等ありましたらご指摘ください。

アオモンイトトンボ

2017-05-28 22:40:27 | トンボ

数日前からホトトギスの声が聞こえるようになってきた。

最初は夜中の3時に鳴いているのが聞こえ、昨日からは朝方聞こえるようになった。

卯の花の咲くころになると渡ってくる。

 

長池公園の築池ではクロイトトンボが飛び交っていて、オス同士でバトルを繰り返していたが、よく見ると違う種類のがいた。

それはアオモンイトトンボで、こちらの方が少し大きいので強いのかな?

 

 

 

 

今日は、クロスジギンヤンマやオオヤマトンボも見かけた。

今度はそれらの飛翔に挑戦しよう。

 

実はトンボの飛翔写真のノウハウを、金曜の夜池袋ジュンク堂書店での尾園暁さんと田中博さんのトークイベント「超拡大で虫を撮る・トンボの飛翔写真の撮影法」で、聞いたので実践しなくては。

 

 

この日は、超拡大撮影についても自分にとっては大変参考になる話も聞け、また久しぶりの方に何人もお会いしたのも嬉しかった。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホソミイトトンボ

2017-05-25 12:03:36 | トンボ

先日のアオバセセリを撮影した時に、トンボも沢山撮影できた。

見事な青色のホソミイトトンボもいた。

 

 

 

 

食事中のホソミイトトンボもいた。

 

 

何を食べているのだろうか?

初夏の陽を浴びて、青色が鮮やかであった。

 

5年ほど前に作った小さな人工池だと思うが、山間部にあると、あっという間にトンボの楽園になるようだ。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドロハマキチョッキリ

2017-05-24 20:21:24 | ゾウムシの仲間

奥多摩に行った時の林道に、ドロハマキチョッキリが結構たくさんいた。

道端のイタドリを巻いて産卵した揺籃が見られる。

雨の中、赤銅色のドロハマキチョッキリが背中に水滴をつけて揺籃を作っていた。

 

 

ペアになっているのもいた。

オスは濃青色型だ。

 

 

水滴のついた葉の上を歩いているのもいた。

 

 

そして、水たまりをどんどん歩いていく。

 

 

この時、水面に触角が映っていた。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロタマゾウムシ

2017-05-22 10:57:51 | ゾウムシの仲間

今日はこんな虫です。

 

 

名前は、形の通りの「クロタマゾウムシ」。

桐の花が咲いているこの時期、桐の木にいるという事だが、南大沢近辺の桐では大きな木が多く葉も花も遥か頭上なので見つからなくて、数年間探していたゾウムシである。

 

先日の奥多摩プチ遠征の時、桐の木が見下ろせるところに車を止めた。

これは探しやすいと葉の上をじっくり探したがいない。

帰る時にもう一度念のためと見たら、あっさりいくつも見つかった。

きっと、朝の雨模様の時と、午後の陽が差してきた時の違いもあるのかもしれない。

葉の上で固まっている時はこんな形で、黒い丸い虫の糞のようだ。

 

 

歩き始めると、とことこと歩いてユーモラス。

 

 

そして最初の写真のように、葉の裏の毛だらけのところで食事を始めるようなそぶりであった。

それにしても、ここで見つかるとは思っていなかったので、ラッキー!!である。

 

大きさは思っていたよりも大きく5mmくらい。

ネットで調べると、4-5mmという記述と、8-10mmという記述がある。

いくらなんでも、8-10mmというのは間違いではないだろうか?

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルイスアシナガオトシブミ

2017-05-21 16:20:21 | ゾウムシの仲間

18日の木曜日に、Kさんに誘っていただき、Mさんも一緒に奥多摩に出掛けた。

残念ながら、午前中は雷が鳴り時々雨も降るという中で傘を差しながらの散策であったが、午後は晴れてきていろいろと撮影でき楽しい一日となった。

 

こんな赤茶色で腕にも赤茶の力こぶのある、ルイスアシナガオトシブミが撮れた。

 

 

林道を登っていくと、緩いカーブになりガードレールの下にケヤキが見下ろせるところで、揺籃がたくさんついている枝があった。

 

 

これはルイスアシナガオトシブミがいると探してみると、Mさんが5mほど先の揺籃のそばに点のような赤いものを見つけた。

 

 

望遠鏡で見ないとわからないような真ん中の点です。

60mmマクロでは遠すぎる。

そこで、150mm + 1.4×テレコンにしたら、このくらいに撮れた。

 

 

拡大して確認すると食事中のルイスアシナガオトシブミだった。

 

 

やがて、細い枝を歩き始めたのを撮影したのが、最初の写真です。

35mm換算420mm相当の望遠レンズの手持ち撮影で、5m先の5mmほどの虫がこのくらいに撮影できるのはうれしい。

 

 

初めてのところを案内してくれた、Kさんに感謝です。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加