海外旅行と日常生活のオンラインエッセイ

海外での体験を基にしたエッセイをオンラインで執筆。
非日常としての旅。日常としての生活。
絵日記ではなく文章で勝負。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キューバとアメリカが国交正常化!?

2014-12-20 09:01:25 | その他
いきなりのニュースに驚いた。
キューバとエスタードス・ウニドス(アメリカ合衆国)が国交正常化をすることになった。

キューバは私が好きな国で、ブラジルの次に住みたいと思っている。

普通の人は、キューバとアメリカは憎み合っていると信じていたかもしれないが、そんなことはない。

離婚した夫婦が互いに相手を罵詈雑言で罵っていたのが、時が過ぎて仲直りしたような感じだと思えばよい。
私が旅行した15年前も一般民衆がアメリカ合衆国を嫌っていた雰囲気はなかった。

アメリカがキューバを敵視した理由はいろいろあるが、キューバ危機が最大の原因だろう。
冷戦が終わった後は惰性のようなもので、革命で失った”バティスタ独裁時代”の利権を取り戻したい亡命者たちと対キューバ強硬派路線の勢力がメディアを使って騒いでいただけだ。

キューバ危機から半世紀以上の時を経て、一般のアメリカ市民の支持を得られなくなっていた。
何かのきっかけしだいだったのだろう。

革命前は映画「ゴッドファーザー2」に描かれたように、マフィアのマネーロンダリング天国だった。
今でもキューバは”独裁政権”と言われるが、医療や教育は無料だし、国民へサービスをしようとする姿勢はある。
これがアメリカ資本主義が進出しても、維持できるかが今後のキューバの将来を決めるだろう。

私の予想では、アメリカ人がキューバに押し寄せるようになれば、男女の色事(特定の産業)が今以上に活発になるだろうと思う。
キューバ政府としては、体面上でも取り締まる必要があるから、派手に遊んだアメリカ人が警察に逮捕されたりして政治問題になったりするかもしれない。(^_^;;;

まさか、日本からわざわざキューバまで”恋愛”を求めて旅行する人がいるとは思わないが・・・・

日本との交流が促進されて、キューバがより知られることになればうれしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「パラグアイ戦争史」を読んだ

2014-10-29 20:03:16 | 書籍
「パラグアイ戦争史」という書籍を見つけた。
中南米マガジンという雑誌を発行している個人の人が発行している。

マイナーでも普通の出版社が扱わないテーマを取り上げるのは感心する。
零細出版は少部数でもニッチなところで活動するしかないともいえる。

よく知らない国のよく知らない出来事ではあるが、南米に旅行したことがあるので、興味がわいて購入した。


著者はジョージ・トンプソンという雇われ外国人技術者で、独立間もないパラグアイの鉄道や造船にかかわった。
最終的には戦争そのものにも参加する。
自らの体験と資料をもとに、本作を書きあげた。

読み始めは、かなり読みづらく感じた。
スペイン語・ポルトガル語・原住民語の入り混じった地名や人名の記述が多く、すぐに頭の中で再構成できなかった。
パラグアイの歴史や地理の基本的知識がないので、戦闘の行われた地勢や軍隊の進路もよく把握できず、字面を追って行っても戦闘がどういう経過をたどって動いて行ったのか把握できない。
原著がそうなっていて、それを訳しているので仕方がないのかもしれない。

コストの問題もあろうが、簡単な地勢図と軍勢の布陣と進路などがあれば臨場感がでたかもしれない。


「パラグアイ戦争」というのは、ラテンの人たちのラテンな戦争という感じで、始まって終わっている。

開戦の経緯や理由も、当事者のプライドとか気まぐれが入り乱れて、なし崩しに戦争となる。
戦争が始まっても、確固とした政治信条や戦略的思考が存在していない。
有能な将軍や指揮官を気まぐれに処刑してしまい、指揮官不足でまともな戦闘指揮がとれなくなる。
敵方のブラジルの将軍は、アルゼンチンに滞在したままなかなか出陣しないし、解任もされない。(おそらく女性を追いかけまわしていたのでは、ラテン男だから)
数え上げればきりがない。

行きあたりばったりが多すぎて、もっとまじめに戦争をした方がよいのではと感じた。


「ローマ人の物語」シリーズの共和制後期と前期帝政の名将や皇帝たちの合理的な戦略や戦術を読んだことがある人には、呆れるばかりのことばかりだ。(著者である塩野氏の思い入れとかフィクションがあるにしても)

旅行していたときにもしばしば思ったことだが、「ラテンだからね〜」という感慨しかなかった。


初版なので仕方がないが、誤植・誤字をいくつか見つけたので記しておく。

002ページ11行目 誤:「ソラーノ・ロペスの戦士」----> 正:「ソラーノ・ロペスの戦死」
196ページ 2行目 誤:「撤退さることと、」----> 正:「撤退することと、」あるいは「撤退させることと、」
227ページ 8行目 誤:「騎兵ニ連隊」----> 正:「騎兵二連隊」【漢数字でなくカタカナの”ニ”になっている】
238ページ 8行目 誤:「大部分はニ、三十発だけ」----> 正:「大部分は二、三十発だけ」【漢数字でなくカタカナの”ニ”になっている】
245ページ 6行目 誤:「動けるのはニ、三名以下」----> 正:「動けるのは二、三名以下」【漢数字でなくカタカナの”ニ”になっている】
249ページ 6行目 誤:「我々が一、ニ発撃つと」----> 正:「我々が一、二発撃つと」【漢数字でなくカタカナの”ニ”になっている】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デング熱のニュースが報道されなくなった

2014-10-01 10:24:04 | 日常
一時期、日本のデング熱のニュースが毎日流れていた。
デング熱の流行が終息したわけではないのだろうが、特にそれで死者がでたというわけでもないので、報道されなくなったようだ。

もともとデング熱は、高熱がでるだけで自然に治ることも多い病気だ。
重症化するのは5%程度で、体力の弱った高齢者とか糖尿病などの持病を持っているひとがほとんどだ。
これは毎年流行するインフルエンザとかO-157とかと同じだ。

南米に移住している私の知人も3年前にデング熱にかかったが、高熱に苦しんだだけで水分を十分取っていたら一週間で治ったらしい。

実は、今回の日本での流行は予想されていたことだ。

昨年(2013年)に、日本から帰国したヨーロッパの旅行者がデング熱を発症していた。
タイミング的にも帰国直後であるし、ヨーロッパで感染したとは考えられない。
そのヨーロッパ人は、東京ではなく「山梨県」に旅行していた。
厚生労働省も日本でデング熱に感染した可能性が高いことを認めていた。

そして、今年になっての日本での流行である。
外国旅行した人が持ち込んだと考えるべきではなく、すでに日本に外来種(?)として生息していた細菌が発見されただけと考えるべきである。
いままで発見できなかったのは、医者がデング熱の確認検査を行っていなかったからに過ぎない。


媒介するのは蚊なので、船舶のコンテナや飛行機の中に入り込んで、日本で外にでることは阻止できない。
昔、テレビ番組の空港の取材で、空港担当者が飛行機の中で虫取り網を振り回して、蚊がいないかどうか確認しているのを見たことがある。
殺虫剤を使わないと意味がなく、人件費の無駄だと思ったのを覚えている。

その程度の防止策しかしていないのでは、日本での流行は必然だったのかもしれない。
エボラ出血熱はなんとか防止してほしいと願っている・・・・・・
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ブラジルが歴史的大敗!!

2014-07-09 10:54:37 | その他
今朝起きてみると、サッカーワールドカップでブラジルがまさかの7失点で負けていた。

接戦で負けたのならわかるが、6点差だ。

まだワールドカップは終わっていないが、確実にブラジル各地で暴動が起きるだろう。
そして、監督は確実に殺されて、選手も何人殺害されるかわからない。
大事な試合で失敗した選手が殺されるのは、南米では当たり前の話なのだ。
中米では、サッカーの勝ち負けで戦争をした国もある。


日本では、「たかがサッカー」でしかないので、1勝もできなくても温かい声援を送り、空港では拍手でお出迎えする。

本来はサッカー選手にとって、こんな屈辱はないのだが、日本人は真剣味にかける民族なのである。



日本代表がレベルの低い理由は、日本人の「情け深さ」=「甘やかし」のせいだ。

20年前のJリーグ設立の成功は、褒められてよいことだと思うが、この先を目指すなら、選手に命懸けでプレーさせる何かが必要ではないだろうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽園のスキマ−アキオ紀行バリその後?

2014-06-21 17:05:36 | 書籍
以前の記事で、私が海外旅行をはじめたきっかけとなったマンガを紹介したことがある。
「アキオ紀行バリ」(深谷陽 著)という漫画だ。

今週(6/19)の週刊モーニングで、実体験マンガの後日譚というか、本当の裏話を読みきりで掲載していた。

作者名のところに「漫画喫茶店長」とあった。
ついに転職してしまったのかと勘違いした。

ネット検索すると、高円寺の「漫画空間」というカフェで、店長をしながら漫画も書いているらしい。

はじめて知ったが、「漫画空間」という店は、読むためだけの漫画喫茶ではなく、道具やデジタル作画用パソコンも備えてある「漫画を描く」ためのカフェなのだ。

名古屋と東京・高円寺の2店舗あり、深谷氏は高円寺の店長になっていた。
漫画を描くための道具も用意してあり、漫画技術の講座を行ったり、生原稿の鑑賞もできるらしい。


長い間、深谷氏は泣かず飛ばずだったようだが、追い風に乗ったか、勝負に打って出たのだろろうか。
いづれにしろ、メジャーな場所に顔を出してくれたことは喜ばしいことだ。

この勢いでバリ島のアキオシリーズの完結編も連載してくれれば、個人的に言うことはない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加