G熊のRough~な生活

椎間板ヘルニアに右ひざ十字靱帯損傷! それでも、おっさんライダー近畿の林道探索中! このとこちょっとON寄り? 

チャイさん企画・氷ノ山ツー6

2017-06-17 22:07:46 | Roughな兵庫

 

お腹を満たした御一行は、日之影の神社横から、蘇武を目指します。

 

 

 

 

大人数なので、ちょこっとしたことで、渋滞しちゃいますよね。

 

 

 

 

 

金山峠まで上り詰め、北進してザックザクの新設林道を下るもんだと思ってました。

チャイさんの「↑ 行ってみる?」

「じゃあ、行きましょう」って羽尻林道12キロへ突入です。

 

 

 

 

「ふぅ~」まだ半分ですね。

 

 

残り半分、頑張りましょう!

いやぁ~!

ケムさん転げ落ちてます。

 

 

 

途中の木で止まったから良いものの、あの木がなけりゃ何メートル転げたか…

良かったですねぇ。

 

 

 

 

名色スキー場のてっぺん、備前山山頂です。

心地よい風が、汗(冷や汗?)を乾かしてくれます。

 

 

 

名色スキー場へ下り、蘇武トンネルを抜けて村岡へ戻ります。

「トンネルを抜けると…」

Rindouさんのハスクがエンスト!

アッチャー、ラジエターホースが抜けてます。

クランプが千切れてました。針金で補修してみましたが、キックが降りません。

 

 

 

 

村岡警部派出所前でヘルプを待ちます。

そこへ…

REDBULL登場!





おっ、お姉ちゃん!

窓開けてくれませんでした。

おかげで、伸びた鼻の下が窓に写りこんでますがな。




皆さんには「てっぺん」を楽しんでもらってる頃、ヘルプが到着しハスクは車中へ。

ワタシャ、「但馬蔵」まで舗装路も面白くないんで、八木谷大谷林道へと突入しました。





ガーン!

尾崎の分岐の手前で、リヤタイヤに違和感。パンクです。

ザンネン、大谷工区はあきらめて尾崎へと下ります。

国道を疾走することはできませんので、「万灯の湯」の前の農道で道の駅まで戻りました。

トランポ組は思い思いの積載方法で、自走組はせっせとタイヤに空気を入れて、お別れとなりました。




谷落ち2名、エンジンブロー1名、パンク2名、転倒数名。

色々ありましたが、怪我もなく楽しい1日でした。

みなさん、ありがとうございました。

こんな、おじいちゃん、また誘ってくださいね。



おわり。

ジャンル:
運転・道路
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャイさん企画・氷ノ山ツー5 | トップ | 梅雨の合間に… »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
谷落ち (A熊)
2017-06-18 04:11:13
こうやって動画で谷落ち見ると、ソロでのツーリング恐いですねぇ 疲れてると一人でバイク起こせないですよね〜 でも、皆さん怪我なく無事で楽しいツーリングでした! またいきましょうねぇ〜
お疲れ様でした。 (丼chan)
2017-06-18 06:06:26
谷落ち怖いですね。
動画見ても結果知っているから、笑って見られるけど、ケツ持ちしてて気付かれなかったらと考えると怖くてなりません。

それはそうとパンクの女神様が、G熊さんにも降臨していたんですね。突如降臨されるので、困りますよね。
声が聞こえました (G熊)
2017-06-18 21:15:29
止まったら、後ろから「アッア~!」
振り向くと、バッチリ撮影できちゃった。
ちょうど木があって、止まったみたいなので、バイク停めてから救出に向かいましたが、もっと転がってたら、バイク放り投げてたでしょうね😅
生きて帰る (サンダーおいおい)
2017-06-19 19:50:05
おいら、基本は単独ツーなんで、生きて家まで帰るのを信条にしてます

単独で崖落ちしたら...

怖いですねー(T_T)

マスツーやなかったら、泣いてオシッコちびりそうです
ここわいですねぇ (G熊)
2017-06-19 22:04:40
Rindouさんのレスキューが完了し、但馬蔵まで戻るだけだったのですが、思わず但馬トンネルを抜けたところで、単独で尾崎工区に突入しちゃいました。
そこで、パンクでした。
いや~参りました。尾崎へ下るコンクリ舗装も、バイパス農道もリヤ振りまくり。
生きて帰れてよかったですぅ。

コメントを投稿

Roughな兵庫」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。