東方のあけぼの

政治、経済、外交、社会現象に付いての観察

ヒラリー・クリントンに凶相が現れる

2016-11-02 20:07:12 | アメリカ大統領選挙

政治家は怒ってもいい。笑っても良い。泣いてもいい。演技しても良い。ただし絶対に見せてはいけない表情は怯えである。 

メール疑惑の第二弾が表面化してからヒラリーの表情が一変した。これまでの余裕がなくなったのか。自分の表情がコントロール出来なくなっている。やはりなにかあるんだな、メール疑惑には。そう思われてはいけないから表情には注意しないと。

彼女もとんだ古狸でいままでは完全に演技していただけに、にわかに顔に張り付いて剥がれなくなった凶相は深刻な問題である。選挙の結果にも影響が出るかも知れない。勿論有権者が決めることだから分からないが。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生前退位という言葉 | トップ | 食うものがない米国大統領選挙 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アメリカ大統領選挙」カテゴリの最新記事