dailie morlie

森羅万象、宇宙の真理

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

PLAN B は大切だ

2006年12月02日 08時30分07秒 | Weblog
1日の朝、映画館の公式サイトで確認をして、映画を見に行った。
駅前の映画館で、007。
余裕を持って、20分前に劇場でチケットを求めたところが、なんと上映スクリーンが違うのだ。
グランド で上映されるはずが、4番スクリーンだという。
それでは、見る意味がない。
グランドだから、なんの特典もないここで見ようと思ったのだ。
その場でチケットを払い戻し、その場を去った。
さて、どうする?
PLAN Bはあった。
市南のシネコンで、"007"か"武士の一分"。
最初はそっちで見る予定だったのだ。
それが、グランドで上映するというから、わざわざ予定を変更して見に行った。
しかし、グランド、ということで、考えがフィックスされてしまって、その案を頭の中からすっかり消し去ってしまっていた。
だから、上映時間を確認できていない。
あそこはだいたい1回目は9時台だから、尺と見合わせて2スクリーンで上映されてなければ、ちょっと無理。
と市南に急ぎつつ、思い出した。
PLAN Aはそもそも"記憶の棘"だったのだ。
それが、1日公開の2作に心をとられてしまっていた。
PLAN はCまであったんだ。

市南のコヤにたどり着くと、10:33。
10:30の回があった。007は2スクリーンだ。
"まだ予告編ですよね?"と聞けば、
"あと1分です"との答え。
9時台のほうがスクリーンが大きいが、仕方ない。
トイレで用を足してから入ると、ちょうど最後の広告・海賊版撲滅キャンペーンがおわるところだった。
なんと、内容が変わってるようだったが、まぁそんなことはどうでもいい。
きっかりに始まって、一安心だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画雑感 2006-196 007カ... | トップ | 映画雑感 2006-197 カオス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。