My Favorite Things
お酒と肴、映画、MS、お料理、ひと等、好き勝手言っています…。TBは承認制としていますので、ご了承の程…。
 



テキサス州の下院議員チャーリー・ウィルソンは、お酒と女性が大好きなお気楽な政治家のひとり?
初選出から5度の再選を果たすという、人柄はOK?というようなイメージもあるのですが、3人の美人秘書にはじまり、有力な支持者の娘とのアヴァンチュール、そして謎の反共産主義者で大富豪の人妻(恋人?)。

そんなチャーリーに大富豪のジョアンヌが、チャーリーにパキスタンに行くことを薦める。それは現地で戦う難民達の現状を知るためで、現地に赴いたチャーリーはソ連軍の侵略から逃げるアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け、国家機関まで動かしてしまうくらい裏世界に精通している、チャーリーはソ連軍と戦うゲリラたちに武器を密輸するのですが…


詳細はコチラへ。


米ソが対立する冷戦時代。たった一人で破天荒な男が世界を大きく変えていく、国際政治ショーであり、当時のアメリカらしい事だと感じました。


まさにアメリカン・ドリームの時代だったのだと…。今やどうなの?ということを皮肉っているのかな?


本来政治家というのは、こうあって欲しい、こうあるべきなのでしょうね。
国家レベルだと気づかない(気づいてもどうしようもない)出来事に注目し、手を差し伸べて援助し、それはあくまで人道主義でなければならないのですが?


今や忘れ去られていることなのでしょうけれどね、先日観た大いなる陰謀とは、内容は対極にある作品といえますね。


主演が大物ばかりという妙な相似点もあり、面白いかも?
コチラはトム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン。3人ともオスカー受賞者かなんですね。そういえば、今年のオスカーの助演男優賞にフィリップがノミネートされていたのですね?
まぁあのハビエルには負けても、致しかたないですけれどね…。


余談ですが…チャーリーズ・エンジェル(彼の美女秘書軍団)のひとりが、ロズウェルのリズだったり、微妙にハンクス繋がり?

それと実際のチャーリー・ウィルソンって、トム・ハンクスに似ているような気もしますが、いかがでしょうか?








コメント ( 14 ) | Trackback ( 53 )


« おみやげ模索。 私は諦めない…。 »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (sakurai)
2008-05-26 20:26:46
予告を見た限りでは、ずいぶんとお気楽な議員で、意外なことをやった!!という印象を持ったのですが、そんなことはなく、ちゃんとそういう位置にいて、力のあった人だったと。
ああいう予告にしたあたりに色気がみえまして、どうもするっと入り込めませんでした。
アメリカンなドリームだったかもしれませんねぇ。ベトナムで負けてぼろぼろになったあとで、自信を失ってたころでしょうからね。
まあ、弁解じみた映画だった風はぬぐえませんでした。
 
 
 
こんにちは♪ (ミチ)
2008-05-27 16:31:06
TBありがとうございました!
確かにチャーリーご本人ってトム・ハンクスにちょっと似てますよね~。
っていうか、髪型とかはトムが似せたんでしょうけど(笑)
助演男優賞もシーモアはやはりハビエルには負けてましたね。
 
 
 
TBお礼 (ちこり)
2008-05-30 19:03:33
TBありがとうございました。
こちらもお返ししようとしましたが、
出来ませんでしたので、(許可制のためでしょうか)
まずはお礼まで。
m(__)m
 
 
 
Unknown (masako)
2008-05-30 23:16:41
こんばんは。
本当出演者は大物ばかりでしたが、映画はちょっと思っていたのとは違いました。

チャーリー・ウィルソンとトム・ハンクス、私も似てると思います!!

 
 
 
皮肉?アンチテーゼ? (zooey)
2008-06-02 11:44:54
TBありがとうございます。

私も、大変後味が悪いように思いました。
だって我々は、その後のアフガンの混迷を知ってしまっている。タリバン、アルカイダが台頭し、9.11が起こり…
そういう今、こういう映画を作るのってどうなのよ!?と思ってしまいました。
その割にはあくまで明るいし。
ラストもラスト、エンドロールのところでちょこっと
皮肉っぽい言葉があったように思いますが、あれじゃ
あ気がつかない人も多いでしょうね?
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-03 12:33:25
sakuraiさま

コメントありがとうございます。

>sakuraiさま

コメントありがとうございます。

>ベトナムで負けてぼろぼろになったあとで、自信を失ってたころでしょうからね。
まあ、弁解じみた映画だった風はぬぐえませんでした。

そういうふうにもいえますよね?
なのにまた同じ過ちを繰り返す。おろかですが、ひとがゆえにのことですね。でも、日本もあまり変わらない気がしますね。


 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-10 00:40:31
ミチさま

こんばんは。
コメントありがとうございました。
お返しが遅くなりごめんなさい。

>助演男優賞もシーモアはやはりハビエルには負けてましたね

それに尽きます。
どちらも濃いキャラですが(単品で見ると)、やはりハビエルの圧勝ですね。同じ年度で闘うべき相手ではありませんね(笑)


 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-10 00:44:24
ちこりさま

コメントありがとうございます。
お返しが遅くなりごめんなさい。

私の制限もありますが、Yahoo!さんとは、時により相性が良くなさそうですね。

でも数人は突破していらっしゃるようです。
あまり気になさらないでくださいね。そんなこともありますから…。

でも気が向いたら、いらしてくださいね。
コレからもどうぞよろしくお願いいたします。


 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-10 00:47:11
masakoさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。
お返しが遅くなりごめんなさい。

>本当出演者は大物ばかりでしたが、映画はちょっと思っていたのとは違いました。

最近、面倒くさいメッセージを伝えるときに、どうも大物を使う傾向がありますが、これも「大いなる陰謀」も、似て非なる?という気がしています。

どうでしょうか?

 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-10 00:50:34
zooeyさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。
お返しが遅くなりごめんなさい。


>私も、大変後味が悪いように思いました。

やはりそうですか?

>ラストもラスト、エンドロールのところでちょこっと皮肉っぽい言葉があったように思いますが、あれじゃあ気がつかない人も多いでしょうね?

というか?気づきません。
ちゃんといいたいことは、伝えましょう!!!

それでこそ、制作する意味があるわけですからね…。
なぁんちゃって。


 
 
 
アメリカ賛美? (mezzotint)
2008-07-10 20:36:41
moriyuhさん
TB&コメントありがとうございました!
いやあ~ほんまに知らないことが多いもんで・・・・。映画を通じて勉強している毎日です(^_^;)少々アメリカも頑張っているんだよ!というアピールが凄く出ていたような作品かな?なんて思いました。とかくアメリカという国のイメージは“戦争”が大好き?って感じだったもので。そんなこと言ったら不謹慎ですが。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-07-28 07:37:57
mezzotintsama

コメントありがとうございます。
お返事が大変遅くなりすみません。

>いやあ~ほんまに知らないことが多いもんで・・・・。映画を通じて勉強している毎日です(^_^;)少々アメリカも頑張っているんだよ!

私も同様です。
映画もそうですが、人から教わることが多いですね。
知識もそうですが、人から学ぶ?なんてこともね。

そんなことを痛感する日々でございます。






 
 
 
どうもありがとうございました♪ (メル)
2008-12-02 08:47:35
TBだけかけ逃げ(?)してたのに、TBそれにコメントも頂いて、どうもありがとうございましたm(_ _)m

ほんと、これは「大いなる陰謀」とまた別の角度から
アメリカの愚かさみたいなのを表現してましたよね~。
アメリカは変われるのか?・・とても難しいでしょうが、コメントにmoriyuhさんが書いてくださったように、こういう映画を作り続ける、言い続けるってことが大事なんでしょうね。

そうそう、チャーリーの周りの美人秘書軍団、すごかったんですよね~^^
実際もあんな感じだったんでしょうかね?!
あれだと働く意欲も違うってもんなのかも?!(^ー^* )フフ♪
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-12-07 00:40:58
メルさま

こんばんは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

>そうそう、チャーリーの周りの美人秘書軍団、すごかったんですよね~^^
実際もあんな感じだったんでしょうかね?!
あれだと働く意欲も違うってもんなのかも?!(^ー^* )フフ♪


まさに「英雄色を好む」といったところでしょうか?
仕事と女性は比例するんですよね…。
わかる気も致しますが…失脚の元でもありますからね?特に男性の場合は…。



 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”』  コチラの「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」は、トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン共演の5/17公開となった社会派ヒューマン・コメデ...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 63点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ウンコして流さない奴って何なの? 公式サイト ジョージ・クライルのノンフィクション小説を原作に、トム・ハンクス主演、『卒業』で有名なマイク・ニコルズ監督により映画化。 近々最新作が公開される『ランボー』シリーズ三作目『怒りのアフガン』と同じく、1979...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンというアカデミー賞俳優が揃った豪華共演の映画だけど―【story】酒と女が大好きな下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに...
 
 
 
映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を試写室で鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」@東宝東和試写室 映画の話 酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーはソ連...
 
 
 
塞翁が馬~『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (真紅のthinkingdays)
 CHARLIE WILSON'S WAR  1980年代、東西冷戦の最中。ソビエトの侵攻により荒廃したアフガニスタンを 救うべく、一人のテキサス男が立ち上が...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 憎悪の連鎖を断て! (労組書記長社労士のブログ)
 知らなかった、TOHOシネマズって、会員は火曜日は1300円なんや{/eq_2/} ちゅうことは、おまけが要らなかったら前売り券さ買う必要ないんや。 前売りを買うと、ネットで座席予約できないから不便やし。 大阪のおっちゃん(←おっちゃんなのか!?)ビール片手にうろうろと...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (迷宮映画館)
予告の印象とは全然違って、硬派な真面目な政治映画だった。
 
 
 
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (みんなシネマいいのに!)
 政治よりもどちらかと言えば美女とお酒が好きなテキサス出身の下院議員・チャーリー
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (心のままに映画の風景)
テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、 美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。 ある日、テキサスの富豪で反...
 
 
 
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンの豪華共演による政治風刺ドラマ『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を観てきましたー。観たのはユナイテッド・シネマとしまえんで22:00の回。平日のこんなレイトショーの上映回だったので、お客さ....
 
 
 
★「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは試写会もあるけど、その前に「109シネマズ川崎」でまず1本。 予告編では、随分楽しそうなお気楽議員のトム・ハンクスが印象的。
 
 
 
映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(2007年、米) (富久亭日乗)
    ★★★☆☆  1980年代のアメリカでソ連の脅威からアフガニスタンを救った 下院議員の実話をTom Hanksが演じた。 原題は「Charlie Wilson's War 」。  テキサス州選出の下院議員Charlie Wilson(Tom Hanks)は 酒と女に目のない政治家だ。 だが、ソ連がアフ...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (5125年映画の旅)
テキサス州の下院議員チャーリー・ウィルソン。彼は秘書に美女を集めたり朝から酒を飲んだりの駄目議員だが、政界に独自のコネクションを持つ隠れた一面を持っていた。彼は大富豪の愛人ジョアンナからソ連に侵略されているアフガンを救って欲しいと頼まれる。乗り気で...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(映画館) (ひるめし。)
たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。
 
 
 
映画 【チャーリー・ウィルソンズ・ウォー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話の映画化。 おはなし: 酒と女に目がない下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、ある日ソ連軍に侵攻されたアフガニス...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 CHARLIE WILSON'S WAR 上映時間 101分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/05/17 監督 マイク・ニコルズ 音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード 脚本 アーロン・ソーキン 出演 トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、エイミー・アダムス フィ...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (映画鑑賞★日記・・・)
【CHARLIE WILSON'S WAR】2008/05/17公開(05/17鑑賞)製作国:アメリカ監督:マイク・ニコルズ製作:トム・ハンクス、ゲイリー・ゴーツマン出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ネッド・ビーティ “たっ...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(2007年) (勝手に映画評)
9.11の原点。実話です。映画館での予告編や、TVCMでは、お気楽な音楽と、コミカルなチャーリー・ウィルソンの日常が見られますが、それは一部しか描いていないことが(予告編なので一部なのは当然ですが)、本編を見て認識させられました。 あの時点で、アフガニスタン紛...
 
 
 
【映画紹介】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (映画かぶれでいきまっしょい!)
こんにちわ。TB失礼します。 チャーリー・ウィルソンの秘書達が本物のチャーリーズエンジェルらしいですね。納得です。
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (C'est Joli)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー’07:米 ◆原題:Charlie Wilson's War◆監督: マイク・ニコルズ「クローサー」「パーフェクト・カップル」◆出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス ◆STORY◆下院議員チャ...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/トム・ハンクス (カノンな日々)
「ハンティング・パーティ」とどことなく似てるような気のする予告編で、これも社会派エンターテイメント作品なのかなぁと思っていたら、何とこちらも実話に基づいた作品なんだそうですね。1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を...
 
 
 
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」感想と、アフガニスタン (ポコアポコヤ 映画倉庫)
うむ~なかなか良かったのだけれども、共産主義国たるもの=悪だからやってよし!って、感じも無きにしもあらず・・だったかな・・(-_-)・・
 
 
 
【チャーリー・ウィルソンズ・ウォー】 (日々のつぶやき)
  『たった一人で世界を変えた、本当にウソみたいな話』 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、エイミー・アダムス、フィリップ・シーモア・ホフマン 「テキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンはお酒が大好きなお気...
 
 
 
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」アメリカよ、驕るべからず…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 “アカデミー主演男優賞×2”+“アカデミー主演女優賞”+“アカデミー監督賞”まあ、何と豪華な顔ぶれでございましょうか!「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(東宝東和)。にも関わらず、何なのでしょうか、この地味~な空気は…?  1980年。テキサス州選...
 
 
 
【映画】 チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 公開記念特集 最終回 (Coffee and Cigarettes)
今回は、映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/Charlie Wilson's War (我想一個人映画美的女人blog)
ジュリアさん!安ピンでマスカラとかすの、危険ですよ~{/m_0161/} 目に刺さりそっ{/m_0162/} トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンと、アカデミー賞俳優3人揃ったこの映画、 ゴールデングローブ賞では作品賞/脚本賞/主演男優賞/助演...
 
 
 
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』('08初鑑賞67・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (5段階評価 3) 5月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:05の回を鑑賞。
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/Charlie Wilson's War (我想一個人映画美的女人blog)
ジュリアさん!安ピンでマスカラとかすの、危険ですよ~{/m_0161/} 目に刺さりそっ{/m_0162/} トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンと、アカデミー賞俳優3人揃ったこの映画、 ゴールデングローブ賞では作品賞/脚本賞/主演男優賞/助演...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/Charlie Wilson's War (我想一個人映画美的女人blog)
ジュリアさん!安ピンでマスカラとかすの、危険ですよ~{/m_0161/} 目に刺さりそっ{/m_0162/} トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンと、アカデミー賞俳優3人揃ったこの映画、 ゴールデングローブ賞では作品賞/脚本賞/主演男優賞/助演男...
 
 
 
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (Rabiovsky計画)
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』公式サイト 原作:ジョージ・クライル 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス 、ジュリア・ロバーツ 、フィリップ・シーモア・ホフマン 、エイミー・アダムス 2007年/アメリカ/101分 おはなし Yahoo!映画...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (悠雅的生活)
「 いずれ わかるさ」      
 
 
 
【2008-120】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 信じられない物語 でも真実 たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”
 
 
 
「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Charlie Wilson's War」2007 USA 1980年代のアメリカ。テキサス州選出の下院議員チャーリー・ウイルソンの、実話を元にしたポリティカル・コメディ。 チャーリー・ウイルソンに「フィラデルフィア/1993」「ダ・ヴィンチ・コード/2006」のトム・ハンクス。 富豪の...
 
 
 
*チャーリー・ウィルソンズ・ウォー* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持ち、ソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを常に気にしていた。国防歳出小委員会がアフガニスタン支援に500万ドルしか用意していな...
 
 
 
映画を観た~チャーリー・ウィルソンズ・ウォー~ (垂直落下式どうでもいい話)
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を観ました。 自由を追求するための節度はけっして美徳ではない。 正義を追求するための過激主義はけっして悪徳ではない。 ストーリー&解説:下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和...
 
 
 
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (きぶんしだい)
トム・ハンクス主演『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』をTOHOシネマズなんばにて鑑賞 ●あらすじ● 1980年代、アメリカとソ連が冷戦中だった頃・・・ 下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者であり大富豪のジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタ...
 
 
 
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 @日劇 (映画な日々。読書な日々。)
酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリーは、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌにパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーはソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け、ソ連軍と戦うゲリラたちに武器を密...
 
 
 
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 不遜な国アメリカ (はらやんの映画徒然草)
劇中ウィルソンが、ソ連のアフガニスタン進行を防ぐために武器供与の資金を捻出するた
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
たったひとりで世界を変えた本当にウソみたいな話。 お気楽議員が“ハート”と“奇蹟”で世界を変える!!「実話」を基にしたベストセラーを完全映画化!__常識では考えられない「型破り」な物語。 舞台は米ソ冷戦時代の1980年代。トム・ハンクス扮する主人公は、...
 
 
 
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」□監督 マイク・ニコルズ □原作 ジョージ・クライル □脚本 アーロン・ソーキン □キャスト トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ネッド・ビ...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー Charlie Wilson's War (映画!That' s Entertainment)
●「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー Charlie Wilson's War」 2007 アメリカ Universal Pictures,Playtone,Paticipant Production 102min. 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダム...
 
 
 
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【CHARLIE WILSON'S WAR】 2007年/東宝東和/101分 【オフィシャルサイト】 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス
 
 
 
酒と美女と武器と (CINECHANの映画感想)
133「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(アメリカ)  テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソンは?チャーリーズ・エンジェル?と呼ばれる美人秘書軍団を引き連れ、朝の10時からウィスキーを飲むという、美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。それでも、根...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (ぷち てんてん)
☆チャーリー・ウィルソンズ・ウォー☆(2007)マイク・ニコルズ監督トム・ハンクスジュリア・ロバーツフィリップ・シーモア・ホフマンエイミー・アダムスストーリー下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持...
 
 
 
本当にウソみたいな「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー」 (Zooey's Diary)
”米ソが対立する冷戦時代、たった一人の破天荒な男が世界を大きく変えていく国際政治ショー。 人生を楽しむのがモットーのお気楽政治家チャーリーが、セレブで反共産主義のジョアンとはみ出し者CIA捜査官ガストと組み、おおらかな人柄と人脈で人類史上最大のプロジェクト...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (マー坊君の映画ぶろぐ)
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」監督:マイク・ニコルズ出演:トム・ハンクス(『ダ・ヴィンチ・コード』『ターミナル』)ジュリア・ロバーツ(『オーシャンズ12』『クローサー』)フィリップ・シーモア・ホフマン(『M:i:III』『カポーティ』)エイミー・アダムス....
 
 
 
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 2008-No30 (映画館で観ましょ♪)
↓この人がチャラチャラと楽しそうにしている予告を観たから もっと楽しい映画かと思ったら・・・違った。 で、 ワタシはこの映...
 
 
 
トム・ハンクスの「チャーリー ウイルソンズ ウォー」を観た! (とんとん・にっき)
たった一人で世界を変えた、お気楽政治家の世紀のプロジェクト!下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持ち、ソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを常に気にしていた。国防歳出小委員会がアフガニスタン支
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 原題:CHARLIE WILSON'S WAR 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス(チャーリー・ウィルソン)    ジュリア・ロバーツ(ジョアン)    フィリップ・シーモア・ホフマン(ガスト)    エイミー・...
 
 
 
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー ウソみたいな本当の話!? (銅版画制作の日々)
    たったひとりで、世界を変えた本当なの?   パ~イ♪パ~イ♪ミスター・アメリカンパイ♪、懐かしいメロディにのせて始まるよ!   6月17日、MOVX京都にて鑑賞。予告編を見る限り、コメディかと思った。だが主題となるのは戦争だった。主人公...
 
 
 
mini review 08331「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」★★★★☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話を映画化したコメディディータッチのヒューマンドラマ。『卒業』のマイク・ニコルズがメガホンを取り、アフガニスタンに侵攻したソ連軍を撤退させてしまう破天荒な男の姿を...
 
 
 
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、美女とお酒をこよなく 愛するお気楽議員。そんなチャーリーはある日、テキサスを代表する富豪の女性ジョアン (ジュリア・ロバーツ)から、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼...
 
 
 
【映画】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー…の記事&お父さんお母さんありがとう^^ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_snow/} 年末年始は実に調子良く更新していた当ブログですが、一度サボるとダメです{/face_ase2/} 全然更新しなくなってしまいました{/face_ase1/}{/ase/} 更新しない事に特に弊害は無いと思いますが{/face_ase2/} 頂いたコメントへの返事を全く...