My Favorite Things
お酒と肴、映画、MS、お料理、ひと等、好き勝手言っています…。TBは承認制としていますので、ご了承の程…。
 



大昔にかけられた「呪い」はその家に、女の子が生まれたら…というものだった。
幸いにも数代生まれてくる子は男の子だったので忘れ去られようとした矢先に、ついに生まれたペネロピは、な〜んと!「豚の鼻と耳を」持ってこの世に誕生したのでした。

過剰に反応する母親は、マスコミと大衆の目から身を守るため、世を欺くために、偽装死⇒火葬まで行い、屋敷の中だけで育て、いつしかペネロピも25歳。

その恐ろしい呪いを解くために、ペネロピのそのままを受け入れ、永遠の愛を誓ってくれる男性が必要。毎日のように名家の男性とのお見合いをしていたのでした。

鏡越しの会話は弾むものの、一度ペネロピの姿を見ると、みんな一様に逃げ出してしまう始末。そんな中、ひとりの青年が逃げずに残ったのですが…


詳細はコチラまで。

ちょいネタバレありです



ペネロピが失望のあまり、家を出て、ひとりでたくましく生きていく姿は、とてもステキでした。すべてが新鮮だったのでしょうね。

私的には、パブで「ストロービール」で酔っ払っているところや、図らずもカミング・アウトしたあとから結果、

今の自分が好き!というところが良かったかなぁ…。



ところで…
ペネロピって、あの「ブタ鼻」のほうがかわゆかった…。と思うのは私だけでしょうか?




コメント ( 26 ) | Trackback ( 65 )


« やっと4本。 市ヶ谷にて。 »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございます (KGR)
2008-03-07 09:14:14
>「ブタ鼻」のほうがかわゆかった…。
>と思うのは私だけでしょうか

「ほうが」まで言い切る人は少ないかもしれませんが、
豚鼻でも結構可愛いじゃん、
と思った人は大勢いますから、
決しておひとりではないと思います。
 
 
 
豚鼻 (chikat)
2008-03-07 20:19:15
小さいことから見慣れているリッチーだったので、私はどちらも同じに見えました。
(そんなに変わらなくも無いけど)
隣にいた友人は、「あの鼻のほうが絶対可愛い〜!」といっていました。
そう思っている人はたくさんいると思いますよ。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-03-09 08:34:30
KGRさま

コメントまでありがとうございます。

>「ほうが」まで言い切る人は少ないかもしれませんが

たしかに。でも見慣れるとキュートになるし、作品の中にもありましたが、愛されるキャラだと思いました。というか?ココロの問題は大いにあるかとは?思いますが、いかがでしょう…。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-03-09 08:37:47
chikatさま

コメントまでありがとうございます。

>小さいことから見慣れているリッチーだったので、私はどちらも同じに見えました。

彼女はあまり普通の役がないですね。やはり「アダムス〜」が影響しているのでしょうかね?

スリーピーホローもまぁよかった。
アリーmyラブではぶっ飛び弁護士…。

ある意味今回が、一番カワユイ彼女だった気がしてなりません。
全然関係ありませんが、あのストール&コートとても似合ってましたね。私もかなり好みです。





 
 
 
こんばんは☆ (きらら)
2008-03-09 20:36:52
とってもキュートな作品でしたね
私もブタ鼻のほうがかわいいかも、、、って思ってしまいました。
そしてジェームズ・マカヴォイがとってもステキでした
 
 
 
はじめまして (zoe)
2008-03-10 23:23:13
TBありがとうございました。
素敵なブログですね。

私も豚鼻の方がかわいいと思います。
翌日、人に感想を聞かれたときには
はっきり「ほうが」を付けました

ほんと、幸せな気持ちになれる映画でした。

これからもよろしくお願いします!
 
 
 
トラックバックありがとうございます (tacca884)
2008-03-14 02:12:58
初めまして。トラックバックありがとうございます。

ペネロペちゃん25歳だったんですね・・・意外でした。

僕も豚鼻の方がキュートで良いなあって思ってたらなんかみんなそうみたいですね。これって自分のコンプレックスって実は個性なんだって気づかせてもらえる映画ですね。

ではでは。;-)
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-03-15 09:09:22
きららさま

コメントありがとうございます。

>私もブタ鼻のほうがかわいいかも、、、って思ってしまいました。

最近、そう思われる方が多いようですね。
私もあらためて…みなさんのコメントを見てそのように思っている日々です。


 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-03-15 09:11:28
zoeさま

コメント&お褒めのお言葉ありがとうございます。

>私も豚鼻の方がかわいいと思います。翌日、人に感想を聞かれたときにははっきり「ほうが」を付けました!ほんと、幸せな気持ちになれる映画でした。

そうですね。
幸せ気分になれましたね。ちょっと混沌な日々を送っていたので、効果は絶大でした。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-03-15 09:17:09
tacca884さま

はじめまして。
ご訪問&コメントまでありがとうございます。


>自分のコンプレックスって実は個性なんだって気づかせてもらえる映画ですね。

そうですね、意外と自身では気づかないってことですね。とても温かい気分にさせてくれた作品です。



 
 
 
トラコメどうもです (ひらりん)
2008-03-16 03:25:15
東京在住ですが、川崎は近いので、
チネチッタと109とTOHOをぐるぐる回ってるんですよ。
チネは駐車場がお徳だし・・・
109はエグゼクティブシートが快適だし・・・
TOHOは、マイレージで一ヶ月無料パスを狙ってるし・・・
いつも、どこ行くか迷ってるひらりんなのでした。
この作品は、109だけだったので、即決ですけど。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-03-16 22:17:36
ひらりんさま

コメントありがとうございます。

>TOHOは、マイレージで一ヶ月無料パスを狙ってるし・・・

そうなんですね、私も狙おうかな?
ひらりんさまほど、観られてないからなぁ。

でも3つあれば、選べるので便利ですよね。
 
 
 
Unknown (ナナナ)
2008-03-17 00:31:08
TBありがとうございました♪
ペネロピの呪いが解けたシーンはよかったと思う反面、私もちょっと寂しかったりして。。。
「呪いをかけるのは自分の心」という少年の言葉にとても納得でした(*´〜`*)
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-03-21 16:07:58
ナナナさま

コメントありがとうございます。

>「呪いをかけるのは自分の心」という少年の言葉にとても納得でした

ホントそうですね。知らず知らずのうちにってことありますからね。今更ながら、ほっこり作品でした…。


 
 
 
こんばんは (リュカ)
2008-03-23 22:28:05
こちらにもおじゃまします。
あのブタ鼻はかわいかったですよね?
何だか呪いが解けたペネロピを見て「何か足りない…」と思ってしまいました(笑)。
今の自分が好きだと気づくことは、彼女でなくても、他の人たちにも大切なことなのかもしれませんね。
 
 
 
こちらにも♪ (jester)
2008-03-24 09:39:05
>「ブタ鼻」のほうがかわゆかった…。
>と思うのは私だけでしょうか

衝撃発言(爆)なので、こちらにもお邪魔致します。

わたしどものところではコメントされた方が「いくら性格がよくてもあの鼻では、殿方が気に入るわけはない、やはりあれは御伽噺ね」という発言がありました〜

私は、あの豚バナは、予告で見ていたほど気になりませんでしたが、豚バナのほうが可愛かったかといわれると、やはり毎日みるなら普通のはなのほうが良いのではないか、などと真剣に考えて見ました。
 
 
 
TBありがとうございました (sakurai)
2008-03-25 13:39:20
TBありがとうございました。
あたしの鼻はコンプレックス・・。
このべチャ鼻を小さいころから何とかしたいと涙ぐましい努力を・・・。
洗濯ばさみではさんで寝てみたり、毎日マッサージしてみたり。
でも、そんな風に思い悩んだのも若気の至りですかね。いまだ、低いままですが、忙しくて、鏡見てため息つく暇もないです。
ペネロピは、自分の部屋ではない、ちゃんとした自分の居場所を見つけることが大事だったのでしょうね。
とってもいい映画でした。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-03-27 12:01:08
リュカさま

コメントありがとうございます。

>今の自分が好きだと気づくことは、彼女でなくても、他の人たちにも大切なことなのかもしれませんね。

今の自分が好きと思うのは、なかなか難しいことですね。そんな風に客観的に自分を観ることはないような気がします…。でも相手の顔を見ていて気づくということはあるかもしれないですね…。


 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-03-27 12:07:23
jesterさま

コチラにもコメントありがとうございます。

>「いくら性格がよくてもあの鼻では、殿方が気に入るわけはない、やはりあれは御伽噺ね」という発言がありました〜

見させていただきました。確かにそうかもですね…。
殿方はそうかもしれませんね。

でも見慣れているからそれもありか?って感じだったと思います(笑)
またみたい1本かもしれません。


 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-03-31 14:57:25
sakuraiさま

コメントありがとうございます。

>そんな風に思い悩んだのも若気の至りですかね。いまだ、低いままですが、忙しくて、鏡見てため息つく暇もないです。

意外と自分の顔って嫌いな人多いんじゃないのかな?と思うことがあります。ちなみに私もなんですがね…。

大人になったからかもしれませんけれどね、でも自分を愛せずして、人を愛するなんてムリですからね、今の自分を肯定しようとしていますよ〜。

 
 
 
いい作品でした! (mezzotint)
2008-05-12 18:01:40
moriyuhさん
コメント・TBどうもです!
いやいや本当にいい作品でしたね。
呪いがあのようなかたちで解けたのが
やはり救いです。相手と結ばれたことで
解けるというオチじゃ、面白くありませんからね。
彼女がありのまま自分を受け入れた、ここがこの
作品の一番のメッセージだと思いました。
ネガティブをポジティブに・・・・。
いいですね(*^_^*)
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-05-15 07:53:17
mezzotintさま

いつもコメントありがとうございます。

>相手と結ばれたことで解けるというオチじゃ、面白くありませんからね。

そういえば、そんなおとぎ話はディズニー以外に、最近は見受けられないですね。

>彼女がありのまま自分を受け入れた、ここがこの
作品の一番のメッセージだと思いました。

そうですね、今の自分を肯定して前に進む。
意外とできていそうで、やれていないかも?やはりそれを支えてくれる人が必要なのかも?と思います。


 
 
 
こんにちは (はらやん)
2008-10-02 09:16:22
moriyuhさん、こんにちは!

「ストロービール」で酔っぱらっているペネロピはなんかかわいかったですよねー。
とろーんとしていて。
確かに鼻が普通になったペネロピはちょっともの足りない感じはしましたね。
けっきょくやはり魅力の本質というのは、姿形ではなく、その人の内面から溢れてくるものによるんでしょうね。
ペネロピの魅力はあの前向きさだったのですよね。
だから豚鼻でもかわいらしく見えたのでしょう。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-10-08 08:16:43
はらやんさま

コメントありがとうございます。
お返しが遅くなりごめんなさい。

>けっきょくやはり魅力の本質というのは、姿形ではなく、その人の内面から溢れてくるものによるんでしょうね。
ペネロピの魅力はあの前向きさだったのですよね。


魅力の本質は最近、本当にそのように思えるようになりました。
だからいくつものドラマが必要なのかも?と思っています。
辛いこともいいことも、イロイロな内面を磨く一つと思えば、怖くないかも…。そういう風な勇気をもらえる作品ですね。



 
 
 
コメントありがとうございました (YOSHIYU機)
2009-02-23 07:49:36
やっぱり、豚鼻じゃない方が可愛いと思います(笑)
豚鼻は似合ってましたけどね。

ストロービールは真似したくなりました(笑)
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-03-02 00:03:37
YOSHIYU機さま

こんばんは。
ご訪問&コメントありがとうございます。


>やっぱり、豚鼻じゃない方が可愛いと思います(笑)


やはりですか…。
まぁ普通そうですよね。クリスティーナの顔だからかな?としつこい私(笑)



 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ペネロピ(映画館) (ひるめし。)
豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見てた――― 恋することを。
 
 
 
ペネロピ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Penelope”監督=マーク・バランスキー。脚本=レスリー・ケイヴニー。撮影=ミシェル・アマデュー。音楽=ジョビィ・タルボット。先祖の因果が末代に報い、豚鼻娘にかかった呪いは、どうすれば解けるのか?☆☆☆☆
 
 
 
【映画】 ペネロピ   (Coffee and Cigarettes)
珍しく、新作映画の紹介です。このブログを今までご覧いただいている皆さんが、"なんで?あんた、熱でもあるんちゃう?"と思いそうな、かわい...
 
 
 
ペネロピ/PeneLope (描きたいアレコレ・やや甘口)
可・愛・い・お話。恋とそれだけでなく自分のためのおとぎ話。 これを観た女の子(心だけ女の子でも大丈夫w)は、心の宝石箱にしまいまし...
 
 
 
「ペネロピ」 (てんびんthe LIFE)
「ペネロピ」試写会 テアトルタイムズスクエアで鑑賞。 全然知らなかったんですが、リーズ・ウィザースプーンが、いきなり画面に個性の強い脇役で登場したので、一体これは何事か…と思ったら、彼女プロデューサーだったんですね。 エンドロールにもシッカリ、プロデ...
 
 
 
『ペネロピ』を試写会で観賞 (エミー・ファン!ブログ)
ペネロピ/Penelope 2008/3/1公開 公式http://www.penelope-movie.com/ Penelopeといえばペネロペ・クルスですがこの『ペネロピ』はクリスティーナ・リッチ ...
 
 
 
[映画]ペネロピ (落とし穴には気をつけろ!)
試写会に行ってきました。 冒頭にMEGUMIさんがセクシー衣装で登場とってもキレイでしたよぉ 映画パーソナリティの伊藤さとりさんとのトークショーがあったのですが、会話も上手で、頭のいい人なんだなあと感心しました。伊藤さとりさんも、いつもTSUTAYAの店内ラジオで...
 
 
 
「ペネロピ」:小日向四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}愛知学生会館かあ。やっぱりここの学生たちは、毎日ミソカツ食べて暮しているんだろうな。 {/hiyo_en2/}愛知の学生がみんな豚カツにミソかけて食べていると思ったら、大間違いよ。 {/kaeru_en4/}愛知の女学生の鼻はみんな豚の鼻になっているっていうのも、...
 
 
 
『ペネロピ』 (ラムの大通り)
(原題:PENELOPE) -----この人、クリスティーナ・リッチだよね。 なんで顔隠しているの? これって寒いところのお話? 「いやいや。顔というよりも正しくは“鼻”、そして“耳”かな。 実は、彼女は豚の鼻と耳を持っているんだ」 -----豚?それはまた突飛な話だニャあ。...
 
 
 
ペネロピ/ PENELOPE (我想一個人映画美的女人blog)
2年前のトロント映画祭でyueと1時間半も並んだのに二つ前で切られて{/face_naki/}(当日チケット完売{/ase/}) 見逃してからずっーと公開を待ってた映画、ついに日本上陸{/ee_1/} 3月公開を前に、試写で観てきました〜。 その昔、ゴシップでブタの鼻をつけた主演の...
 
 
 
ハッピーなおとぎ話(映画/試写会:ペネロピ) (美味!な日々)
うーん、一週間に2回もステキな映画に出会えると、うれしくなっちゃいますね〜。数日前の『ガチ☆ボーイ』に続いての試写会は『ペネロピ』。
 
 
 
ペネロピ (to Heart)
製作年度 2006年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 101分 監督 マーク・パランスキー 脚本 レスリー・ケイヴニー 出演 クリスティナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/ピーター・ディンクレイジ/リチャード・E・グラント/サイモン・ウッズ/...
 
 
 
「ペネロピ」を観る (紫@試写会マニア)
ハリウッドの大作をドスーンと観るのも楽しいですが、私は、春や秋にはちょっとした小作をじっくりゆっくり観たくなります。今回観た「ペネロピ」尺も101分と見やすく、イギリスとアメリカの合作々品(街がロンドンかNYか解らない)らしい色合いに、可愛らしくて夢のあ...
 
 
 
『ペネロピ』 (cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー)
自分にとっては珍しく、昨日の夜も仕事帰りに映画鑑賞。2夜連続で映画鑑賞するなんて奇跡だ(笑)。ということで、新宿のタカシマヤテアトルタイムズスクエアで『ペネロピ』を観てきました。公開1週目だけレイトショーをやっていたので、それ狙いで。それにしても、水曜レデ...
 
 
 
『ペネロピ』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 小学生くらいの頃に観ていたら、「うわぁ! 素敵な映画だった!!」と、瞳をきらきらさせて感動していたかも。 『ペネロピ』 "PENELOPE" 2006...
 
 
 
『ペネロピ』(原題:Penelope) (潮風のささやき)
先日、試写会に行ってきました。(一般公開は3月1日からです。)サイコーにキュート
 
 
 
映画レビュー「ペネロピ」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆風変わりなおとぎ話でキュートなラブロマンスは、豚の鼻を持った女の子が主人公。ポップな映像が楽しい。 【65点】  裕福な名家に生まれながら、先祖がかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳を持って生まれたペネロピ。何とか結婚させて呪いを解こうと...
 
 
 
映画 『ペネロピ』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ 先祖がかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまったヒロインが、真実の愛を見つけるために奮闘するロマンチックコメディー。大きな豚の鼻を持つ主人公を『スリーピー・ホロウ』のクリスティナ・リッチが好演。 魔女に呪いをかけられ、...
 
 
 
ペネロピ (あーうぃ だにぇっと)
監督:マーク・パランスキー キャスト ペネロピ☆クリスティナ・リッチ マックス☆ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・ウィルハーン☆キャサリン・オハラ レモン☆ピーター・ディンクレイジ フランクリン・ウィルハーン☆リチャード・E・グラント エドワード...
 
 
 
ペネロピ (ありがとう大作戦!)
新宿のテアトルタイムズスクエアにて 映画「ペネロピ」(イギリス/2006)を観た。 予告編を見たときから楽しみだった作品で、 呪いで豚の鼻と耳になってしまった、名家の女の子が主人公。 ティム・バートン監督作品や「アメリ」を思い出す、 かわいらしい映像で描か...
 
 
 
「ペネロピ」〜呪いはホントにあるぜ、しかも効く!〜 (foxbase alpha)
現実世界の舞台で呪いにより豚顔になっている主人公というのは、どうしても宮崎監督「
 
 
 
[映画] ペネロピ (Wheat and Chaff)
ペネロピ 遠く昔の先祖の犯した罪から魔女に呪いをかけられ、豚の鼻を持って産まれた女の子の、ずっと部屋に閉じこもっていたところからの開放による心境の変化と、恋についての物語。 いやあ、なかなか面白かったですよ。映像も綺麗だし、女の子が好きそうなストー...
 
 
 
映画一題。 (Gunsi兵法書blog)
ペネロピ先祖の愚行に恨みを買い、魔女の呪いをかけられ、鼻と耳が豚のそれで生まれてきてしまった主人公の女の子が自分自身や恋愛と向き合いながら成長していくお話。こう粗筋を書いてみたり、ウェブサイトや予告編を見ていると、王道ラブロマンスだろうと想起されるのだ...
 
 
 
「ペネロピ」ロマンティック・フェアリーテイル (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 曾々々々お爺さんが犯した過ちによる呪いで 豚の鼻をもって生まれてしまったペネロピが 真実の愛を見つけ、呪いを解くまでのロマンティックなお伽噺。 主人公ペネロピを演じるのは クリスティーナ・リッチ。 豚鼻でさえキュートに見えてし...
 
 
 
★「ペネロピ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目。 熱烈?なペネロペ・クスルのファンのひらりんとしては、とっても気になるタイトル。 もちろん彼女とは全く関係ない作品で・・・ 怪演技が続くクリスティーナ・リッチが主演。
 
 
 
ペネロピ (映画三昧、活字中毒)
■ テアトルタイムズスクエアにて鑑賞ペネロピ/PENELOPE 2006年/イギリス、アメリカ/101分 監督: マーク・パランスキー 出演: クリスティナ...
 
 
 
★ペネロピ(2006)★ (CinemaCollection)
PENELOPE上映時間101分製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(東京テアトル=デスペラード)初公開年月2008/03/01ジャンルコメディ/ロマンス/ファンタジー好きになりたい。豚の鼻を持って生まれてきた私は夢見ていた──恋することを。【解説】先祖を巡る因縁が元で....
 
 
 
38●ペネロピ (レザボアCATs)
もともと、こういう雰囲気の大人の童話的なファンタジーが大好きなので、これは絶対見よう!と随分と前から決めていた作品。思ったより、ずっとコメディタッチ。なかなか楽しめた。クリスティーナ・リッチ、ブタッ鼻をつけていても、すっごくかわいくって・・・。
 
 
 
「ぺネロピ」 (或る日の出来事)
とても可愛らしく、ファンタジックなラブストーリーだった。 こうであってほしいと(私が)思うとおりの決着を、ほとんど迎えるといっていい...
 
 
 
ペネロピ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  祖父が犯した罪のため、ブタの鼻を持って産まれた女の子が、主人公のペネロピである。この呪いを解くには、名門の家に生まれた男性と結婚しなくてはならない。  それで何度もお見合いをするのだが、誰もがペネロピの顔を見たとたんに逃げ出してしまう。さあ、...
 
 
 
ペネロピ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  祖父が犯した罪のため、ブタの鼻を持って産まれた女の子が、主人公のペネロピである。この呪いを解くには、名門の家に生まれた男性と結婚しなくてはならない。  それで何度もお見合いをするのだが、誰もがペネロピの顔を見たとたんに逃げ出してしまう。さあ、...
 
 
 
ペネロピ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ブタ鼻姫直伝!コンプレックス打開法♪  
 
 
 
ペネロピ (観劇★感激★カンゲ記)
公式サイト→コチラ 予想通りの展開だけど、それが大満足[:るんるん:] コンプレックスは誰にでもあって、ありのままを受け入れることが大事っていう、これまたよくあるテーマ。 でも、なんだかとにかくほわ〜っとした気持ちになれる映画。 最初から最後までか...
 
 
 
ペネロピ (knockin' on heaven's door)
Penelope 先祖にかけられた呪いのため、豚の鼻を持って生まれた名家の娘・ペネロピ。呪いを解き、幸せを得るための鍵はどこに隠されている? お姫様はいつでも王子様を待っている・・・でもハッピーエンドは自分自身の手で掴むもの。カラフルな映像世界に彩られた、...
 
 
 
ペネロピ (龍眼日記 Longan Diary)
名家ウィルハーン家に女の子が誕生。 彼女の名はペネロピ(クリスティーナ・リッチ)。 何不自由ない家庭で育つ彼女だが、5代前のおじいちゃんのせいで一家に 呪いがかかり、彼女は豚の鼻と耳を持って生まれる。 それをひた隠しにする母親によってお屋敷から外へ出...
 
 
 
【ペネロピ】★★★★☆90点 (映画大好き・シネマっぷ!)
試写会で見てきました「ペネロピ」! 前情報で知ったときから、見たくて仕方がなかったこの作品。 公開日は3月1日ですので、ネタバレなし...
 
 
 
『ペネロピ』 2008-No20 (映画館で観ましょ♪)
ナルニアのタムナスさんが人間になってブタさんに恋をした。 タムナスさんたらステキになってる♪ 魔女に呪いをかけら...
 
 
 
ペネロピ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。』  コチラの「ペネロピ」は、先祖にかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまった女の子を描いた3/1公開のチャーミングなラブ・コメディなのですが、観てきち...
 
 
 
ペネロピ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。』  コチラの「ペネロピ」は、先祖にかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまった女の子を描いた3/1公開のチャーミングなラブ・コメディなのですが、観てきち...
 
 
 
ペネロピ (たかお=うどイズム)
あるがままの自分の素晴らしさに気づいたら幸せはやってくるというおとぎ話。 マーク
 
 
 
ペネロピ (2006・イギリス) (白ブタさん)
かわいい{%びっくり1webry%}{%ハート2webry%}
 
 
 
ペネロピ (2008 映画観てきましたっ!)
おとぎ話ですな。
 
 
 
ペネロピ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ありのままの私じゃダメなの?・・・豚の鼻を持って生れたペネロピは、街へと飛び出した。新しい自分と出会うために、そして恋をするために・・・。 社交界でも注目を浴びる裕福な名家、ウィルハーン家の一人娘として生れたペネロピ。ウィルハーン家には古くから言い...
 
 
 
ペネロピ (菫色映画)
2006年 イギリス 監督:マーク・パランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ    ジェームズ・マカヴォイ    キャサリン・オハラ    リチャード・E・グラント    リース・ウィザースプーン 魔女によって呪いをかけられた名家ウィルハーン家、...
 
 
 
ペネロピ (eclipse的な独り言)
 彼岸の墓参りのついでに観てきました。といいますより、映画のついでに墓参りに行っ
 
 
 
ペネロピ (eclipse的な独り言)
 彼岸の墓参りのついでに観てきました。といいますより、映画のついでに墓参りに行っ
 
 
 
ペネロピ PENELOPE (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
「生きる」ことの意味の一つが「幸せさがし」だとしたら、この映画にヒントがあるかもしれません。 トレーラーを見たときは「クリスティーナ・リッチの鼻が・・・絶対見たくないかも」嶺とおもったのですが、マカヴォイさん@タムナスさんに釣られて見に行っ...
 
 
 
怪奇! 豚鼻の呪い! マーク・パランスキー 『ペネロピ』 (SGA屋物語紹介所)
はーい! あたしペネロピ[E:happy01] 意地悪な魔女に呪いをかけられたせ
 
 
 
『Penelope』ペネロピ (キマグレなヒトリゴト)
ありのままの自分が一番。ブタ鼻でも…。 ぽちっとプリーズ。 ペネロピ (ハヤカワ文庫 NV ケ 6-1)
 
 
 
『ペネロピ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ペネロピ」□監督 マーク・パランスキー □脚本 レスリー・ケイヴニー □キャスト クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リチャード・E・グラント、サイモン・ウッズ、リース...
 
 
 
ペネロピ (5125年映画の旅)
貴族の家系に生まれた少女・ペネロピ。彼女は先祖が受けた魔女の呪いによって豚の鼻を付けた姿で生まれてきた。彼女の呪いを解く方法はひとつ。高貴な身分の者が彼女を愛する事だった。世間から隠れながらも、ペネロピは運命の男性を見つけるべく数々の縁談を試みるの...
 
 
 
ペネロピ (迷宮映画館)
惚れてしまいました・・・。ポっ。あーーー、またひとりコレクションに加えなくっちゃ。
 
 
 
ペネロピ (Diarydiary!)
《ペネロピ》 2006年 イギリス映画 − 原題 − PENELOPE 5代前の
 
 
 
「ペネロピ」 (みんなシネマいいのに!)
 家は金持ちだが、先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻を持って生まれてきた
 
 
 
ペネロピ (井猴之見)
「ペネロピ」を観て来ました@109シネマズ川崎。  クリスティーナ・リッチかわいいよクリスティーナ・リッチ  という理由だけで観に行ったようなものですが、映画が始まってからは  クリスティーナ・リッチ豚鼻でもかわいいよクリスティーナ・リッチ  って感...
 
 
 
呪いは自分の心にある (CINECHANの映画感想)
86「ペネロピ」(イギリス)  イギリスの名家ウィルハーン家の一人娘として生まれてきたペネロピ。ウィルハーン家に古くから言い伝えられてきた恐ろしい呪い、それが現実としてペネロピに降りかかり、彼女の耳と鼻は豚のようだった。娘を守りたい一心で、両親はペネロ...
 
 
 
【劇場映画】 ペネロピ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 社交界でも注目を浴びる名家・ウィルハーン家に、ブタの鼻と耳を持ったペネロピが生まれる。娘をマスコミや世間から守るため、両親はペネロピを死んだ事に。こうして彼女は、屋敷の中だけで生きてきた。先祖の悪行によって一族にかけられた呪いを解く方法...
 
 
 
ペネロピ ( Art- Mill  あーとみる)
ペネロピHP http://www.penelope-movie.com/ 圧倒的に若い女性が多かった。気軽に楽しむ「自分探しの映画」。 現代風おとぎ話といってもいい。例によって「魔女の呪い」があるが、それは
 
 
 
ペネロピ(^0_0^)女は顔じゃないよ!ハートだよ!! (銅版画制作の日々)
  顔じゃないよ だよ でも第一印象で決めるのはやっぱり・・・・。顔が綺麗可愛いっていうのがありなのかも世の女性の皆さん、これを観てどう思われるでしょうか?何か勇気が持てそうな感じが???? 5月3日、連休真っ只中、「ペネロピ」を京都みなみ会館にて鑑賞...
 
 
 
ペネロピ (SSKS*)
オフィシャルサイト 2006 イギリス 監督:マーク・パランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/リチャード・E・グラント/ピーター・ディンクレイジ ストーリー:先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳をもっ...
 
 
 
ペネロピ (Blossom Blog)
ペネロピ PENELOPE 監督 マーク・パランスキー 出演 クリスティナ・リッチ ジェームズ・マカヴォイ     キャサリン・オハラ ピータ...
 
 
 
「ペネロピ」 呪いを作るのは僕たちの心だ (はらやんの映画徒然草)
一族にかけられた呪いによって名家の娘ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は豚の鼻と
 
 
 
むかしむかしあるところに (MESCALINE DRIVE)
「ウォンテッド」を観て「つぐない」を観た。ジェームズ・マカヴォイ祭りを続行するならば、これを観なければならないと云うことで「ペネロピ」を観た。 「つぐない」については近く記事を更新するつもり。 名門ウィルハーン家にはひとつの呪いがかけられていた。悲恋を...
 
 
 
ペネロピ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな...
 
 
 
『ペネロピ』'06・英・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年...