My Favorite Things
お酒と肴、映画、MS、お料理、ひと等、好き勝手言っています…。TBは承認制としていますので、ご了承の程…。
 



映画オタクのタランティーノ監督が、リスペクトする1970年代から80年代のグラインドハウス=B級映画の2・3本立てで上映する映画館の総称。

昔ならではの画面のスクラッチやブレ、リールのダブりもあえてままというより、演出?のこだわりを感じました…。タランティーノ様のこういう「細部へのこだわり!」が、私のツボにはまるところ…。


カート・ラッセル演じる連続殺人鬼=スタントマン・マイクのイカレ具合はとっても気持ちが悪い!

愛車「デス・プルーフ」はその名の如くなのですが、コレはドライバシートに乗っていればという厳しい条件付。美女を甘い言葉でナンパしては、死のドライブに誘い、相手は天国へ、自分は病院送りの後、復活?

ある日復活したマイクは、テネシー州で豪快なスタントライドを楽しむ3人の女性たちに目をつけるのですが?コレがトンでもないことに…。


詳細はコチラへ。


いやー後半のゾーイ・ベル演じるゾーイ達のリベンジの凄まじさは、ある意味笑えて楽しかったです…。

ゾーイ・ベルは、キル・ビルのユマのスタントをしていたらしいんですが、かなりクールです。私的にはブリジッド・フォンダに似ているなぁ・・・と思ったりも。

一般受けはしないでしょうが、映像、音楽、そしてエンドロールと私の点数は、もちろん高めです…。


それにしても、女をホンキで怒らしては、いけませんね。
怖いッたらありゃしないですよ~。男性のみなさま。お気をつけあそばせ…。

それと今月末公開のロドリゲスの「プラネット・テラーinグラインドハウス
」ももちろん、観ますわよ…。




コメント ( 4 ) | Trackback ( 62 )


« 朝採りのtomato。 恋とスフレと... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございます (yumiyan)
2007-09-16 13:30:40
タランティーノの映画のこだわりが味わえておもしろかったですね。
ほんとゾーイはかっこよかった!!
違う目線でキルビル鑑賞もしてみたくなりました。
そして私ももちろん、プラネット・テラー観ますよ~!!
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2007-09-16 17:11:20
yumiyanさま

ご訪問&コメントありがとうございます。

>違う目線でキルビル鑑賞もしてみたくなりました。

私もそうです。
背がたりないんじゃない?なんて思っていましたけれどね…。

プラネット・テラー来週ですよね?楽しみです。

またよろしければ、いらしてください。
 
 
 
こんばんわ (YOSHIYU機)
2008-04-22 22:00:35
コメントありがとうございました。

ゾーイ・ベルが、ブリジッド・フォンダ?
私には、そこまでの想像力はありません(笑)

最後の女性のリベンジは、爽快でしたが
カート・ラッセルが、急に弱くなった気も(笑)
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-04-25 20:43:18
YOSHIYU機さま

コメントありがとうございます。

>最後の女性のリベンジは、爽快でしたが
カート・ラッセルが、急に弱くなった気も

そうですよね?それまでの迫力はどうしたの?って感じですね。あれで懲りて引退?かな?



 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (やまたくの音吐朗々Diary)
60~70年代に数多く存在した「インディーズ系の低予算映画=グラインドハウス映画」を現代によみがえらせようと、クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスがそれぞれにメガホンをとったタッグ企画「グラインドハウス」。9月1日より公開される「デス・プルーフ...
 
 
 
感想/デス・プルーフ in グラインドハウス(試写) (APRIL FOOLS)
キレまくりのスリル&スピード! 『デス・プルーフ in グラインドハウス』9月1日キラーチェーン公開。テキサスに集まったガールズたちはバーで夜遊び。そこに現れた顔に傷のある中年男スタントマン・マイク。なにげない会話で彼女たちに近づき、家へと送る車中でこの男が...
 
 
 
映画レビュー「デス・プルーフinグラインドハウス」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆タランティーノ印のB級ガールズ・ムービー。前半と後半の激しい転調に思わずクラクラする。【65点】 テキサスの田舎町。女の子たちがバーに繰り出した。そこで、スタントマン・マイクという遊び人風の中年男と知り合うが、実はマイクは耐死仕様(デス...
 
 
 
映画:デス・プルーフ in グラインドハウス ジャパンプレミア (駒吉の日記)
デス・プルーフ in グラインドハウス ジャパンプレミア(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ) 「1970年型ダッジ・チャレンジャー」 ■クエンティン・タランティーノ監督による舞台挨拶 台風の余波で雨上がりの中、朝8:30からチケット引換に行きました。10人弱というとこ...
 
 
 
デス・プルーフinグラインドハウス (B級パラダイス)
これまた待ってましたの作品です。一週前くらいに六本木の映画館でUSAバージョンのを上映してたんでしたっけ?とりあえず私は完全版まで我慢しました(笑)
 
 
 
「デス・プルーフ in グラインドハウス」みた。 (たいむのひとりごと)
「エログロ下品、でも・・」に期待?が持てるお話を頂き、”考え中”を返上して早速鑑賞に出かけた。タランティーノ監督の来日時にゲスト出演された番組での、作品紹介によって興味は持っていたでの、この決断は素
 
 
 
デス・プルーフ / DEATH PROOF (我想一個人映画美的女人blog)
                                                                              {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} タランティーノが来日...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス/カート・ラッセル (カノンな日々)
予告編を目にするまでは全く観る気はなかったんですよ。カート・ラッセルが暴れまくってるのを観たら気になり出しちゃって、どんな映画なのかとチェックしてみたらタランティーノがリスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げた云々かんぬんとあった...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (映画鑑賞★日記・・・)
【Quentin Tarantino's Death Proof】公開2007/09/01(09/01鑑賞)製作国:アメリカ R-15監督・脚本・撮影:クエンティン・タランティーノ製作:クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲス出演:カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ローズ・マッゴーワン、シ...
 
 
 
映画「デス・プルーフinグラインドハウス」を鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 1日は映画の日と言うことでTOHO CINEMAS川崎、スクリーン5にて「デス・プルーフinグラインドハウス」を鑑賞した。 客入りは6~7割くらいで映画の日で初日なのに、ちと寂しい状況。男女比率は圧倒的に男が多く9:1くらいに感じた。 映画の話スゴ腕...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (そーれりぽーと)
何かとつるんでやるのが好きなクエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスの二人が、今度はあえてB級カルト映画をそれぞれ1本ずつ撮った企画“グラインドハウス”。 今回は、先に上映されたタランティーノ監督作『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観てき...
 
 
 
「デス・プルーフinグラインドハウス」:都立障害者センター前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この道を行くと、新宿スポーツセンターがあるはずよ。 {/kaeru_en4/}スポーツはもういいよ。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}タランティーノの「デス・プルーフinグラインドハウス」を観たら、スポーツをしたあとのような爽快感を覚えたからな。 {/hiy...
 
 
 
映画 【デス・プルーフ in グラインドハウス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デス・プルーフ in グラインドハウス」 クエンティン・タランティーノ監督が、リスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げたエキセントリック・ムービー。 ちなみに“グラインドハウス”とは、低予算のB級映画ばかりを2、3本立てで上...
 
 
 
映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』★★★★☆ (てっしーblog)
(大ネタバレ注意)  70年代のB級アクション映画に大オマージュを捧げたカーアクション映画。やってくれたねぇ、タランティーノ!  タランティーノ監督と私は同世代。私は彼のような超映画オタクではないけれど、同じような映画を見て育ったせいか、映画の嗜好はよ...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (Kinetic Vision)
女の子たちは携帯を持っているようなのでこれは現代の話だが、意図的につけられたフィルム傷やコマ飛びのある画面は昔の映画を想起させる。それはまるで、時代遅れの格好をしたスタントマン・マイク(カート・ラッセル)の世界
 
 
 
スタントマンVSスタント・ガールズ (CINECHANの映画感想)
220「デス・プルーフinグラインドハウス」(アメリカ)  テキサスの田舎町。人気女性DJ、ジャングル・ジュリアは親友の金髪のシャナ、久しぶりに町に戻ってきた?バタフライ?ことアイリーンと一緒に町へ繰り出し、一夜の気晴らしをすることに。お気に入りのバー、グ...
 
 
 
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (てんびんthe LIFE)
「デス・プルーフ in グラインドハウス」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞 面白いかつまらないか、賛否両論のタラちゃん作品。実際自分の目でみてこないと解らないと思ったので映画の日の初回鑑賞です。だいたいタラ作品ってストーリーを追うものじゃないから、そ...
 
 
 
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (古今東西座)
いっや~ヒドイ映画だね! (←褒め言葉) この映画を楽しめるかどうか、は過去に観た映画の経験値がモノをいうかもしれない。60年代の終盤から70年代中頃までのアメリカン・ニューシネマと、そのブームに便乗して作られた低予算B級映画。そんな作品群を結構観ていれば懐...
 
 
 
「デス・プルーフ」  Death Proof (俺の明日はどっちだ)
本編が始まる前に上映されたロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー in グラインドハウス』の予告編がまるで『シン・シティ』テイストたっぷりで、とてもワクワクさせられただけに、無意味にガールズトークが延々と続く前半はどうなるかと思ったけれど、ジョン・カー...
 
 
 
デス・プルーフinグラインドハウス (UkiUkiれいんぼーデイ)
往年のB級興行を復活させようと、タラちゃん&ロドちゃんの二人が作り出した企画。 ・・・ってことまでは知ってましたが 『デス・プルーフ』『プラネット・テラー』そして『USAバージョン』もあるっていうじゃないですかぁ。 しかも「ニセモノ映画の予告編...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス  (naguCo.com)
ジャパンプレミアに行って来た!! 生タランティーノにも逢ったよ~~{/heartss_pink/} キュートなオタク少年が良い大人に成長しました。 みたいな感じ。 舞台挨拶後はなんと客席でみんなと一緒にご鑑賞{/hikari_pink/} オイラの1ブロック隣の同じ位置にお座りでした...
 
 
 
「デス・プルーフinグラインドハウス」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。【グラインドハウス】タランティーノ×ロドリゲス公式サイトデス・プルーフ=耐死仕様のシボレーで女の子の乗る車をつけまわし、大激突して殺すのを快感とする スタントマン・マイク(カート・ラッセル)前半は みなさん書かれてますが 退屈・...
 
 
 
デス・プルーフinグラインドハウス「耐死仕様」 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 70年代の頃に映画館で観たようなレトロっぽい雰囲気を敢えてフィルムのキズやリールのコマ飛びなど
 
 
 
デス・プルーフ inグラインド・ハウス (Lovely Cinema)
2007年/アメリカ 監督:クエンテイン・タランティーノ 出演:カート・ラッセル(スタントマン・マイク)    ゾーイ・ベル(ゾーイ・ベル)    ロザリオ・ドーソン(アバナシー)    ヴァネッサ・フェルリト(アーリーン)     昔の・・・B級映画好...
 
 
 
『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (映像と音は言葉にできないけれど)
映画の日。「タランティーノだから観て置こうか...」これだけで十分、映画を観る気にさせてくれるのです。今日もポップコーンを楽しみに劇場へ...。
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (週に一度は映画館に行こう)
『Quentin Tarantino's Death Proof』を観てきました。「タランティーノで、B級っぽい、おたく映画」くらいの前知識で見に行ったのですが・・先ず映画前の予告編、シャイア・ラブーフ (トランスフォーマー)の『DISTURBIA(ディスタービア)』、続いて、『CATACOMBS(カタコ...
 
 
 
デス・プルーフinグラインドハウス(ジャパンプレミア) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ デス・プルーフな女たち
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (2007) 113分 (極私的映画論+α)
 Quentin Tarantino's Death Proof ややこしいタイトルだから「デス・プルーフ」だけでいいと思います(笑)
 
 
 
度肝を抜かれました! ゾーイ・ベル in 『デス・プルーフ』 (海から始まる!?)
 クエンティン・タランティーノの最高傑作と評判も高い『デス・プルーフ』。  タランティーノ自身が、「あのガールズ・トークがリチャード・リンクレーターみたいでどうも……」と語っていますが(自分で書いたくせに)、やっぱりあそこが全然面白いと思えなくて(『バニ...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★★★☆☆ http://www.grindhousemovie.j
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (5125年映画の旅)
テキサス州で休日を楽しむ美女3人。酒場で盛り上がっている時、彼女達は自称スタントマンの男・マイクと出会う。多少のいざこざはあったものの、マイクと共に飲み明かした美女3人は彼と別れ目的地である別荘に向かう。しかしマイクは「耐死仕様」に改造した自身のス...
 
 
 
デス・プルーフinグラインドハウス (描きたいアレコレ・やや甘口)
クエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観た~! ”グラインドハウス”とは60~70年代のアメリカに沢山あった低予算のB級映画を2~3本立てで上映する映画館のこと。 はじめは、ロドリ
 
 
 
デス・プルーフinグラインドハウス (めでぃあみっくす)
ザ・ブライドの復讐二部作で復活し、カンヌ国際映画祭の審査委員長まで務め上げた映画ヲタク親父クエンティン・タランティーノ監督の大好きなB級テイストが満載すぎるほど満載な映画でした。あまり映画を見ない人やさほどQT映画が好きでない方には恐らく退屈な作品にな...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ドレスコードは、スリルとスピード』  コチラの「デス・プルーフ in グラインドハウス」は、愛すべき映画オタクのクエンティン・タランティーノが、親友ロバート・ロドリゲスと60~70年代のアメリカの殆どの都市にあった"グラインドハウス"を再現するべく、エクス...
 
 
 
「デスプルーフinグラインドハウス」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
力は抜けてるけど、細かいところに気は抜かない。(たぶん)実は、とても恥づかしい話ながら、Q.タランティーノ作品。初めて観ました。作風は結構好みに近いはずなのですが、なぜかこれまで縁がなかったんですよね。本作は、敢えて粗い映像や音声に編集することで、場末の...
 
 
 
映画~デス・プルーフ in グラインドハウス (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ドレスコードはスリルとスピード60~70年代に隆盛を極めたインディーズ系の低予算映画=グラインドハウス映画の体験を再現すべく、タランティーノとロバート・ロドリゲスがタッグを組んだ企画「グラインドハウス」。そのタランティーノバージョンにあた...
 
 
 
デス・プルーフinグラインドハウス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
究極のスリルと最強のヒロイン。スッキリ爽快なガールズ・スラッシュ・ムービー誕生! その車が走り出す瞬間、男の欲望は燃えさかり、女の本能は剥き出しになる! 1作目:夕暮れのテキサス。オースティンのラジオ局の人気DJジャングル・ジュリアは、親友のシャナ...
 
 
 
デス・プルーフ in  グラインドハウス (映画を観たよ)
さぁ、もう1本♪
 
 
 
★「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (ひらりん的映画ブログ)
B級映画2本立て劇場(グラインドハウス)で上映してるような作品作りをして・・・ クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が1本ずつ作ったうちの1本。
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
タランティーノと ロドリゲスが競作! 東京では 1週間だけどそうだけど 2作連続上映していたそうな・・ ああ うらやましい。 観る前から判っている。  どうせ Bだ B、に決まっている。 ハリウッド久々の Bだ~~  久々の タランティーノだぁ~~~~~~ ...
 
 
 
デス・プルーフinグラインドハウス (ゴロゴロしあたー)
場末のB級2本立てをコンセプトにしてるってことで、B級~Z級まで大好物の私としては見過ごすわけにいきませんよ。 顔が大っ嫌いというだけの理由でタランティーノ映画は避けてましたが、今回だけは抗うことができませんでした。 いやそれにしても久しぶりにタラちゃん見...
 
 
 
『グラインドハウス』(USAバージョン2本立て) (たーくん'sシネマカフェ)
本当は、シネコンの無料鑑賞ポイントもあるし六本木限定の映画「秘密結社鷹の爪THEMOVIE-総統は二度死ぬ-」(六本木バージョン)鑑賞しようと計画して朝上映だと思いチケット売り場で確認。えっ、 やってない・・・どうしよう。 しばらく考え、せっかくの六本木での上...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (movie treasure)
デス・プルーフ in グラインドハウス QUENTIN TARANTINO'S DEATH PROOF 2007 米 監督:クェンティン・タランティーノ カート・ラッセル シドニー・ターミア・ポワチエ ヴァネッサ・フェル
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (I am invincible !)
Death Proof Grindhouse 公開中なので、控えめに。 先日見た2本立て「グライドハウス U.S.Aバージョン」の、単独上映版。 2本立て版が90分に対し、単独版は113分。 あらすじ&全体の感想は、「グラインドハウス」の方に書いたから省略(笑) ここを読んで! ま...
 
 
 
映画を観た~デス・プルーフinグラインドハウス~ (垂直落下式どうでもいい話)
『デス・プルーフinグラインドハウス』を観ました。 NEVER SUCH SPEED! SHOCK! SHOCK! SHOCK!! ストーリー&解説:テキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そ...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (バビロン21)
前回の日記に書いた通り、仕方なく観てきました。 タランティーノの「デス・プルーフ」。 以下、感想を記します‥‥ 「グラインドハウス映画入門」などという本に参加させていただいた 分際で、こんな事言うのは気が引けるんだが‥‥‥‥ (内容も含めて)ズタズ...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (たにぐちまさひろWEBLOG)
“人の基準ではいい奴だ。でも俺の基準では違う。” クエンティン・タランティーノ監督のグラインドハウス2本立ての1本“デス・プルーフ”を観てきました。 (H19.9.2 コロナ・シネマワールドにて鑑賞) テキサス。地元ラジオ局のDJ、ジャングル・ジュリアは...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス 明治安田生命ホール 2007.8.14 (◆JOY◆ ~映画鑑賞日記~)
あらすじ:テキサスの夕暮れ時。オースティンのラジオ局で一番の人気DJ、ジャングル・ジュリアは、親友のシャナ、久々に地元へ帰ってきた高校時代の女友達アーリーンと一緒に街へ繰り出し、一夜の気晴らしをすることに。店をはしごする彼女たちを、密かにつけている男の影...
 
 
 
デス・プルーフinグラインドハウス (C note)
グラインドハウスって?アメリカで上映された完全版を、アメリカ以外の国ではバラバ
 
 
 
「デス・プルーフ inグラインドハウス」 やきにくのたむら (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
会話の妙味が魅力のタランティーノですが、今回の娘っ子たちのトークに琴線は触れまへんでしたわ。 やっぱり得意のオタ会話でないと・・・。 学生時代、女の子と会話するより篭って映画ばっかり見てたんだから、一人で脚本書かんと、女性陣からリアルでオモロイ娘っ子トー...
 
 
 
デス・プルーフ / DEATH PROOF (我想一個人映画美的女人blog)
                                                                              {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} タランティーノが来日...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (たにぐちまさひろWEBLOG)
“人の基準ではいい奴だ。でも俺の基準では違う。” クエンティン・タランティーノ監督のグラインドハウス2本立ての1本“デス・プルーフ”を観てきました。 (H19.9.2 コロナ・シネマワールドにて鑑賞) テキサス。地元ラジオ局のDJ、ジャングル・ジュリアは...
 
 
 
TAXi?/デス・プルーフ (まじめにふまじめ★)
狙ったわけぢゃないけど、B級カーアクション映画を続けて 観てしまいました。(^^
 
 
 
DEATH PROOF★ デス・プルーフ in グラインドハウス (銅版画制作の日々)
    クエンティン・タランティーノ監督最新作は「デス・プルーフinグラインドハウス」だ   9月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、10周年記念日ディーということで、1000円でどの映画も鑑賞できるラッキーな日でした。 さて今回のこの「...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (It's a Wonderful Life)
今年の公開ラインナップの中でもひときわ楽しみに していた作品。 タランティーノは勿論、ロバート・ロドリゲス作品も大好き! に加えて今回は「グラインドハウス」の再現だとか。 タランティーノ編を早速観てきました。 いや~フィルムや音のブチ切れ具合とか、...
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (生まれてから今まで観てきた映画全部)
さてぶっ続けで幕間の予告が始まります(何だかわけの分からない食べ物のCMも入ります)。うろ覚えですがナチ収容所の狼女みたいな映画、これはたぶんイルザや女体拷問人グレタのパロディでしょう。何をやってもいけないと
 
 
 
映画『デス・プルーフ・in・グラインドハウス』を観て (KINTYRE’SDIARY)
77.デス・プルーフ・in・グラインドハウス■原題:QuentinTarantino'sDeathProof■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:113分■日本語字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月13日、新宿グランドオデヲン座(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督....
 
 
 
デス・プルーフ in グラインド・ハウス (eclipse的な独り言)
 映画好きの方も、当ブログの「80年代ロック・アルバム・ベスト・セレクション」に
 
 
 
デス・プルーフ in グラインド・ハウス (eclipse的な独り言)
 映画好きの方も、当ブログの「80年代ロック・アルバム・ベスト・セレクション」に
 
 
 
デス・プルーフ in グラインドハウス (Death Proof) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クエンティン・タランティーノ 主演 カート・ラッセル 2007年 アメリカ映画 113分 アクション 採点★★★★ 『溶解人間』とか『ジャイアント・スパイダー大襲来』とか大好きです。もちろん顔がドロドロと溶ける様や、台車に乗っかったでっかいハリボテから人々が笑...
 
 
 
『デス・プルーフinグラインドハウス』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじテキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは、女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに彼への警戒心を緩めていくが・・・。感想...
 
 
 
【映画】デス・プルーフ in グラインドハウス…カート・ラッセルが随分ナンチャンに似てきてませんか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
うへぇ…忙しいです{/face_hekomu/}{/down/}。 今日{/kaeru_fine/}も(もう昨日か)先程までお仕事でした。 前も書きましたが…以前やってた某お仕事…私は卒業(?)していたんですが、私の会社では人員が減っちゃいまして、でその仕事が私に再び回ってきちゃいました。...