My Favorite Things
お酒と肴、映画、MS、お料理、ひと等、好き勝手言っています…。TBは承認制としていますので、ご了承の程…。
 



ヨルダンを拠点に大規模なテロを計画する首謀者の手がかりを得たロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は組織に潜入しようと試みる。そのためには狡猾なCIAのベテラン、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)らの協力が必要だった。味方とはいえ過信ができない不安定な状態の中、潜入作戦実行の期限が迫っており……。(goo映画より拝借)


実は地球が静止する日と2本続けてみたのですが、1本目が意外と…だったので、
余計にこの作品の骨太さが気に入りました。

詳細はコチラへ。



少々ネタバレアリです


あるとは思っていたけれど、自作自演のマッチポンプ。
あれは上手くいけば官軍でしょうが、そうじゃなかったときは悲劇の山というより死体の山。

あんなふうに見せられると…世の中で起きている紛争がすべて、どこかの国の誰か
だけが得をするエゴの代償としか思えなくなってくるなぁ…。


リドリー・スコット作品に続けて出演のラッセル・クロウ。
前回とは180度違ったイヤな仕掛け人を好演してますよ~。なんで「チョイワル」じゃなくて「ちょい悪」役ってメタボ系が多いのかしらね。


ハニー役のマーク・ストロングは相当ステキでしたね。
まぁ裏側の人だから、なんともいえないけれど、彼を裏切ると本当に怖そう…。
だってフェリスもひっど~い目にあってたものね。

死ぬより怖い…ってこのことかも?
この作品はもう1度観てもいいかも?またパートナーに怒られそうです。











コメント ( 12 ) | Trackback ( 58 )


« 新年会その2。 初・GYM。 »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございます。 (inuneko)
2009-01-18 23:10:41
誰の嘘が世界を救うのかというCM風に言うなら、ハニ、ですよね。彼を筆頭に中東側キャストはみな魅力的でしたね~!
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-01-18 23:44:27
inunekoさま

こんばんは。
ご訪問&コメントまでありがとうございます。

>彼を筆頭に中東側キャストはみな魅力的でしたね~!

ちょっとねぇ、そそられますよね…。
端的に悪い人とはいえないし?まさに表裏一体といった人でしたね。


 
 
 
こんにちは (michi)
2009-01-21 09:03:13
TBありがとうございました。わたしからのTBが不調で申し訳ございません。
ディカプリオ、貫禄のある俳優になりましたよね!
クロウは役のためとはいえ、プヨンプヨンでちょっとパス!でしたが。。。汗
物語も面白かった(というジャンルではありませんが)ですし、中東の姿を少しだけですが知ることができてよかったです。
 
 
 
こんにちは~^^・ (由香)
2009-01-21 17:58:33
お邪魔します♪
『あんなふうに見せられると…世の中で起きている紛争がすべて、どこかの国の誰かだけが得をするエゴの代償としか思えなくなってくるなぁ…』
確かにそういう風に見えてきますよね。

なかなか見応えのある骨太の作品でしたが、もう少しエンタメ性の強い作品を期待して観に行ったので、ちょっと退屈に思えてしまいました。
実際に起こっているようでいて、恋愛エピソードなどは余計でしたし、、、
でも、3人の男たちの演技は良かったです♪
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-01-24 11:06:28
michiさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。
TBの件は、気になさらないでくださいね。

>物語も面白かった(というジャンルではありませんが)ですし、中東の姿を少しだけですが知ることができてよかったです。

本が面白そうですね、知人が読んでいます。
私も買おうかと…ところで中東ものは、ちょっと小難しいのですが、シリアナもいいかも?

ぜひご覧になってください。

 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-01-24 11:08:27
由香様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>実際に起こっているようでいて、恋愛エピソードなどは余計でしたし、、、
でも、3人の男たちの演技は良かったです♪

あの恋愛はとってつけた感じですよね?
それにあのプロフェッショナルなフェリスが本当にやる?って気がしますが…。

まぁ許します…。

 
 
 
はじめまして、こんにちは。 (かさね)
2009-01-24 11:26:00
TBありがとうございます。
gooブログに知合いがいるので、親しみを感じます。

おもしろい映画は映画館で見たいと思って
いるのだけど、すぐDVDになってしまい、
なかなか追いつきません。
ワールドオブライズは数少ない映画館で見た映画。
舞台が中東ということで、テーマの深刻さもさることながら、、
人物・風景・暮らしぶりなどにも惹きつけられました。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-01-31 19:06:01
かさねさま

こんにちは。
ご訪問&コメントまでありがとうございます。


>ワールドオブライズは数少ない映画館で見た映画。

私もそんなところがあります。
でも今月は結構がんばりましたよ~。

あと3本あげていないのがありますから、今はこちらが大変?ってかんじです。

またよろしければいらしてくださいね。



 
 
 
ほんとですね~・・・ (メル)
2009-05-12 18:28:06
moriyuhさん、こんばんは~♪^^

ほんと、どこかの誰かが得したいがために、
エゴを通すために、こういう空しいことが
起こってるんだろうなぁ~・・って感じてしまいました。
考えれば考えるほど、知れば知るほど、なにやら
空しくて・・・。

そういえば、ちょい悪系の人ってメタボな人が多いですね~(^_^;)
貫禄あるし、その方が見た目的に良いのかしら?(^^ゞ
ラッセル・クロウもあんなに体重を増やして
頑張ってたけど、私なら増やすのOK、でも
減らすのは無理!ということで、俳優さんにはなれません?!(笑)
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-05-13 17:29:00
メルさま

こんにちは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

>私なら増やすのOK、でも
減らすのは無理!ということで、俳優さんにはなれません?!(笑)

そうですね、有名な話でデ・ニーロの30キロ増減、シャーリーズ・セロンの歯を抜く?など
あの高額の出演フィーとはいえ、結構厳しいですよね?

私も当然…ムリムリ…でございます。
 
 
 
まいど (YOSHIYU機)
2009-06-11 23:18:23
ラッセル・クロウは、役者魂を感じさせる
メタボっぷりでしたね(笑)
その分、マーク・ストロングが格好良く見えましたね。

こんな事してるんなら、アメリカって最低ですよね。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-06-14 09:09:05
YOSHIYU機さま

みたびありがとうございます。

>こんな事してるんなら、アメリカって最低ですよね。

多分、やっているんですよ。
天真爛漫、単純で前向き思考、なんでもオープンはなんていうのは、作られた世界ですよね。

自由の国アメリカ?

なぁんて妄想ですね…。
でもそれもマッチポンプだったりして?

とどこまで続くの???というより、どこまでやり続けるの?というお国ですね。



 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ワールド・オブ・ライズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どっちの嘘が、世界を救うのか。』  コチラの「ワールド・オブ・ライズ」は、12/20公開となるPG-12指定のアクション・サスペンス超大作なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪アメリカでの興行成績はイマイチぱっとしない感じだったようなので、あまり期待...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)【story】ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、組織に接触しようと試みる。そのため...
 
 
 
映画 【ワールド・オブ・ライズ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ワールド・オブ・ライズ」 ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作をリドリー・スコット監督が映像化。 おはなし:ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は中東で命がけで活動するCIAの敏腕工作員。遠くワシント...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (Yuhiの読書日記+α)
デイビッド・イグネイシアスの小説「ボディ・オブ・ライズ」が原作で、監督はリドリー・スコット、主演はレオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウのスパイもの。 <あらすじ> CIA中東局の主任ホフマン(ラッセル・クロウ)と現地工作員フェリス(レオナルド・デ...
 
 
 
レオの粉骨砕身~『ワールド・オブ・ライズ』 (真紅のthinkingdays)
 BODY OF LIES  欧米各国では、イスラム原理主義者による爆破テロが頻発。CIA中東局工作 員のフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ/BODY OF LIES (我想一個人映画美的女人blog)
リドリー・スコット監督最新作。 ほんとラッセル・クロウがお気に入りだな~。 名作『グラディエーター』、『プロヴァンスの贈りもの』、 『アメリカンギャングスター』に続いて4回目の起用。 電話一本で遠く離れた場所から、やすやすと指令を出すCIAの上司。 監督に...
 
 
 
★「ワールド・オブ・ライズ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今年1本目の劇場鑑賞作は、 映画鑑賞中にクルマの洗車まで出来ちゃう「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 もちろん洗車は有料です。
 
 
 
『ワールド・オブ・ライズ』 (ラムの大通り)
(原題:Body of Lies) 「オダジョーがなぜかディカプリオとラッセルに…」 -----ん?それって、どういうこと? 「いや、今日は『悲夢』という キム・ギドク監督の作品を喋る予定だったんだけど、 場所を間違えてしまって…。 あわてて渋谷から銀座線で京橋に向ったもの...
 
 
 
子供でも知っていることだ…危害を加えられた者は報復する。「WORLD OF LIES」(2008) (inuneko)
映画「ワールド・オブ・ライズ」の冒頭に掲げられるW・H・オーデンの詩の一節の一部なんですが…パンフに載っていた岩崎宗治さん訳を見てやっと納得いったんですが、実際のスクリーン字幕で松浦美奈さん訳を読んだときには、直訳過ぎて一瞬意味不明で困った。 タイトル...
 
 
 
*ワールド・オブ・ライズ* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** ロジャー・フェリスはCIAで最高の腕を誇るスパイ。世界中の戦場で常に死と隣り合わせの彼の任務を決めるのは、遠く離れた安全な場所で、時には子供の世話をしながら命令を下すベテラン局員エド・ホフマン。彼らの目的は、地球規模の破壊...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (ネタバレ映画館)
飛行機は快適だったよ。機内で『タイタニック』も観たし・・・
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ 東京国際フォーラム 2008.12.3 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
国際フォーラムで行われたワールド・オブ・ライズの ジャパン・スペシャル・スクリーニングに行ってきました。 (応募した際はレオ様来場!のジャパンプレミ...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ/Body Of Lies (いい加減社長の映画日記)
直前まで「K-20 怪人二十面相・伝」と迷ったんだけど。 「ブラッディ・マンデイ」の最終回を観てから出かけるとなると、21:45スタートの「ワールド・オブ・ライズ」の方が安全ということで。 「UCとしまえん」は、ちょっと多めかな? 「ワールド・オブ・ライズ」...
 
 
 
[映画『ワールド・オブ・ライズ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆仕事が忙しく、短い更新でゴメンね。  なお、私の本名は「ナカムラ」と言うのだが、来年の元日に「ナカデミー賞」を発表したいので、皆さん、チェケ!!  さあ、作品賞は? 美女賞は? 美少女賞は? 美幼女賞は?    ◇   ◇ 「これはッ!!」と言う、特...
 
 
 
劇場鑑賞「ワールド・オブ・ライズ」 (日々“是”精進!)
「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞してきました今年ラスト!!!「グラディエーター」「アメリカン・ギャングスター」のリドリー・スコット監督によるアクション・サスペンス。テロ首謀者を捕まえようとする諜報員たちが仕掛ける、熾烈な情報戦を描き出す。リドリー・スコ...
 
 
 
『ワールド・オブ・ライズ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ワールド・オブ・ライズ」□監督・製作 リドリー・スコット □原作 デヴィッド・イグネイシャス (「Body of Lies」)□脚本 ウィリアム・モナハン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシ...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ★原題:BODY OF LIES (銅版画制作の日々)
 新年一発目は、この作品です。 ぼくも、民衆も知っている。 子どもでも知っていることだーーー 危険を加えられた者に きっと仕返しをする、と。  W・H・オーデン 「もうひとつの時代」 12月28日、MOVX京都にて鑑賞。レオナルド・デカプリオとラッセル・ク...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (えいがの感想文)
2008年/アメリカ 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ    ラッセル・クロウ    マーク・ストロング トニー・スコットの「スパイ・ゲーム」と酷似な設定やん。 騙し合いだと「ディパーテッド」にも似てるか。 何となく同監督&...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (Akira's VOICE)
信念で動く人間たちのドラマ。  
 
 
 
兵隊の上に胡坐をかく将軍の愚かさ。『ワールド・オブ・ライズ』 (水曜日のシネマ日記)
テロリストのリーダーを捕らえる為、奔走するCIA工作員の物語です。
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (小部屋日記)
Body of Lies(2008/アメリカ)【試写会】 監督・製作:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ/オスカー・アイザック/サイモン・マクバーニー/アロン・アブトゥブール/アリ・スリマン ...
 
 
 
「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この豪華な顔合わせ、期待するなって方が無理ですよね。でも事前宣伝何か地味じゃないですか?思ったほど、盛り...
 
 
 
「ワールド・オブ・ライズ」みた。 (たいむのひとりごと)
もはや「レオさま」ってアイドル的な呼び方は失礼かな?・・ってくらいに深みを身につけ始めたディカプリオだと思うのは贔屓目?チンピラ風から脱皮して、誠実で頭のキレル役どころが似合ってきたように思う。それに
 
 
 
「ワールド・オブ・ライズ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ワールド・オブ・ライズ」公式サイトディカプリオとラッセル・クロウの競演、さらにリドリー・スコット監督!てだけでなんだか期待してました~現場で死と隣り合わせの任務遂行するフェリス(ディカプリオ)最近似たような役多いような気がする...
 
 
 
「ワールド・オブ・ライズ」 アメリカが嫌われる理由 (はらやんの映画徒然草)
最近、全世界的にアメリカの不人気が高まっているように思います。 具体的には本作で
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (Diarydiary!)
《ワールド・オブ・ライズ》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - BODY O
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ ▲5 (レザボアCATs)
・ワールド・オブ・ライズ@映画生活
 
 
 
映画 『ワールド・オブ・ライズ』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日はレオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ競演の社会派サスペンス「ワールド・オブ・ライズ」を観てきましたよう!  世界中の危険地域を舞台に活動するCIA工作員のフェリス(ディカプリオ)。フェリスの上司で常に本部から指示を出すホフマン(ラッセル...
 
 
 
「ワールド・オブ・ライズ」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
 来た来た来たーーーーっっ!!リドリー・スコットきたーーーーっっ!! シビレましたぜ久しぶりに\(◎o◎)/!!! 昔風に言うなら、手に汗握るってやつですよ!! いやーーこれだから映画はやめられないですよ・・!! レオナルド・ディカプリオだから、「ど~か...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ 【世が為と 大義通して あやめたる】 (猫の毛玉 映画館)
『ワールド・オブ・ライズ』 BODY OF LIES 2008年・アメリカ リドリー・スコット監督、レオナルド・ディカプリオ主演のCIA映画。  サスペンス...
 
 
 
『ワールド・オブ・ライズ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ワールド・オブ・ライズ」□監督・製作 リドリー・スコット □原作 デヴィッド・イグネイシャス (「Body of Lies」)□脚本 ウィリアム・モナハン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシ...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (めでぃあみっくす)
映画の冒頭、この作品はワシントンポスト紙のジャーナリストによるフィクション小説を映画化したものという注釈が出ますが、それすら「嘘」ではないかと疑うほどノンフィクションに思えるこの映画。とにかくこの映画で描かれていることは今もこの世界のどこかで確実に行わ...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:リドリー・スコ
 
 
 
♯01 「ワールド・オブ・ライズ」 (cocowacoco)
映画 「ワールド・オブ・ライズ」 BODY OF LIES を観ました        リドリー・スコット監督 2008年 アメリカ 最初に謝罪。 いつもに増して、ハチャメチャあちこち文となってます。 (苦手な文章を、まとめる気力がなし・・・) <ネタバレあり> コン...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (5125年映画の旅)
中東のテロ組織がヨーロッパ各地で爆破テロを行った。CIA捜査官フェリスは首謀者を逮捕すべく単身イラクに潜入する。そして指揮官のホフマンは、アメリカの本部に留まって指示を出す。二人は時に対立しながらも、内と外からテロ組織を少しずつ追い詰めていく。 リ...
 
 
 
ワールドオブライズ (LEVINPERDU本と音楽があれば何もいらない。あと、旅行をすこーし。)
久し振りに今日は、同居人が珍しく暦どおりの3連休になったため、映画を見ることにしました。『ミラーズ』を見るか『ワールドオブライズ』を見るか迷った末、娘の「『ワールドオブライズ』おもしろかった」の一言で決まりました。「はあ?いつのまに。いつも忙しい忙しい...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ワールド・オブ・ライズ/BODY OF LIES 2008年/アメリカ/128分 監督: リドリー・スコット 出演: ...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (いとし・こいし ~いとしいこいしいものごとのおぼえがき~)
ワールド・オブ・ライズ  “BODY OF LISE” 12/20@TOHOシネマズ西新井 ノーチェックの作品だったのだけど 20kg太るのはどう? ってナゼ云われたのかが気になってたので観に行った 世界を救うだなんてのは口先だけで その口も安全で平和なとこ
 
 
 
「ワールド・オブ・ライズ」 (prisoner's BLOG)
テロ場面の市街地の爆発がリアルで、どんな風に撮っているのか音響効果ともども感心する。 諜報衛星からの大俯瞰で砂漠を捉えた、別の惑星のような映像も新鮮。衛星の監視をまくための方法が面白い。 ヨルダン情報部長役のマーク・ストロングがマスクも高価なスーツの着...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ。 (❤ Soliloquy ❤)
『ワールド・オブ・ライズ』 数日前にサイト見て、更に見たい見たい見たい!って見たい病にっ笑 んで今日、フラっと見て来た。 ...
 
 
 
★ワールド・オブ・ライズ(2008)★ (CinemaCollection)
BODYOFLIESどっちの嘘が、世界を救うのか。メディア映画上映時間128分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/12/20ジャンルサスペンス/アクション映倫PG-12【解説】「ブラックホーク・ダウン」のリドリー・スコット監督、「ディパーテッド」のレオナル...
 
 
 
[Review] ワールド・オブ・ライズ (Diary of Cyber)
I and the public know What all schoolchildren learn ? Those to whom evil is done Do evil in return. W.H.オーデン『もうひとつの時代』 誰かを傷つけた者は、必ずその復讐を受ける。傷つけられたのと同じ、血をもって贖う復讐を。 人類が文明を築き...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ   BODY OF LIES (映画の話でコーヒーブレイク)
今の世の中グーグルアースやストリートビューを使えば、私達のような一般人でも 世界中の場所をかなり詳細に見ることが出来ます。 フィクションである映画の中で個人を特定するくらいの精度ってことは 本物の諜報活動をやっているCIAのような組織は、どの程度まで情報...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (映画鑑賞★日記・・・)
【BODY OF LIES】PG-122008/12/20公開(12/20鑑賞)製作国:アメリカ監督:リドリー・スコット出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニどっちの嘘が、世界を救うのか。
 
 
 
2008-86『ワールド・オブ・ライズ』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-86『ワールド・オブ・ライズ』(更新:2008/12/10) 評価:★★★★☆ これ、面白いよ。 CIAが世界でやっている活動をほぼ実写で映画化したと言っても良いのかもしれませんね。 テロリストと...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (ももママの心のblog)
中東を舞台とした、騙し、騙される殺伐とした嘘を主題とした秀作。主演二人の演技が見たくて行ったが、果たしてガチンコ演技対決が見もの。アメリカではヒットしなかったためか、宣伝も地味。しかしフィクションとはいえ、現実にこういう事態が起こっているのだろうと考え...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「ワールド・オブ・ライズ」の感想です
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (とりあえず、コメントです)
中東でテロリストを追っている諜報活動を描いたリドリー・スコット監督最新作です。 誰を信じて良いのか分からなくなるような展開にドキドキでした。 欧米で連続爆弾テロが発生した。被害は甚大で複数の国に及んでいた。 実行したと思われるテロ組織の首謀者を発見するた...
 
 
 
スパイはつらいよ「ワールド・オブ・ライズ」を観ました (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
パンフレット 800円 内容 インタビュー (ラッセル・クロウ、レオナルド・ディカプリオ、リドリー・スコット、         脚本家の...
 
 
 
ワールド・オブ・ライズ (だらだら無気力ブログ)
現地で危険な仕事をする工作員と安全な場所から指令を下すだけの局員が あるテロ組織の首謀者を捕獲するため、味方すら欺きながら組織を追跡 するさまを描いたサスペンス。中東でテロ組織などの情報収集等を行い常に死と隣り合わせなCIA工作員の フェリス。一方、彼に指...
 
 
 
映画 「ワールド・オブ・ライズ」の感想です。DVD発売! (MOVIE レビュー)
レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウが共演した映画「ワールド・オブ・ライズ」のDVDとブルーレイが4月29日にリリースされました。この映画は2008年12月の公開でした。私は劇場公開時に観ましたが、私の好きな監督さんのリドリー・スコット監督の作品...
 
 
 
映画 「ワールド・オブ・ライズ」の感想です。DVD発売! (MOVIE レビュー)
レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウが共演した映画「ワールド・オブ・ライズ」のDVDとブルーレイが4月29日にリリースされました。この映画は2008年12月の公開でした。私は劇場公開時に観ましたが、私の好きな監督さんのリドリー・スコット監督の作品...
 
 
 
「ワールド・オブ・ライズ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
嘘つき合戦・・
 
 
 
『ワールド・オブ・ライズ』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじCIA工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は平和な自宅や安全な本部から電話一本で命令...
 
 
 
『ワールド・オブ・ライズ』を観たぞ~! (おきらく楽天 映画生活)
『ワールド・オブ・ライズ』を観ましたCIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマです>>『ワールド・オブ・ライズ』関連原題: BODYOFLIESジャンル: サスペンス/アクション上映時間: 128分製作国: 20...
 
 
 
【映画】ワールド・オブ・ライズ…看護師には萌えない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}からお盆のお休みです…四日間だけですけどね。 今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は夜勤明けだったという事もあって…午後3時過ぎまで寝てました{/kaeru_night/}。すでに1日無駄使いです{/ase/}{/ase/} 夜は…海峡花火大会に行こう...
 
 
 
映画 「ワールド・オブ・ライズ」と リドリー・スコット監督 (英国日記)
国際テロ組織と戦うCIAの話。 中東にもぐりこんで活動するCIA工作員フェリスを レオナルド・ディカプリオが熱演しています。 原作は中東で20年も活躍してきたジャーナリスト、 デヴィッド・イグネイシャス氏によるもので、 実話ではないものの、 中東の様子が忠実...