My Favorite Things
お酒と肴、映画、MS、お料理、ひと等、好き勝手言っています…。TBは承認制としていますので、ご了承の程…。
 



本日はプランBの連続。
そして…イロイロ悩んだ挙句の1本です。

お話はもちろんいいですよ、思わず涙がジワッと来るところもいくつか?あったなぁ。
あの寂れた街の雰囲気、スナック、お風呂屋さん…馴染んでいたなぁ。
エンドロールで、山形県酒田市だとしる…私の先輩の生まれた街なので、明日聞いてみよう。


何よりも…立ち居振る舞いの大切さを感じました。

ステキだったなぁ。
本木さんは特にね…昔のBFに似ているしね。ますますいい男だなぁ。



詳細はコチラへ。


モントリオール映画祭でグランプリを取ったこの作品。評価されたのは、ヒトの「死」に対する慈しむ思いなのかな?死を美しく、微笑んで送れるようにしてくれる人への思いなのかな?と思わず頭に浮かんだのはこのことだった。


そういえば峰岸徹さんの遺作になってしまったのね…まさにおくりびとに送られたのでしょうね…そんな作品です。


「夫は納棺士です…!」のひとことに、胸がキュン!!!と同時に、涙がジワリと滲み出ました~。


余貴美子さんと吉行和子の好演が光るなぁ…もちろん山努さん、笹野さんもだけれど…。なんだか最近の私にはとても癒される作品でした。





コメント ( 8 ) | Trackback ( 22 )


« 初ふぐ…食べま... 銀座にて。 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (keyakiya)
2008-11-03 19:18:13
お久しぶりのコメント、トラバです。
癒しの映画で、賞をとるぞーといったかなり、練りに練った映画です。
ほんとに良かったですよ。
庄内平野の四季の美しさと、久石さんの哀調おびたチェロには
参りました。
藤沢周平さんの現代劇みたいだと勝手に解釈しています。
本物の月山がみたくなりました。
 
 
 
はじめまして (ひろゆきxhp)
2008-11-04 19:09:17
moriyuh10さんはじめまして。
トラックバックありがとうございました。
いい映画でしたねぇ。泣けました。
酒田出身の先輩の感想を私も聞いてみたいです。
 
 
 
良い映画でした (KGR)
2008-11-07 14:49:13
正直言うと見る前はそれほど期待していなかったんですが、
良い意味で期待を裏切る、予想を上回る出来でした。

中国の映画祭でも作品賞、監督賞、主演男優賞を取るなど、
多くの国で評価されて感慨深いものがあります
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-11-12 10:45:08
keyakiyaさま

コメントありがとうございます。
お返しが遅くなりすみません。

>本物の月山がみたくなりました。

私はあのスナックを探したくなりました。
ちょっと風情があっていいなぁ…ってね。

あの1階のカウンターでお鍋をしたいです。
そろそろ寒くなってきたので、余計にそう思うのかも?
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-11-16 08:35:04
ひろゆきxhpさま

ご訪問&コメントありがとうございました。
お返事が遅くなりごめんなさい。

PCの調子が悪く、先週コメントを入れていたにも関わらず、更新されていなかったので失礼致しました。


>酒田出身の先輩の感想を私も聞いてみたいです。


なんとですね、公開日に観にいかれたそうです。
しかもあの山努さんのオフィスが、ご自宅から3分くらいのところだそうで…ちょっとびっくりでしょ?

私達とは違った見方が出来たのではないかな?

イロイロあの場所は?など聞いちゃいましたよ~。
あのスナックはどうも違う場所のようでした。

映画のロケ場所探しって面白いですよね?
特に私の先輩のように実家の近く?なぁんてなかなかないだけに、思い入れも違ってきますね。

またよろしければいらしてください。
最近、殆ど観られていませんが…。かなしい…。





 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-11-16 08:47:06
KGRさま

コメントありがとうございます。
お返しが遅くなりすみません。

>正直言うと見る前はそれほど期待していなかったんですが、良い意味で期待を裏切る、予想を上回る出来でした。

そうですね、とても気持ちを温かくさせる作品でした。「死」というものに対する考えが少し変わるようなところがあったのではないかと…思います。

異国の方にあの独特な儀式も含め、日本人のこころをわかっていただくというものは、とても嬉しいものですね。

文化は違えど「生死」だけはシンプルなものなのかも?と思ってしまいました。






 
 
 
こんばんは (はらやん)
2009-01-14 22:31:54
moriyuhさん、こんばんは!

>「夫は納棺士です…!」のひとこと
ここの広末さんは良かったですよね。
夫が誇りをもっている仕事を、妻が嫌うのはつらいものです。
夫の仕事の尊さをわかってくれたところはキュッとなりますよね。
本作出演者のみなさんは抑えた演技でしたが、ココロにじわじわとくるものがありました。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-01-18 23:42:14
はらやんさま

再びコメントありがとうございます。

>夫が誇りをもっている仕事を、妻が嫌うのはつらいものです。
夫の仕事の尊さをわかってくれたところはキュッとなりますよね。


ここが私がいちばん感じたポイントです
私はパートナーは尊敬できる人でないと…ダメなんです。

仕事に誇りを持つというのは、その人となりがでますからねぇ。職業の種別で判断すべきことではないと改めて感じました…。



 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
おくりびと (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話題となっている”納棺師”を題材とした9/13公開のヒューマン・...
 
 
 
おくりびと ( Art- Mill  あーとみる)
おくりびと HP http://www.okuribito.jp/ 予告編を観ながら、「この秋一番だなあ」と誰もがそう思うような雰囲気が漂い、公開されたらぜひと思っていたが、1ヶ月以上も過ぎて、よう
 
 
 
映画「おくりびと」見てきました (ひろゆきのにっき)
山形の風景をぜひみてほしいっていう映画がまた1本。映画館行って「おくりびと」見てきました。いや~評判どおりのいい映画でしたよ。泣けた。。。(T_T)感想は下の方に。見てない方はご注意を。おくりびと-goo映画所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏....
 
 
 
『おくりびと』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★...
 
 
 
『おくりびと』/2回目 (京の昼寝~♪)
   9/22の『おくりびと』の記事で、 僕の拙い言葉で全てを説明できないけれど、なかなか星を4つ半つけない僕がつけたということで、是非cyazに騙されたと思って劇場に足を運んでいただきたい。 人生の視点が少し変わるかもしれない、そんな映画です。 と結...
 
 
 
試写会「おくりびと」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/8/2、有楽町朝日ホールでの開催。 最近は並ぶのが嫌で、開場前に行くことは少なくなった。 それにしても今回は遅かった。 開演ぎりぎり、5分前のベルが鳴った後に到着。 中段から上は満席だが、いつも前方の席を選んでいるので中央の席を確保できた。 **   本...
 
 
 
「おくりびと」 安らかな旅立ちのお手伝い (はらやんの映画徒然草)
幸いなことに両親はまだ健在なので、納棺に立ち会ったことがありません。 葬儀屋とは
 
 
 
「おくりびと」(日本 2008年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
夢を諦め故郷に戻ったチェロ奏者は、 遺体を棺に納める『納棺師』になった。
 
 
 
おくりびと(2008年) (勝手に映画評)
2008年モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。ベネチア国際映画祭に、北野武(『アキレスと亀』)、押井守(『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』)、宮崎駿(『崖の上のポニョ』)の3監督の作品が出たと騒いでいる陰を縫って、こちらの作品が、別のところで世界...
 
 
 
映画『おくりびと』2回目 (いんどあかめさん日記)
きのう(2月20日)、日本アカデミー賞で作品賞など10部門で最優秀賞を受賞した映
 
 
 
おくりびと (にき☆ろぐ)
こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいました自分はあまり感動して泣く方ではないのですが、何でこ...
 
 
 
おくりびと (にき☆ろぐ)
こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいました自分はあまり感動して泣く方ではないのですが、何でこ...
 
 
 
おくりびと (本木雅弘さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆本木雅弘さん(のつもり) 本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。 第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅ればせながら劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感...
 
 
 
おくりびと (Akira's VOICE)
いのち芽吹く物語。  
 
 
 
~『おくりびと』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:日本映画、滝田洋二郎監督、小山薫堂脚本、本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、峰岸徹、笹野高史共演。第81回アカデミー賞外国映画賞をはじめ国内外の数多くの映画賞を受賞した作品。 ≪DVD鑑賞≫
 
 
 
mini review 09360「おくりびと」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺師...
 
 
 
おくりびと (Addict allcinema 映画レビュー)
キレイになって、逝ってらっしゃい。
 
 
 
映画「おくりびと」 (おそらく見聞録)
監督:滝田洋二郎(あれ? 俺とっちゃたよ) 出演:本木雅弘(いいだしっぺ)広末涼子 山崎努(いぶし銀) 出演:余貴美子 笹野高史 峰岸徹 吉行和子 杉本哲太   「安らかな旅立ちのお手伝い」をする納棺師のお仕事を始めた 一人の男。最初は戸惑うが、...
 
 
 
おくりびと (★YUKAの気ままな有閑日記★)
TVで鑑賞―【story】楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざ...
 
 
 
おくりびと (Yuhiの読書日記+α)
第81回アカデミー賞外国語映画賞、第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品として話題になった作品。主演の本木雅弘の納棺技術も話題になりましたね。 監督は滝田洋二郎、キャストは本木雅弘、広末涼子、山崎努、吉行和子、余貴美子、笹野高史他。 <あらすじ> 楽団...
 
 
 
おくりびと (mama)
2008年:日本 監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、広末涼子、吉行和子、余貴美子、笹野高史、山崎努 プロのチェリストである大悟は、所属していたオーケストラが突然解散し、妻とともに山形へと帰郷した。就職先を探していたとき「旅のお手伝い」という求人広告を見...
 
 
 
おくりびと (mama)
2008年:日本 監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、広末涼子、吉行和子、余貴美子、笹野高史、山崎努 プロのチェリストである大悟は、所属していたオーケストラが突然解散し、妻とともに山形へと帰郷した。就職先を探していたとき「旅のお手伝い」という求人広告を見...