秩父屋台囃子傳承會 覚書

秩父屋台囃子、当会活動等について




平成二十九年五月三日 秩父屋台囃子二十連太鼓 秩父屋台囃子傳承會

2017年05月08日 | 秩父屋台囃子

秩父屋台囃子の中で最も難しいと言われる小太鼓の拍子は秩父屋台囃子の基本中の基本です。この拍子は、音で捉えるか、拍子で捉えるかで秩父屋台囃子は大きく分かれてしまいます。

基本の拍子を音で捉えれば、本来、拍子に乗せるこのお囃子にただ合わせるだけになってしまいます。しかし、拍子で捉えれば拍子に乗せることで「うねる」伝統的な秩父屋台囃子に自然になります。これが秩父屋台囃子です。

先人達が残してくれた『ッケから始まりッケで終わる』この難解な秩父屋台囃子を崩すわけにはいきません。

秩父屋台囃子傳承會は、先人達が残してくれた小太鼓の拍子を軸に先人達に少しでも近づこうと日々、稽古に来られる皆さんと考えています。

動画をアップいたしました。先人達に近づこうとする当会の秩父屋台囃子をご覧いただければ幸いです。

 

 

秩父屋台囃子傳承會 守屋泰之

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成二十九年恒例秩父屋台囃子二十連太鼓

2017年04月19日 | 秩父屋台囃子

恒例の秩父屋台囃子二十連太鼓は、五月三日に行われます。

秩父屋台囃子傳承會も参加いたします。

今回は、26の団体が参加となりました。間近に響くお囃子の音を感じられ、各団体の囃す秩父屋台囃子の特色が見て取れる太鼓好きにはもってこいの催しです。

 

当会はテーマを決めて参加をしております。今回のテーマは初挑戦です。

 

 

秩父屋台囃子傳承會 守屋泰之

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父屋台囃子傳承會定例稽古三月度交流会

2017年04月05日 | 秩父屋台囃子

今回の定例稽古は、18名の参加となりました。

大人数となると、個々の品評会のようになり、ただ叩いて終わる、これが俗に言う伝統的な練習、「ならし」になってしまいます。

稽古とは、、、

稽は考えると言う意味、稽古は古(いにしえ)を考える。昔のことを調べ、今なすべきことは何かを正しく知る。と辞書にあります。

当会は、先人の残した秩父屋台囃子の道理を各人が考える。練習=トレーニングではなく、稽古をするという共通の意識を本に交流会を行っています。

 

交流会の様子は、秩父屋台囃子傳承會Facebookページに投稿してあります。

 

 

秩父屋台囃子傳承會 守屋泰之

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父屋台囃子傳承會定例稽古二月度交流会

2017年03月08日 | 秩父屋台囃子

秩父屋台囃子若手交流会二月度の様子は秩父屋台囃子傳承會facebookページで確認できます。

 

 

秩父屋台囃子傳承會 守屋泰之

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父屋台囃子傳承會定例稽古一月度交流会

2017年02月08日 | 秩父屋台囃子

秩父屋台囃子若手交流会一月度の様子は秩父屋台囃子傳承會フェイスブックページに投稿してあります。

 

 

当会、もうひとつの太鼓の張り替えが終わり、前回投稿の太鼓とは別物に仕上がり飯塚さんにしてやったりの太鼓となりました。

松阪牛の皮を張った太鼓。特に今回の太鼓は、正に秩父屋台囃子の太鼓に仕上がりました。これからが楽しみな太鼓です。

 

秩父屋台囃子傳承會 守屋泰之

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加